« イエロー・サブマリン | Main | クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツおとな帝国の逆襲 »

October 16, 2013

名探偵コナン べイカー街の亡霊

「名探偵コナン べイカー街の亡霊」
 毎回楽しませてくれるこのシリーズですが、今回はとびっきり上質な仕上がりとなっています。今年のベストテンに入りますね。ネタが盛りだくさんだけと上手くまとまっていて感心させられる。最初はパクリかと思った展開が中盤から本当に面白くなってくる。学校教育問題や政治・経済等の世襲制が日本をダメにしているという批判もあり(子どもには難しいが易しく解説)野沢尚が子どものために楽しんで書いた脚本ですごくいい。
 子どもが最初に自殺する。子どもの映画で御法度と思う出だし、まあ辛抱して観ましょう。この当たりは「パトレイバー①」のパクリかなと思ってたらいつもの展開。コナンと仲間達が新作ゲームを体験する事になる。このデータが暴走する影に最初に死んだ少年のたくらみがあって・・・。バーチャルリアリティのゲームは「スタトレ」のホログラムみたい。鈴木光司の「ループ」でもこんなことしてた。で100年前のロンドンへ。ホームズと切り裂きジャックとコナンの対決が見れるのかと思ったらホームズは出張中(「パスカビル家の犬」事件の時にコナンたちがホーム宅を訪ねるのだ)。なんとモリアーティ教授が絡んでくる。モリアーティが切り裂きジャックを育て、アイリーン・アドラー(ホームズが唯一愛した女性)を襲わせるという展開はもうどうしましょうって感じでホームズファンを泣かせてしまう。最後にはまあ丸く収まるが、「フロム・ヘル」なんかよりは絶対こちらの方が面白い!
 コナンの父が今回映画初登場し、コナンと父親がお互いを認め合っている姿は何とも言えないいい感じなのだ。父と息子はこうありたい。「山の郵便配達」のような情けない父子関係は嘘っぽくてヤダ、信じられない。
 このシリーズ一度はホームズを登場させたいと誰もが思っていたと思うが、今回実現し、それが最高の形で完成されたのが本当に喜ばしい。


2002年5月に書いたものです

|

« イエロー・サブマリン | Main | クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツおとな帝国の逆襲 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 名探偵コナン べイカー街の亡霊:

« イエロー・サブマリン | Main | クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツおとな帝国の逆襲 »