« 塔の上のラプンツェル ~ショコタンGOODです。 | Main | 台北の朝、僕は恋をする ~かわいい女の子が出てくるかわいいお話で気に入ってます »

May 01, 2011

イリュージョニスト ~少女が可愛くないのは彼女の心のせい。こんなキャラ見せるな!

「イリュージョニスト」
―――――――――――――――――――――――――――
監督:シルヴァン・ショメ
声の出演:ジャン=クロード・ドンダ

 前作の「ベルヴィル・ランデブー」がよかったので期待した本作ですが
非常に落胆しました。あとから情報を集めて理解できていなかった部分が
あったとわかったがしかし、セリフの少ない中で絵で見せる面白さを追求
しているアニメで伝わらないものがあったというのはおかしいのではないか。
アカデミー賞にもノミネートされていたが受賞しなくてよかった。受賞して
これだったら怒っています。

旅のマジシャンが、電気がやっと届いた辺ぴな町にやってきた。そこで世話に
なった少女は彼のマジックに魅了され彼が旅立つときについてくる。町へ
戻った彼は少女と二人の生活を始めるが決して売れているマジシャンではない
彼にとって彼女は負担だった。バイトをして食いつなぎ、彼女のほしがるものを
プレゼントをする。やがて彼女は向かいに住む青年と恋に落ちマジシャンの
もとを去ることになる。

これまるで寅さんのお話。でもこのマドンナがひどい。この少女は彼に対して
愛情がない。恋愛でなくていい、でも養ってもらっていることに対する愛や
感謝が感じられない。いろんなところで彼女が可愛くないと評されていた
のを目にしたが、キャラデザインとしてはそう悪くないと思うが、
マジシャンに対する愛が感じられないところが彼女をブスにしていると思う。
まして男を作って出て行くなんてこういうキャラは男として見たくない。

寅さんに出てくるマドンナはそれなりに寅さんに対して愛がある。
それは恋愛までいかないが彼の優しさを感じそれを返そうとする心。
寅さんは都合よく誤解してそれが笑いや悲しみに繋がっていくから泣けるし
心にしみるのだ。

彼女にマジシャンの生き別れた娘の姿をみたという設定があったらしい。私は
それを見落としている。たとえそこを見落としていたとしても、感動できる
話ではないと思う。私にとってはこういうのは不快でしかなかった。

|

« 塔の上のラプンツェル ~ショコタンGOODです。 | Main | 台北の朝、僕は恋をする ~かわいい女の子が出てくるかわいいお話で気に入ってます »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference イリュージョニスト ~少女が可愛くないのは彼女の心のせい。こんなキャラ見せるな!:

« 塔の上のラプンツェル ~ショコタンGOODです。 | Main | 台北の朝、僕は恋をする ~かわいい女の子が出てくるかわいいお話で気に入ってます »