« 涼宮ハルヒの消失 | Main | のだめカンタービレ 最終楽章 後編 »

May 29, 2010

ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲

「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」
―――――――――――――――――――――――――――
○監督:三池崇史 ○脚本:宮藤官九郎
○出演:哀川翔、仲里依紗、阿部力、井上正大、田中直樹 、ガダルカナル・タカ


 クドカン脚本は前回と同じ。
だから、なので、面白くなるはずの映画がただのおふざけで終わっており
ヒーロー物の爽快感も全く感じられずに終わってしまいました。

さよならクドカン。あなたの作品は今後見ません。
三谷幸喜といっしょでもう見たくありません。時間の無駄になります。

三池崇史は現場監督としてうまくアレンジしていたと思います。
あの「ヤッターマン」と比べるとそれ以上なる題材をどぶへ捨てたように
なったのはすべ脚本の責任です。

役者いいです。翔さんいいです。もっとかっこよく見せて欲しかった。あの
オチはないでしょう。笑えない。合体シーンもバカな脚本のために興ざめ。

仲ちゃんいいです。メガネちゃんとはまた違った味わいがあって。胸の大きさ
もっと強調してもよかったかも。

井上君、ディケイドのままで演技に進化がない。そのまま変身してもありだった
と思います。見せ場がなかったけど次は三池映画でヤクザとかチンピラをやって
欲しいです。

ガダルカナル・タカが終始ジュリーに見えて仕方なかった。あの沢田研二です。

さて三池崇史の次なる作品は「忍たま」! 子ども店長主演というから・・・・。
脚本しだいですね。

|

« 涼宮ハルヒの消失 | Main | のだめカンタービレ 最終楽章 後編 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲:

» 【映画評】ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲 [未完の映画評]
ゼブラクイーンこと仲里依紗の熱演が目を見張る、監督・三池崇史&脚本・宮藤官九郎&主演・哀川翔トリオによるマスクド・ヒーロー・コメディ『ゼブラーマン』、6年ぶりの続編。 [Read More]

Tracked on May 30, 2010 06:47 AM

« 涼宮ハルヒの消失 | Main | のだめカンタービレ 最終楽章 後編 »