« 紡績姑娘 | Main | 東京タクシー デレクターズカット版 »

March 16, 2010

ジージャー:頑固に、美しく、猛々しく 

「ジージャー:頑固に、美しく、猛々しく 」
―――――――――――――――――――――――――――
○監督 :ラシェーン・リムトラクーン
○出演 :ジージャー・ヤニン、カズ・パトリック・タン

 大阪アジアン映画祭に感謝します。
ありがとう! ジージャーの映画を上映してくれて。

昨年夏にタイで公開されたときには日本にはいつ?と心待ちに。
待ちきれずにDVDをアメリカから取り寄せて鑑賞。
最近このDVDが非正規版と分かったが、今回スクリーンで見ることが出来て
本当によかった。感謝します。

まずこの作品、シネスコです。横に長いスクリーンいっぱいにジージャーが
動き回るのが見れてそれだけで感動!

演技はお世辞にもうまいとはいえませんが、それでも彼女に心に火がつけば
もう何もいりませんただただファイトシーンを堪能すればいいだけです。

今回のお話はこんな感じです。

母親と二人暮らしの。でも母親は仕事で家には帰ってこない。
父親は?よくわからないが別に暮らしている寂しい女の子デュー。
恋人に浮気され、バンドの仲間から見捨てられた彼女はますます
孤独に。そこへ誘拐事件が。危機を救ってくれたサニムは酔拳の使い手。
実は女性を誘拐して涙を集め香水を作っている組織があり、
サニムは婚約者を誘拐されたという過去があった。
その復讐をするためにデューを利用しようとしていたのだが・・・。

デューはブレイクダンス&ムエタイ&酔拳の使い手となる。
この過程も面白いがやはり後半、アジトでの戦い。つり橋に戦いは見事。

ラスボスとの戦いにはハードなファイトシーン以外の何物でもなく、
ブルース・リーを越えた彼女の姿があったといっても過言ではない。

海外での上映はコレが初めてと聞く。内容的にそれほど出来たものではないから
躊躇されたのかも知れないが、見ればその面白さは分かってもらえると思う。

ヒットしなかった要因はいろいろあるかと思うが、クズのようなCG映画が
たくさん公開されるのなら、こちらも公開せよ! 身体を張って満身創痍となって
エンタテイメントを追求し、我々を楽しまそうとしてくれるジージャーの
姿に感動し拍手を贈りたい。


|

« 紡績姑娘 | Main | 東京タクシー デレクターズカット版 »

Comments

海外初とありますが、タイ国外では、シンガポール、マレーシアに続いての公開になります。
興行成績(box office)は、「チョコレート」に及ばなかったものの、1週目、2週目はベストテン内でした。

「チョコレート」ほどの爆発的なヒットではありませんでしたが、タイでも、初登場2位でしたので、それほど悪い評価だったわけではないと思います。

今回、スクリーンで観ることが出来たことがとても嬉しかったし、良かったと思っています。

Posted by: NAO | March 17, 2010 08:29 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ジージャー:頑固に、美しく、猛々しく :

« 紡績姑娘 | Main | 東京タクシー デレクターズカット版 »