« July 2013 | Main | September 2013 »

August 2013

August 20, 2013

真夏の方程式 ~TVガリレオシリーズとは一味違いました。映画ファンへのサービス?

◆お題:真夏の方程式
◆監督:西谷弘
◆出演:福山雅治、吉高由里子

 テレビシリーズは面白い。
面白いがこの第二シーズンは少々傾向が変わってきて・・・・・。

まあ、パートナーが 柴崎コウ→吉高由里子 に変わったからだとは
思うがまあいいと思いつつ見ていた。

で、映画版だが、ここでまたテレビシリーズとは違った味わいをみせて
くれた。コレは前回の映画版でもあったがテレビシリーズの延長線の
ように見せていながら少し真面目にミステリーにシフトしているように
見える。だから謎解きに面白みを持たせるのではなくむしろ登場人物に
スポットをあててその秘密が暴かれている面白さを出している。
でも、本当に面白いのは実は少年の未来までも心配する湯川であり
これは、ミステリー謎解き以上に面白かった。

知らないうちに殺人事件に加担してしまった少年がいずれそのことに
気付いたときにどうなるのかというなんとも苦い味わいを残して幕を
閉じるドラマにコメディの要素はいらない。

明らかに制作側はテレビと映画で別の味わい楽しめるように狙っている。

しかし、その製作意図はどこにあるのか?
通常のテレビシリーズのファンの期待をそこねてしまう危険性があるのに。

安易だが、テレビ製作側のわざわざお金を支払い映画館へ足を
運んでもらっている客への期待に応えるという意味の答えがこれなのだろうか。

一味違ったものを見せなければということ。

まあ、そうしてもらわないと映画ファンとしては次々と制作公開される
テレビシリーズの映画化作品を行く意味が見いだせないのもなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 19, 2013

フィギュアなあなた ~エッチはエッチなのですが・・・飽きた

◆お題:フィギュアなあなた
◆監督:石井隆
◆出演:柄本佑、佐々木心音

 大阪では1館で上映。東大阪の布施ラインシネマ。
最近なぜかココだけで上映される映画があって注意が必要。
エッチ度が高い角川映画で、昔ならにっかつロマンポルノに
なるような内容だけど、好き放題に作らせているためか
正直長くて面白くなかった。題材としてはエッチな幻想話
なのだが、その過程が長い。

主人公が「心音」と出会うまでの設定が丁寧すぎて正直飽きてしまうし
その出会いでトラブル出来事も暴力描写が多くてこちらも耐え難い。
その分エッチな描写も丁寧なのだが、これも適度というものが
あると思うし、現実とも妄想とも判断が付かない中での展開は
やっぱりつらいのだ。
1時間、長くて90分で収めて欲しかった。112分は長い。

にっかつロマンポルノにしてもピンク映画にしても時間と
裸とカラミという制約のなかで名作を打ち出している。
その時間の制約をはずして好き放題やるとこうなるといういい例だとおもう。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 18, 2013

アフター・アース ~オブリビヨンと設定が似ていて間違えそう

◆お題:アフター・アース
◆監督:M・ナイト・シャマラン
◆出演:ウィル・スミス、ジェイデン・スミス

 あの1発アイディアで1本の映画を作るシャマランが今度は何を見せて
くれるのかと期待したのですが、意外や意外、何も無い!こんなことでいいのか
シャマラン!と思わず叫んでしまった。

 宣伝どおりの親子の情愛、子の成長を見守る父親の話で、
現実とリンクした親バカ物語でした。金を払う客に見せる映画かよ、全く。

 シャマランのアイディアは枯渇しているだろうとは思っていたが、
でもその1発アイディアに付き合うのは嫌じゃなかった。でもコレは無いよね。

 ウイル・スミス親子はどうでもいいから、
「シックス・センス」とか
「サイン」とか
「ヴィレッジ」とか
「ハプニング」とか
「アンブレイカブル」とか
「レディ・イン・ザ・ウォーター」とか
シャマランの大ホラ映画が
見たかったなあ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 17, 2013

二流小説家シリアリスト ~役者で犯人がわかってしまうだけで終わる映画なんて・・・。

◆お題:二流小説家シリアリスト
◆監督:猪崎宣昭
◆出演:上川隆也、片瀬那奈、武田真治、高橋惠子

 日本のミステリー映画って役者のランクで犯人がわかってしまう。
それがつらい。どう考えてもこの配役おかしい、何かあると思って
構えて見てしまい、それを裏切らない展開で終わっちゃうから2時間ドラマで
充分じゃないかと思ってしまう。
今回の高橋惠子の配役は最初から気になっていました。
でもそれにも増して上川隆也が主役として魅力がなく、
テレビ演技としか思えない武田真治がいくらレクターばりの犯人を演じても
無理がありました。
それに本田博太郎があんな端役のはずが無いと思ってみていたら案の定・・・。

ネタバレになっていないけどここまで書いたら充分ネタバレになってしまった
そんな映画です。

海外のミステリー小説映画らしいけど、あの「砂の器」まがいのシーンや
主人公を落としいれるために3件の殺人事件がほぼ同時に起きるなんて無茶な
展開どうにかならなかったのかね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 02, 2013

バルス!

一度これがやってみたかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2013 | Main | September 2013 »