« 陽だまりの彼女 ~ もしかして猫好きにはたまらん映画なのかね | Main | 風たちぬ ~祝!まどか☆マギカとアカデミー賞のノミネート候補に! »

November 16, 2013

ばしゃ馬さんとビッグマウス ~何の映画かわからへん、シナリオライター志望者必見の映画でした。

◆お題:ばしゃ馬さんとビッグマウス
◆監督:吉田恵輔
◆出演:麻生久美子、安田章大

 私も高校2年生のときにシナリオスクールの夏期講習に参加。たった3日間
でしたがかなり濃い体験をしました。基本はみっちり教えられ、補足的なこと
はその後通信教育と月刊シナリオを読んで勉強しました。小さな賞はいただいた
もののものにはなりませんでしたか、いい思い出です。その後専門学校で映像を
勉強し始めそこで受けた授業で一番面白かったのがシナリオの授業。課題で一番
多く書いて先生の採点を困らせるようなこともしていたのですが、やはり大学へ
行くべきと悟り専門学校は3ヶ月でリタイア。シナリオは書けずじまいで現在に
至ります。何作かアイディアはあったのですが形にする暇が無く、映画を見ること
雑談することにこうして時間をかけている毎日がもう30年も続いてしまいました。

 「ばしゃ馬さんとビックマウス」はシナリオスクルーに通う芽の出ない男女お話。
マブチさんは34歳独身女性でシナリオを書き続けて10年。アルバイトで食い
つないでシナリオを応募する毎日。ちょっとチャンスがあって監督に自分の作品を
見てもらうことがあってもうまくいかない。テンドウ君は大口たたいて全く作品を
書かずに人の作品ばかりを批判している。この二人がシナリオスクールで出会い
やがて切磋琢磨しある賞に応募することになる過程を描いている。
 正直面白い話はひとつもない。自分自身の経験から面白く見れたが、他の人は
どうだろうか?結婚もせずに、夢を追いかけているが、いいかげんにしろよ的な
感想しかもたないのではないだろうか?
なので多分、映画としては失敗だと思う。
でもこの作品を書いた一個人としては書かずにはいられない内容だったような
気がする。シナリオライターを志したら自身を投影した作品を一度は書いて
見たくなるし、書けば映像化したくなるのだ。
そしてそれがどこまで自身をさらけ出し、深く書くことが出来るかでその作品の
良し悪しが決まる。この作品はそこまで踏み込んでいただろうか?

 シナリオに夢をたくす映画といえば「祭りの準備」や「愛妻物語」を思い出す。
どちらも主人公は自身の経験をもとに深く心の内をさらけ出していたように思う。
それほどシナリオを書くことは血反吐を吐くようなものなのだと思う。そこまで
行った作品に最近は出会わないなあ。

ちなみになんの映画かわからへんこんなタイトルをつけるのは
シナリオライラー、映画製作者、失格ではないかい?

|

« 陽だまりの彼女 ~ もしかして猫好きにはたまらん映画なのかね | Main | 風たちぬ ~祝!まどか☆マギカとアカデミー賞のノミネート候補に! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50812/58581893

Listed below are links to weblogs that reference ばしゃ馬さんとビッグマウス ~何の映画かわからへん、シナリオライター志望者必見の映画でした。:

« 陽だまりの彼女 ~ もしかして猫好きにはたまらん映画なのかね | Main | 風たちぬ ~祝!まどか☆マギカとアカデミー賞のノミネート候補に! »