« エンド・オブ・ホワイトハウス ~ホワイトハウス・ダウンと2本立てで上映しないかな。 | Main | スクリーンの向う側 ~私の映画の師匠の本です。とても面白いことを保障します。 »

July 12, 2013

百年の時計 ~ファンタジーになりきれていない映画を見るのはつらいよ。

◆お題:百年の時計
◆監督:金子修介 
◆出演:木南晴夏、ミッキー・カーチス

 うどん県の香川県が金子修介監督を招いて撮ったご当地観光映画。
でもキャラもストーリーもしかっり作ってファンタジー映画としてちゃんと
仕上げています。でもまずいのは「この空の下長岡花火物語」を見たあとでは
この映画の存在はなんかチープに見えてしまうのです。金子監督が大林監督の
真似をして失敗したようにしか見えない。それがつらいと思いました。

最後の琴電を使って過去に遡る旅もなんかファンタジー色が弱くて
やりたいことはわかるが微妙なところがある。
もっと思い切って時間も距離も空間も越えるような展開、夢幻の旅にしたら
よかったのに。
妙に現実と地続きなところが歯がゆかった。

|

« エンド・オブ・ホワイトハウス ~ホワイトハウス・ダウンと2本立てで上映しないかな。 | Main | スクリーンの向う側 ~私の映画の師匠の本です。とても面白いことを保障します。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 百年の時計 ~ファンタジーになりきれていない映画を見るのはつらいよ。:

« エンド・オブ・ホワイトハウス ~ホワイトハウス・ダウンと2本立てで上映しないかな。 | Main | スクリーンの向う側 ~私の映画の師匠の本です。とても面白いことを保障します。 »