« 僕等がいた(後編) ~恥ずかしいセリフも青春のうちですかね。 | Main | 宇宙戦艦ヤマト2199 遥かなる旅たち ~早く次が見たくなりました »

May 11, 2012

僕達急行 A列車で行こう ~僕達草食系ゆるーく行こう!

「僕達急行 A列車で行こう」
―――――――――――――――――――――――――――
監督:森田芳光
出演:松山ケンイチ、瑛太、貫地谷しほり

「僕達急行」というよりは「僕達草食系」って感じでした。
ゆるーい感じのドラマが展開して、少々かじった鉄道の知識でなんとなく面白く、
見ることができました。私は鉄ちゃんではないのでさすがに詳しいところは
分かららないのですが、その雰囲気もまたなんともいえない味わいがありました。

タイプの違う鉄道マニアが出会ってお互いに感じるところを尊重、認め合う
そして共感し、物語が進んでいきます。

鉄道マニアが普通でそれ以外の人たちがおかしい映画の設定で物語りは進行し
まあそれなりの決着をつけます。

シーンやエピソードひとつひとつにユーモアがあり、
ほんわかと見ていて楽しい映画でした。

森田監督の遺作となった本作は原点へ戻ったような感じがします。
「のうようなもの」「家族ゲーム」「(ハル)」は認めますが、
それ以外の作品は私には合いませんでした(全てを見ているわけでは
ありませんが、あまり好きじゃなった)。
特に「家族ゲーム」のラストの衝撃は忘れられません。
「(ハル)」をみてパソコン通信を始めました。もちろんニフティです。
この映画も最初は認められなくてお蔵になっていましたが、
あっという間にこの映画の世界がやってきました。
「ピンクカット」はまだいいけれど
「ときめきに死す」ってよくわからなかったし
「メイン・テーマ」って印象が残ってない。
「それから」も松田優作がおかしくなったようにしか見えないし
「そろばんずく」はバカにされた気がした。
「悲しい色やねん」も面白み無かったように思います。
「黒い家」「<39>」「模倣犯」は意欲的な作品ではあったかと
思いますがだからといって・・・・。
「椿三十郎」をリメイクする無謀さはどう考えたらいいの?
「武士の家計簿」は面白くない。お金と武士の生活、その家族との
あり方に少々疑問が残ります。

なので今回のようなゆるーいコメディタッチの
この路線が森田監督にはあっていたように思います。

ご冥福をお祈りいたします。

http://entertainment.rakuten.co.jp/contents/0000029027/review/0000287860/

|

« 僕等がいた(後編) ~恥ずかしいセリフも青春のうちですかね。 | Main | 宇宙戦艦ヤマト2199 遥かなる旅たち ~早く次が見たくなりました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50812/54681509

Listed below are links to weblogs that reference 僕達急行 A列車で行こう ~僕達草食系ゆるーく行こう!:

« 僕等がいた(後編) ~恥ずかしいセリフも青春のうちですかね。 | Main | 宇宙戦艦ヤマト2199 遥かなる旅たち ~早く次が見たくなりました »