« ヒューゴの不思議な発明 ~ヒューゴは何も発明していないじゃん。 | Main | 映画ドラえもん のび太と奇跡の島~アニマルアドベンチャー ~作り手の良心を感じます。 »

April 08, 2012

戦火の馬 ~戦場を疾走する馬の姿をみて泣けてきました

「戦火の馬」
――――――――――――――――――――――――――
監督:スティーブン・スピルバーグ
出演:ジェレミー・アーヴァイン、エミリー・ワトソン 、デヴィッド・シューリス


この映画アカデミー賞から無視された作品なのですが
スピルバーグはまだアカデミー賞とウマがあわないと
言うことでしょうか。
まあそのときの流れというものからするとこの作品は
今の時代の映画ではない気がします。
でも、映画としては素直に泣けます。戦場を疾走する
彼とそれを救おうとする人々、やがて奇跡の馬と呼ばれる
ようになったわけが丁寧に語られます。
ラストのイングランドの夕日の美しいこと。

戦争シーンを見ていて思ったのが第一次世界大戦の描き方。
あの戦争はまだ人間的な戦いという面が残っていた戦争なんだ
ということ。つまり毒ガスや飛行機が登場した戦争では
あるのですが、こうして馬の力にたより、敵味方なく捕獲された
馬は利用されるといった場面が興味深く、有刺鉄線で動けなく
なった馬を敵味方関係なく戦いを中止して助けに行くシーンに
それが表れています。方や、初期のタイプの戦車が出てきて
馬と対峙するシーンは今後取って代わられるツールの対峙と
いえるのではないでしょうか。


ヒットは難しく、他の春休み映画に押されてしまいましたが、見て損はない
素直に泣けるいい映画です。

http://entertainment.rakuten.co.jp/contents/0000030061/review/0000269689/

|

« ヒューゴの不思議な発明 ~ヒューゴは何も発明していないじゃん。 | Main | 映画ドラえもん のび太と奇跡の島~アニマルアドベンチャー ~作り手の良心を感じます。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 戦火の馬 ~戦場を疾走する馬の姿をみて泣けてきました:

« ヒューゴの不思議な発明 ~ヒューゴは何も発明していないじゃん。 | Main | 映画ドラえもん のび太と奇跡の島~アニマルアドベンチャー ~作り手の良心を感じます。 »