« スノーピアサー ~ 巨大プラレールの中で暮らす人々のお話でした #映画 | Main | 抱きしめたい 真実の物語 ~ただのお涙頂戴映画ではなかったのが良かった。 »

March 15, 2014

エージェント・ライアン ~アメリカ良い国強い国の映画です #映画

◆お題:エージェント・ライアン
◆監督:ケネス・ブラナー
◆出演:クリス・パイン
「レットオクトーバーを追え!」のアレック・ボールドウィン、
「パトリオット・ゲーム」と「今そこにある危機」のハリソン・フォード、
「トータル・フィアーズ」のベン・アフレックに続いて4代目を襲名したカーク船長
ことクリス・パインによるライアンシリーズのリブート作品。

恐慌を起して経済危機を引き起こし、アメリカに攻撃を仕掛けようとするロシアに
立ち向かうジャック・ライアン。
最初は911を経験することから始まり、いままでと根本的に変えていくことを宣言
しているのだが、戦争で怪我をしてスカウトされたのがCIA。大学で経済の勉強をして
ウォール街に潜入しアメリカを脅かすテロを探ることになる。それに何年かけてるの
というぐらい気の遠くなるような捜査。やがてロシアに敵がいることを知ったライアンは
敵地に乗り込む。分析官の能力を使って阻止する後半の展開は好きだけど、彼女が
彼の仕事に絡んだり、普通の分析官なのにアクションで活躍して決着をつけるなんて
コレでいいのかな?まあジェイソン・ボーンのような、またジェームス・ボンド
ようなスーパーマンではないのでまあいいかな。
失敗したもの末路はなんともソ連ぽい。あれは「暗殺の森」はパクリかね?
 原作では日本、中国と戦争をするアメリカ大統領になるジャック・ライアン。
アメリカ良い国強い国を目指して作られる作品はそれなりに本国では受けるだろうから
追求して映画でも日本、中国相手に戦争するところまで見せてほしいな。

|

« スノーピアサー ~ 巨大プラレールの中で暮らす人々のお話でした #映画 | Main | 抱きしめたい 真実の物語 ~ただのお涙頂戴映画ではなかったのが良かった。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference エージェント・ライアン ~アメリカ良い国強い国の映画です #映画:

« スノーピアサー ~ 巨大プラレールの中で暮らす人々のお話でした #映画 | Main | 抱きしめたい 真実の物語 ~ただのお涙頂戴映画ではなかったのが良かった。 »