« 永遠の0 ~つくりものの美談で大ヒット! それでいいのかな~?  #映画 | Main | ウォーキングwith ダイナソー ~なぜか行進する恐竜さんたちの謎。 #映画 »

January 13, 2014

プレーンズ ~まさにプレーンな味わいの映画でした。  #映画

◆お題:プレーンズ(2D日本語吹き替え版)
◆監督:クレイ・ホール
◆声の出演:瑛太

 「カーズ」の世界を、飛行機を主人公にしてディズニーで製作されたアニメ。
ピクサー作品ではない。でも製作のジョン・ラセターはピクサーからディズニー
へ移ってこの作品を作っている。
もともとはDVDで発売する作品だったのが、出来がいいからと劇場公開になった
という。そういう状況を踏まえてみるとなるほどと思えるのだ。

 つまり余計な話が少ない、結構あっさり目に、分かりやすい。まさにプレーンなお話。
 ストーリーとしては「カーズ」をなぞっているがかなり洗練されている。
 なので見やすいと思った。見やすいけどちょっと物足りなさも残るかな。

 高所恐怖症の飛行機ダスティは農薬散布用の飛行機で毎日畑の上を飛んで
飽き飽きしている。夢は世界一周レースに優勝すること。予選で落ちたダスティ
だったが繰り上げでレースに参加できることに。でもそれは過酷な世界一周の旅だった。

 支えてくれる仲間がいて、年長者が特訓してくれて、ちょっと心がくじけることが
あっても最後には夢をつかむというアメリカンドリームそのもの。安易すぎるかも
知れないが子どもと楽しむのにはコレぐらいでちょうど。

 実は「カーズ」「カーズ2」はどちらも雑味が多い。過去のヒーローの悩みや
スパイ的な要素、友人関係、恋、仕事、笑い、などなど一杯詰め込んで大人の
味わいを子ども用に置き換えている。それが個人的には多く重く感じていた。

 元からDVD用と割り切った結果だと思うが肩の力を抜いた見やすいものになった
様子。

 それで次の作品が夏には公開決定しており、商売根性も全開のディズニーなのでした。

 でもちょっと贅沢を言えば、マックイーンやメーターがゲストで出ても良かったのではないかい。
 あとやっぱり中国、インドのマネーのにおいが・・・・以前なら日本だったところが
この2つの国に置き換わっている! マーケットとして日本はそう見られている
ということをかなり感じた。

|

« 永遠の0 ~つくりものの美談で大ヒット! それでいいのかな~?  #映画 | Main | ウォーキングwith ダイナソー ~なぜか行進する恐竜さんたちの謎。 #映画 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference プレーンズ ~まさにプレーンな味わいの映画でした。  #映画:

« 永遠の0 ~つくりものの美談で大ヒット! それでいいのかな~?  #映画 | Main | ウォーキングwith ダイナソー ~なぜか行進する恐竜さんたちの謎。 #映画 »