« 百年の時計 ~ファンタジーになりきれていない映画を見るのはつらいよ。 | Main | バルス! »

July 12, 2013

スクリーンの向う側 ~私の映画の師匠の本です。とても面白いことを保障します。

私の映画の師匠の本です。

「スクリーンの向う側」には何かあるのか。
映画ファンなら一度は考えたことがあるのではないか。
まあ本当のスクリーンは真っ白な布切れで向う側が壁なのだが
映画が映っている間がそうではない。
どこまでも世界が広がっているように思え、その空間、時間に
身を委ねることが出来るのだ。
そんな素敵なことを感じさせてくれるタイトルをつけたこの本は
スクリーンの向う側にいる「スター」たちを筆者独自の目線で
紹介し、思いをつづっている。各ページに「スター」を一人ずつ
紹介しており、その特徴を捉えたイラストが見ていて楽しい。
自分にとって古典部類に入る人々が多く、未見の作品も多々あるが
コレを読むとやはりもっと古い作品を見なくてはと思ってしまう。
映画を語るいろんな切り口はいろいろあると思うが、イラストと
その「スター」から映画をみるというものいいものだと思う。


↑クリックしてね。
是非買ってあげてください。

|

« 百年の時計 ~ファンタジーになりきれていない映画を見るのはつらいよ。 | Main | バルス! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference スクリーンの向う側 ~私の映画の師匠の本です。とても面白いことを保障します。:

« 百年の時計 ~ファンタジーになりきれていない映画を見るのはつらいよ。 | Main | バルス! »