« ツーリスト ~年に1本はみたい洒落たミステリアスコメディ。デートムービーとしてどうぞ。 | Main | 阪急電車 もうひとつの物語 全部読めます »

April 28, 2011

映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 ~はばたけ 天使たち~ 大ヒットでも名作への道のりは遠いかな?

「映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 ~はばたけ 天使たち~」
―――――――――――――――――――――――――――
監督:寺本幸代
出演:水田わさび、大原めぐみ

 その昔、大人のためのドラえもん祭りというのが敷島シネマ(なんば)で
あってオールナイトでドラえもん映画を見たのだが、その1本にこの映画の
旧作が含まれていた。リルルが部品を探しているところで記憶がなくなって
おり、ずいぶん長い間私にとって幻の映画となっていた。
で、今回この映画のリメイク版が製作公開されたので、見そこねた旧作の
DVDとあわせてやっと見ました。ついでに「アイアン・ジャイアント」
も再見してその類似性も確認できた。

旧作「ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団」は1986年3月に公開。
ロボットアニメの影響をうけてドラえもんに戦闘ロボットを登場させるという
ブームにのった作品(当時機動戦士Zガンダムとしてガンダムが復活していた)。
しかし不二子不二雄作品らしくロボットが武器であること、その利用についての
よくも悪くもなるという単純だが強いメッセージがあり、ドラえもんらしからぬ
派手な破壊シーンがあるわりに伝えたいものがよくわかった。
さて、これがリメイク版となる今回の作品。タイトルが長くなり、リルルにプラス
ピッポというキャラまで増えてテーマがぶれてしまった。
どこからかやってきたロボットの部品を集めて鏡面世界でロボットを完成させる
のび太とドラえもん。しずかちゃんが押したボタンでそれが破壊兵器と分かる
まではなかなか凄い。旧作どおりとは言え、子どもの夢に水をぶっかけ覚めさせる
ようなことする演出はいい。なまぬるい映画が多いなかで感心した。
しかし、ロボットの持ち主リルルとの出会い、電子頭脳をピッポというキャラに
変えて友情物語にしてしまうので最初のテーマがボケてしまった。
特にキャンプをして彼らとのふれあいを描くシーン、敵に狙われているはずなのに
対策を立てていないなど穴がある。旧作ではちゃんと防御されていた。
これは新キャラで見せるという基本的な考え方が邪魔をしている。それが商売に
なると思っているのだ。オリジナルキャラだけで充分ストーリーは展開できるし、
ロボットという魅力的なキャラがあるのに後半活躍しないのは残念。

よってラストの感動的な結末がなんかご都合主義になってしまった。
なかったことにするなんて・・・。まあ旧作でもここは一緒なんだが。
もっと単純に勧善懲悪ものに出来なかったかと思う。そのほうが心に
訴えるものができるような気がするのだが。

さて、この「~鉄人兵団」をパクッたと思われる作品が「アイアン・ジャイアント」。
部品がバラバラになって組み立てられる、北極に部品が届く(アイアンはアイスランド
だけど)、湖で泳ぐシーン、ロボットは使い方により友人にも武器にもなるといった
テーマなど類似点が多い。でも「アイアン~」のほうが単純にテーマを絞り込んで
勧善懲悪で見せてくれるから悲しいクライマックスからラストの一コマまでとても
楽しく見ることが出来る名作となっている。

まあ、ドラえもんとのび太というキャラで儲けなければいけないノルマがあるかぎり
名作への道は遠い、かな?

|

« ツーリスト ~年に1本はみたい洒落たミステリアスコメディ。デートムービーとしてどうぞ。 | Main | 阪急電車 もうひとつの物語 全部読めます »

Comments

わかってないなあ

しずか→リルル
のび太→ピッポ

この構図がよりドラマ性とテーマを骨太にしているのに

ロボットであるリルルとピッポの心の葛藤と真に正しいことを悟るドラマ性が
鉄人兵団のテーマ
旧作をさらにパワーアップ出来た真の名作ですよ

Posted by: ドラえもん好き | August 05, 2011 at 09:35 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50812/51517499

Listed below are links to weblogs that reference 映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 ~はばたけ 天使たち~ 大ヒットでも名作への道のりは遠いかな?:

« ツーリスト ~年に1本はみたい洒落たミステリアスコメディ。デートムービーとしてどうぞ。 | Main | 阪急電車 もうひとつの物語 全部読めます »