« アーティスト ~さすが無声映画、場内のお菓子の袋の音、響きました。 | Main | 宇宙兄弟 ~リアルなようでリアルでない宇宙開発、月への道のり »

May 20, 2012

ロボット ~面白かった!最高!見逃すと後悔するよきっと。

「ロボット」
―――――――――――――――――――――――――――
監督:シャンコール
出演:ラジニカーント、アイシュワリヤ・ライ

この映画本当に面白かった。今年のベストワン候補。
長らく日本で公開されなかったのは興行に期待が持てなかったからだと
思うが映画は超一級のエンタテイメント!ココまでパワフルな娯楽映画を
作っている国はもうインドしか無いのではないか。

インド映画を見るのは久しぶりで、歌と踊りも健在。
あのスーパースター:ラジニカーント主演、「ムトゥ踊るマハラジャ」のラジニカーントです。
なんとスタント(となっているけどアクション監督?)がユエン・ウーピン。

天才科学者によって生み出されたロボットが感情を持ち、やがてそれが世界の脅威へと
発展していく物語。

アクションをかなりCGにたよっている。
コレは多分ラジニカーントがもうお年でそうアクションが出来るわけじゃないので
それを逆手に利用したアイディアではないか。で、そのアイディアは本当に素晴らしく
笑えるしカッコイイ!

ネタバレになるがラストのロボット軍団のフォーメーションバトルはトランスフォーマーも
ビックリの大変身シーンがたくさん見ることが出来ます。多分元ネタはヤッターマンの
「ビックリドッキリメカ」ではないか?
ターミネータ風のシーンもパロディで見せてくれるし、
一番笑えたのは「Dr.スランプ」のアラレちゃんをパロッていたところ。
コレにはのけぞってイスから落ちそうになりました。
どこまでもどこまでもアイディア楽しませようとする絵づくりが見事です。

それでいて実はアトムから始まるロボットとしての苦悩が
描かれているのが面白い。
アイザック・アシモフのロボット三原則が適用されていないというアイディアも興味深い。

第一条 ロボットは人間に危害を加えてはならない。
また人間が危害を受けるのを何も手を下さずに黙視していてはならない。
第二条 ロボットは人間の命令に従わなくてはならない。
ただし第一条に反する命令はこの限りではない。
第三条 ロボットは自らの存在を護(まも)らなくてはならない。
ただし、それは第一条、第二条に違反しない場合に限る。

コレを適用すると軍事利用が出来ないためと説明していた。
ロボットを兵士として利用することで人が死ぬのを防ぐというのが理由。
はたしてそれがもたらす結果は・・・。

感情を持てば人を愛するようになり嫉妬や怒りをもち行動するようになる。
そして欲望のままに自身の力を振る舞いやがて自分の子孫まで求めるようになる。

ラストは彼自身がこの世界から身を引いていくことになるのだが、それが
かなり感動的なシーンとして描かれていた。

まあ、スーパースターなので彼を立てるための演出、
彼をよりかっこよく見せるためだろうとは思う。
しかしアクション、コメディ、SF、ラブストーリー、とてんこ盛りでもそのバランスが
絶妙で感心してしまう。

全くお客が入っていないが、
この作品を見逃すと映画ファンとしては後悔するかもよ。

|

« アーティスト ~さすが無声映画、場内のお菓子の袋の音、響きました。 | Main | 宇宙兄弟 ~リアルなようでリアルでない宇宙開発、月への道のり »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50812/54756495

Listed below are links to weblogs that reference ロボット ~面白かった!最高!見逃すと後悔するよきっと。:

« アーティスト ~さすが無声映画、場内のお菓子の袋の音、響きました。 | Main | 宇宙兄弟 ~リアルなようでリアルでない宇宙開発、月への道のり »