« 冷たい雨に撃て、約束の銃弾を | Main | ジージャー:頑固に、美しく、猛々しく  »

March 16, 2010

紡績姑娘

「紡績姑娘」
―――――――――――――――――――――――――――
○監督 :ワン・チュアンアン(王全安)
○出演 :ユー・ナン、グオ・タオ

 「紡績姑娘」「ぼうせきくーにゃん」と読みます。
 大阪アジアン映画祭上映作品で、全くの予備知識なしで見て驚きました。
難病ものですがコレが今の中国の現実なのかと・・・。

 紡績工場で働くリリー。夫はリストラにあい今は不慣れな魚屋をやっている。
子どもは小学生ぐらい? ピアノを習わせている。
 ある日合唱団の練習中に倒れたリリーは病院で白血病とわかる。医者は隠そうと
したのだが、彼女に聞こえてしまったのだ。

 リリーは知らないふりをして、働き続けるが昔結婚するはずだった恋人を
訪ねることにする。

 中国の紡績工場ということもあってその実態が見えてくる。アレじゃ品質
管理なんて出来てないだろう。それに労働環境めっちゃ悪い。空気悪そう。

 そして好きでもない男と結婚して、子どもまで作っても吹っ切れない女。
男は妻をダンスホールへ連れて男の踊りの相手をさせてチップを稼ぐ。

 この国コレで大丈夫か?

 子どもがかわいそうだと思う。いや生きている人々全てがかわいそうに
見えてしまう。

どんどん都会化していく大都市。北京、上海の経済復興は目覚しいものがある
と聞くが、地方にはまだまだこんな生活をする人がいるのだ。

それでも明るく楽しく生きているのかと思っていたのだが・・・。

まあいろいろあるのはわかるけど。

|

« 冷たい雨に撃て、約束の銃弾を | Main | ジージャー:頑固に、美しく、猛々しく  »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 紡績姑娘:

« 冷たい雨に撃て、約束の銃弾を | Main | ジージャー:頑固に、美しく、猛々しく  »