« ヤンキー君とメガネちゃん | Main | 今期(2010年春)のドラマの特徴 »

May 14, 2010

アリス イン ワンダーランド3D

「アリス イン ワンダーランド」3D
―――――――――――――――――――――――――――
○監督:ティム・バートン
○出演:ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター
    アン・ハサウェイ

 もちろん3D版で見ました。
なんか中身の無い映画でした。
ディズニーアニメの「不思議の国のアリス」のキャラを実写化しているのが
非常に興味深いのですが、それだけで・・・・・。

今回の映画を観る前におさらいでアニメ版を見たのですが、
コレが今見ると奇妙奇天烈なお話で、放送禁止用語ですがキチガイの世界を
わざとミュージカルにしているとんでもないお話でした。

子どもの頃にニューOS劇場で「ダンボ」と2本立で見て、
意味不明なお話が夢おちで終わるのでまあそうなのねと
子どもながらに納得していたのを覚えています。

さてその世界に戻ってきた19歳のアリス。現実世界ではお坊ちゃんにプロポーズ
されて嫌で飛び込んだ木の穴があの不思議の国に繋がっていた。

そこで起きている赤と白の戦争。アリスがその救世主とは・・・・・。

オリジナルストーリーですが、そんな話見たいかい?

日本のアニメの影響が大きく、多分ナウシカやクシャナのイメージで勇ましい
アリスが登場するあたりはいいんだけど興ざめ。

世界が面白いからそれ以上のなにかを付け加える必要はない。
アリスの不思議の国からの単なる脱出劇でいいと思うのですが。

キャラがよく出来ていた。
オリジナルがあるからこそ難しいとは思うのですがそれをこなしていた。
赤の女王のデフォルメされた姿、白の女王の可愛く美しいがどこか抜けてるような
ところ。チェシャ猫の動き、見せ方などもうすこし見たかった。

ほんと見世物映画でそれ以上のものがない。
3D映画の認知拡大には役立ったとは思いますが。

|

« ヤンキー君とメガネちゃん | Main | 今期(2010年春)のドラマの特徴 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アリス イン ワンダーランド3D:

« ヤンキー君とメガネちゃん | Main | 今期(2010年春)のドラマの特徴 »