« 監督失格 ~感想を書くのにとっても時間がかかりました。 | Main | UN-GO episode:0 因果論 ~これを見ないとTVシリーズは分かりません »

December 08, 2011

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 4 重力の井戸の底で

「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 4 重力の井戸の底で」
―――――――――――――――――――――――――――
監督:古橋一浩
声の出演:内山昂輝(バナージ)、藤村歩(ミネバ)

現在放送中のガンダムはお子様用ガンダムで多数のメディア展開をして
おもちゃやゲームで金儲けしようとしている。
しかし、ユニコーンガンダムはファーストガンダムの血統正しく展開し、
今回のモビルスーツ歴史博物館の展開は感涙モノでした。素晴らしい!
の一言に尽きます。
バナージが地球に降りてきてから砂漠をさまよう最初のアクションシーンの
少ないだれる展開のあと戦闘シーンになるとファンが喜ぶシーン満載で
ガンダムオタク祭りとなる。お子ちゃまにはわからんだろう。
おじさんの世界バンザイだ!

なんといってもユニコーンとジャンブロの戦いは素晴らしい。
巨大モビルアーマーのジャンブロは地球上でサイコミュステムを使ったり
メガ粒子砲をブッはなしたりと超カッコイイ。その前にユニコーンがたち
立ちはだかることになるのだが、この絵も素晴らしくよく出来ている。
かっこよさを動きで見せるのはよくあるが、引きでスケール感を見せで
個々の戦いを見せている編集がいい。ガメラとレギオンが仙台空港で
対決したとの絵を思い出した。
見ているものに状況を把握させる絵は必要。その上でアクションを展開する
という基本がバッチリできておりかなり見ごたえのあるシーンとして
完成していた。

ラストに現れた謎のモビルスーツを見せて終わるところは、海外ドラマ
みたいだけど許すので早く次を見せてくれ。

以前にも書いたがここまで美しい画面でみせてくれるならデジタル上映も
いいもんです。家のテレビの画面ではここまで迫力のある絵は見せることは
出来ないので。

次は来年5月とか。待ち遠しいです。

|

« 監督失格 ~感想を書くのにとっても時間がかかりました。 | Main | UN-GO episode:0 因果論 ~これを見ないとTVシリーズは分かりません »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 4 重力の井戸の底で:

« 監督失格 ~感想を書くのにとっても時間がかかりました。 | Main | UN-GO episode:0 因果論 ~これを見ないとTVシリーズは分かりません »