« ものすごくうるさくて、ありえないほど近い ~って何? 答え:心臓、母親 かな? | Main | 戦火の馬 ~戦場を疾走する馬の姿をみて泣けてきました »

March 10, 2012

ヒューゴの不思議な発明 ~ヒューゴは何も発明していないじゃん。

「ヒューゴの不思議な発明」
―――――――――――――――――――――――――――
監督:マーティン・スコセッシ
出演:ベン・キングズレー、 ジュード・ロウ エイサ・バターフィールド、
クロエ・グレース・モレッツ

父親が残した人形の秘密。それを求めて部品を集め
東洋初のロボット学天則もしくはメトロポリスのマリアに似た機械人形を復活させる。
復活した人形は式神と戦うのではなく絵を描き始めた。その人形の持ち主は
西村真琴ではなかった!(筆者暴走?妄想?してますが分かる?)

父が残した形見と「鍵」の秘密を求めてというのは最近どこかで見たな
思ったら「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」でした。
それで結果はこちらも同じ勘違いでしたね。父はあの人形を保存して何をしたかった
のか?息子へのメッセージなんて無かったじゃん。だからジョルジュ・メリエスが
過去を思い出し彼の功績を称えるような展開は都合よすぎ。

映画ファンとして期待したのはメリエスのスタジオセットやその映画の撮影方法。
そしてラスト見せてくれる数々の彼の作品を3D化して夢のような世界がスクリーン
一杯に堪能できると思っていた。でも中途半端だった。
「月世界旅行」は3Dじゃなかったし(いや一部は3D化していた?)、
ルミエールのシオタ駅の到着の再現かと思ったがそうではなかったし、
大体、汽車が駅に入ってきてまだ釜に石炭くべてるなんておかしいよね。
スピードは落とすものだし。なんか子供だましにもならない手抜きのような
映像を見せられたような気がします。

そういえば海外ドラマの「人類月に立つ」のなかでメリエスの「月世界旅行」の
製作過程が取り上げられていて、アポロ計画をさかのぼってココへたどり着くとは
面白いなあと思った。

まあこれでスコセッシは2個目のオスカーもらえないよね。
ノミネートされた理由は分かるけどファンタジー下手だし
映画として、物語として、映画のマジックとして面白くないよね。

http://entertainment.rakuten.co.jp/contents/0000030458/review/0000266484/

|

« ものすごくうるさくて、ありえないほど近い ~って何? 答え:心臓、母親 かな? | Main | 戦火の馬 ~戦場を疾走する馬の姿をみて泣けてきました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ヒューゴの不思議な発明 ~ヒューゴは何も発明していないじゃん。:

« ものすごくうるさくて、ありえないほど近い ~って何? 答え:心臓、母親 かな? | Main | 戦火の馬 ~戦場を疾走する馬の姿をみて泣けてきました »