« 第9地区 | Main | ウルフマン »

May 02, 2010

名探偵コナン 天空の難破船(ロスト・シップ)

「名探偵コナン 天空の難破船(ロスト・シップ) 」
―――――――――――――――――――――――――――
○監督:山本泰一郎
○原作:青山剛昌
○声の出演:高山みなみ、山崎和佳奈

 GWの定番となったコナン映画の14作目です。
今回は原作者いわくラブコメということでちょっと期待していました。
蘭と新一の関係にキッドが加わり、三角関係になるようにしくんでいけば
結構面白いお話になると踏んでいたからです。
ズバリその予想は的中。しかも予想以上のキャラの動きに楽しく見ることが
出来ました。 少々ネタバレもあるのでこれから見る方はご注意を。
 映画の冒頭でバイオテロが発生。
盗まれた細菌兵器がコナンたちの乗った飛行船に仕込まれた。
飛行船は鈴木財閥がキッドをおびき寄せるための舞台として用意していた
のだがテロリストが乗り込んで日本中の人々を脅迫する道具として使われる
ことになる。目的地は大阪。感染者も出始め飛行船内はパニックに・・・。

今回は密室劇にしたところがまず舞台としてよろしい。
で、探偵団の子どもたちが活躍するシーンも用意されいるのがなおいい。
また、ラブコメ要素を出来るだけ早く出すためにキッドの正体が結構早く
蘭にばれてしまうのもOK。
コナンが一時船外へ掘り出されキッドと二人きりなるアクションシーンも
中盤の見せ場としてはいいですね。

テロリストの本当の目的は・・・・・このパターン多いです。「サブウェイ123」
とか「ダイハード」とか。
今回は日本らしいというか、コナンらしいオチでした。

ラストのアクションシーンは目的が見えなくなって見せ場を作るためだけの
アクションになっているのが残念でしたが、舞台はよく知っている明石大橋
だったので許します。

大阪、奈良、明石と舞台になるのでもっと関西で宣伝してもいいのにと
思ったのですが。

キッドのお茶目なところはコナンといいコンビになると思います。
ルパン三世よりルパンに近いイメージで、でも三枚目的なところがいいです。
でも今回マジックを見せるシーンがなく、うちの子にとっては不満だった
ようです。

 飛行船は実際に観光ように時々飛んでいるツェッペリンNT号がモデル。
以前うちのマンションから見えてました。当時大阪の空を遊覧する企画があった
ようで今は東京でやっています。90分10万円程度かかるのでかなりセレブ
な乗り物ですね。


|

« 第9地区 | Main | ウルフマン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50812/48237970

Listed below are links to weblogs that reference 名探偵コナン 天空の難破船(ロスト・シップ):

« 第9地区 | Main | ウルフマン »