« ザ・コーヴ~鮮血の入り江、でも本当に言いたかったことは・・・・。 | Main | イエローハンカチーフ ~元がいいからそれなりに泣けます。 »

July 17, 2010

宇宙ショーへようこそ ~ポチがドラえもんだったら大ヒットだったかも

「宇宙ショーへようこそ」
―――――――――――――――――――――――――――
監督:舛成孝二
声の出演:黒沢ともよ、生月歩花

 ドラえもんを宇宙犬に置き換えたような子どもたちの冒険譚。
ドラえもんというキャラに頼って展開するのではないところに大いなる挑戦を
感じるのですがキャラクターを活かすのに失敗しています。そこは気合で乗り
きったって感じなのがつらい。

 ある田舎の村の分校。夏の合宿で小学校集まった子どもたちが裏山で犬を
助ける。コレがなんとしゃべる宇宙犬。お礼に月までお連れしましょうと
招待される。宇宙犬は実は科学者で地球について調査をしており、彼の報告より
地球は閉鎖、子どもたちは帰れなくなってしまう。果たして彼らは無事に
地球に帰ることが出来るのか?

 このお話、宇宙犬をドラえもんに置き換えればのび太以下のキャラ設定が
簡単に出来て展開がしやすくなる。いわゆるお約束事が毎週のテレビの中で
語られているからだ。しかし、オリジナルで作るとなると最初から映画の中
表現する必要がある。それを助けるのは記号。そうキャラクターの記号化だ。
コレがこの映画の中ではなんとも雑でこまごまとしており、
ある意味アニメキャラの表現の仕方と取れるがしかし細かくいろんな生物を
宇宙人、ものを描きすぎてその情報の多さから取捨選択、判断が難しくなって
しまっている。つまり変な宇宙人、エイリアンが多すぎていいもんか悪もんか
分からない。意味するところをつかみ損ねてしまう。
その点宇宙を冒険することになる小学生たちはまともな絵なので差別化は
出来ているのだがキャラが際立ってこないのが難点。
だったら宇宙犬のポチだけでもと思うが、案内人(犬)としては中途半端
に思えた。
だから最後にパワードスーツを着て戦うシーンがかっこよくない。
「宇宙ショー」の存在そのものも曖昧で人々がなぜ熱狂するのか?伝わって
こず、そのままクライマックスに。

デザインのなにもかもがユニーク、奇妙奇天烈でそこが面白く見所になるはずが
相殺されてしまっている。
やはり際立たせるものってあるだろう。

記号で見せることは果たして良いのか?悪いのか?
そもそも誰に見せるためにこの映画は作られたのか?
そのあたりの出発点に問題があったのかも知れない。

|

« ザ・コーヴ~鮮血の入り江、でも本当に言いたかったことは・・・・。 | Main | イエローハンカチーフ ~元がいいからそれなりに泣けます。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50812/48894766

Listed below are links to weblogs that reference 宇宙ショーへようこそ ~ポチがドラえもんだったら大ヒットだったかも:

« ザ・コーヴ~鮮血の入り江、でも本当に言いたかったことは・・・・。 | Main | イエローハンカチーフ ~元がいいからそれなりに泣けます。 »