« 釣りバカ日誌20ファイナル | Main | コララインとボタンの魔女3D »

March 03, 2010

ラーメンガール

「ラーメンガール」
―――――――――――――――――――――――――――
○監督:ロバート・アラン・アッカーマン
○出演:ブリタニー・マーフィー、西田敏行、余貴美子、石橋蓮司、山崎努

 この映画知っていますか?
 日本とアメリカの合作で、東京が舞台の映画です。
恋人を追いかけて日本に来た女性アビー。でも彼氏に振られてひとりぼっちに。
その時出会ったラーメン一杯。コレが美味しかった。心が満たされこのラーメンを
作りたいとその店に弟子入りをする。その店の大将が西田敏行。浜ちゃんとは違った
頑固オヤジを熱演する。奥さんは「おくりびと」の余貴美子。
ライバル店の店主が石橋連司。ラーメンマスターが山崎努と豪華メンバー。
果たしてアメリカの金髪娘に日本の美味しいラーメンは作れるのか?

 誤解が多い日本描写の映画は観ていて楽しいのだが、コレにはそういったものが
少ない。本当に東京の下町で撮影しているし、ラーメン屋のセットも全く違和感が
ない。多分アメリカでは撮影していないだろう。スタッフも日本人が多いし、
なんといってもその精神が日本的、日本をよく理解していると思う描写、台詞が多い。

 伊丹十三の「タンポポ」がアメリカでヒットしたと聞くのでその影響があるのではと
思うシーンもあり。あのラーメンの描き方は本当に美味しそうで、それがなんとも
この映画を面白く見せてくれる。

 言葉のすれ違いのままストーリーが進行するのは少々無理があるかと思う。いくら
英語が出来ない日本人でももう少し英語しゃべれるし、外人さんももう少し日本語
しゃべるようになると思うのだが。

 ところで約20年前にニューヨークへ行ったとき、塩ラーメンを食べた。
なんとなく食べたくなったのだ。しかしコレがまずくて。あの精神、魂のこもった
ラーメンはそう簡単に作れるものではないし、また海外に輸出できるものではない。
と確信している。

|

« 釣りバカ日誌20ファイナル | Main | コララインとボタンの魔女3D »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ラーメンガール:

« 釣りバカ日誌20ファイナル | Main | コララインとボタンの魔女3D »