« テルマエ・ロマエ ~こんな設定の映画、成立すると思いませんでした。 | Main | 機動戦士ガンダムUC 黒いガンダム ~前作が面白すぎたよね~ »

June 24, 2012

わが母の記 ~誰もが自分の母のことを想う映画だと思いました。

「わが母の記」
―――――――――――――――――――――――――――
監督:原田眞人
出演:役所広司、宮崎あおい、樹木希林

この映画を見れば誰もが自分の母のことを思うと思います。
映画の内容そのものより、見たあとに自分の母はどうだった、
こうだった、どうしているだろうと思うのではないでしょうか。
誰もが母からうまれ、その思いは同じというところがこの映画の
大ヒットに繋がっていると思います。
同時に父の存在もこの映画の中では重要なポイントです。
そう考えれば、これは両親を思う映画といえると思います。

映画としては意地悪な言い方をすればお金があったのだと
思える家のお話です。娘たちも協力的でいい人たちだし、
あの時代のボケ老人との付き合いはああだった、そう家族の
一人として仕方がない、一人の大きなこどもと付き合っている
という感覚で描いている。今はなぜか悲壮感が漂っていて
よくないです。

昭和というキーワード、母と子、妻と夫、父と娘、それぞれが
かつてそうだったという生き方、しぐさを見せてくれて
そういう点でもこの映画は懐かしく思えました。


|

« テルマエ・ロマエ ~こんな設定の映画、成立すると思いませんでした。 | Main | 機動戦士ガンダムUC 黒いガンダム ~前作が面白すぎたよね~ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference わが母の記 ~誰もが自分の母のことを想う映画だと思いました。:

« テルマエ・ロマエ ~こんな設定の映画、成立すると思いませんでした。 | Main | 機動戦士ガンダムUC 黒いガンダム ~前作が面白すぎたよね~ »