« バルス! | Main | アフター・アース ~オブリビヨンと設定が似ていて間違えそう »

August 17, 2013

二流小説家シリアリスト ~役者で犯人がわかってしまうだけで終わる映画なんて・・・。

◆お題:二流小説家シリアリスト
◆監督:猪崎宣昭
◆出演:上川隆也、片瀬那奈、武田真治、高橋惠子

 日本のミステリー映画って役者のランクで犯人がわかってしまう。
それがつらい。どう考えてもこの配役おかしい、何かあると思って
構えて見てしまい、それを裏切らない展開で終わっちゃうから2時間ドラマで
充分じゃないかと思ってしまう。
今回の高橋惠子の配役は最初から気になっていました。
でもそれにも増して上川隆也が主役として魅力がなく、
テレビ演技としか思えない武田真治がいくらレクターばりの犯人を演じても
無理がありました。
それに本田博太郎があんな端役のはずが無いと思ってみていたら案の定・・・。

ネタバレになっていないけどここまで書いたら充分ネタバレになってしまった
そんな映画です。

海外のミステリー小説映画らしいけど、あの「砂の器」まがいのシーンや
主人公を落としいれるために3件の殺人事件がほぼ同時に起きるなんて無茶な
展開どうにかならなかったのかね。

|

« バルス! | Main | アフター・アース ~オブリビヨンと設定が似ていて間違えそう »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 二流小説家シリアリスト ~役者で犯人がわかってしまうだけで終わる映画なんて・・・。:

« バルス! | Main | アフター・アース ~オブリビヨンと設定が似ていて間違えそう »