« X-MAN フューチャー&パスト ~リブートではなくちょっと複雑な続編です #映画 | Main | ネオ・ジオンカラーのラピート見てきました! カッコイイ! »

June 08, 2014

プリズナーズ ~親としてあそこまでやる? やっちゃう? 出来ない? #映画

◆お題:プリズナーズ
◆監督:ドゥニ・ビルヌーブ
◆出演:ヒュー・ジャックマン、ジェイク・ギレンホール

 ウルヴァリンのイメージが強いヒュー・ジャックマンですが、他の作品に
出るとそのイメージを払拭してその役になりきっているのが凄い。今回も
かなりシビアーお話で人として、親としてどうなのと疑問を抱くような物語の
主人公なのにスーパーヒーローのようなイメージは全く出ていなかった。

 ざわざわと胸がざわめく、不安な気持ちになる物語である。ある田舎町、
隣の家に行くだけでも何か不安な感じがある。感謝祭を祝うために集まった
2組の家族、それぞれの家族の女の子二人が行方不明となる。親が目を離した
スキに家の外へ出ただけで犯罪に巻き込まれるというこの異常な状況。こんなに
田舎なのに、田舎だからこうなるのか。
 不審な車から容疑者が浮かびあがるが決め手が無い、誘拐発生から時間が
経過し生存の可能性が低くなり、あせる家族。そのとき2つの家族がとった
方法は・・・。

 誘拐話なのに何故タイトルが「プリズナーズ」、つまり「囚人」で複数形なのか
ちょっと気になった。コレがこの映画のミソで複数の囚人が出てくることになる
のだが、最初は複線ともいえない状況でそれが物語のクライマックスに向かって
繋がっていくのが非常に面白かった。そうミステリーとしても楽しめる作品に
なっているのだ。

最後が甘いという指摘もあった、個人的には良かったと胸をなで下ろした。

犯人と思われる人物を誘拐して拷問しながら自分の娘の居場所を吐かせるという
非人道的なシーンが出てくるが、娘の命を救うためという大義名分が果たして
通じるか。いやこれは人としてやってはいけないだろうと思いながらもその
思いは・・・分かる。

親としてここまでやる? やっちゃう? 出来ない?
そんなことが頭の中をぐるぐると回り続ける映画である。

|

« X-MAN フューチャー&パスト ~リブートではなくちょっと複雑な続編です #映画 | Main | ネオ・ジオンカラーのラピート見てきました! カッコイイ! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference プリズナーズ ~親としてあそこまでやる? やっちゃう? 出来ない? #映画:

« X-MAN フューチャー&パスト ~リブートではなくちょっと複雑な続編です #映画 | Main | ネオ・ジオンカラーのラピート見てきました! カッコイイ! »