« クロッシング | Main | FLOWERS-フラワーズ- »

June 18, 2010

RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語

「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」
―――――――――――――――――――――――――――
監督:錦織良成
出演:中井貴一、高島礼子、本仮屋ユイカ

 いい映画でした。年をとっても夢をもっていいというのを示してくれる
そういう映画です。現実には難しいところはありますが、一歩踏み出すか
踏み出さないかの違いではないかと思います。

 エリート社員が田舎の母親が倒れたのをきっかけに昔の夢を思い出し、退職し
電車の運転士になるお話。田舎の単線電車は地域の足となっており、そこでの
彼の活躍は時には電車の運行を遅らせるようなことにもなる。ある事件が彼を
追い込むことになるのだが・・・・。

 お金があるからこそできるとか、奥さんも娘も理解がありすぎるとか
そういう都合のよすぎる設定だとは思いましたが、でもやはり夢に生きるのは
男のロマンを感じます。

 鉄男、鉄子と鉄道ブームにあやかって作られたところもあってか、かなり
いろんな電車が出てきます。東京から出雲へ移動するのに「サンライズ出雲」を
使うなんて。普通病気の親に駆けつけるには飛行機でしょ。
京王電鉄の教習シーンや、一畑電鉄の車庫内、電車の説明など盛りだくさんで
鉄道マニアにアピールしていました。なかでもデハニ50型は昨年引退した
車両でこの映画のために走らせたとか。

 少々中井貴一の演技に鼻の付くところはあるが、今回なんと言っても一番の
収穫は本仮屋ユイカちゃん。さらに可愛く、きれいなりました。「スイング・ガールズ」
以降目だって活動はしないのかと思っていました。朝ドラの「ファイト」ぐらいで
あまり意識していなかったのですが、今回の彼女いいです。進路に悩む女子大生で、
父親の生き方をみてどんどん変わっていくというもの。父親を静かに応援する姿が
いいです。可愛いです。素敵です。あんな娘が欲しいです。

 お話が変な方向へ行かず、ゆったりと時間が流れていく、まるでこの電車のような
そういう映画です。オトナも夢見ていいんです。そういう気持ちに気付かせてくれる
場合によっては後押ししてくれるそういう映画です。


|

« クロッシング | Main | FLOWERS-フラワーズ- »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語:

« クロッシング | Main | FLOWERS-フラワーズ- »