« August 2014 | Main | December 2014 »

October 2014

October 12, 2014

フライト・ゲーム ~エアポートシリーズほどじゃ無いけど楽しめます。 #映画

◆お題:フライト・ゲーム
◆監督:ジャウム・コレット=セラ
◆出演:リーアム・ニーソン、ジュリアン・ムーア

 航空パニックサスペンス映画って時々公開されるけどこれもそんな1本。
原題「NON STOP」とあんまり航空パニックものらしくないタイトル。
 登場人物がリーアム以外があんまりなじみがなかったので、ジュリアン・ムーアを
除けば犯人は誰か?というのが以外と楽しめた。まあ最初にヒントはあるんだけどね。

 航空保安官という仕事があってニューヨークからロンドンへ行く飛行機のなかで
彼はメールで脅迫される。身代金を払わないと20分に一人殺すというもの。
機内にいる犯人を捜し始め、疑わしい数名が浮かびあがるが・・・。

 実はこの保安官自身も癖があって疑う要素あり。なのでその2転3転する
ところは楽しめるがいまいち緊迫感には欠けるかな。

 まあラストのアクションはあり得ねーってことになっています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 11, 2014

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー ~アライグマが地球にくるところが見たかった。#映画

◆お題:ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
◆監督: ジェームズ・ガン
◆出演:クリス・プラット、ゾーイ・サルダナ

 マンガが原作の映画が続きますが、マンガというよりはアメリカンコミック、
マーベル社製なのでちょっと雰囲気が違います。
 マーベルとしてはここんとこみんな当たっているし、アベンジャーズでうまく
まとめたのでもっと拡大を狙っているのでしょう。全く聞いたこともなかったのが
この「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」でした。
 今回は人物紹介編だからこんなものかと思いますが、私はダメでした。
全く面白くない。魅力的なキャラクターがいないので全然面白く見ることができない。
ストーリーも大層なタイトルには合わない内容で終わってるし。
 80年代のウォークマンで聞くアメリカンポップスというのもなんかよく
わからない。出てくる映画は「フットルース」で笑いをとろうとしているし
そのすべてが私の好みとズレがあって楽しめる要素がまったくなかった。

 まあ主役のスターロードには出生の秘密があるみたいで、それは次回へ持越し
ラストのサプライズにハワード・ザ・ダックを登場させ興味を引かせているので
続編は見ると思うけど・・・どうなんだろう、この話面白くなるのかな。

だいたいアライグマのロケットが地球にきて地球人が彼のことに驚けば
そこはギャグで笑いをとれると思うけど、エイリアンがいっぱいいる中では
彼の存在は普通なんだもの。彼の出生の秘密のほうが知りたいな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 09, 2014

るろうに剣心 京都大火編 伝説の最期編 ~あのアクションは眠い! #映画

◆お題:るろうに剣心 京都大火編 伝説の最期編
◆監督:大友啓史
◆出演:佐藤健 武井咲

 2本合わせてやっぱりつまらん映画でした。寝ちゃったよ。

明治11年に京都に何がある?
明治政府転覆を画策しているテロリストが京都を火の海にするって
意味ないじゃん。明治天皇も政治の中心人物たちもみな東京へ行って
しまっているのに京都燃やしてどうするの?ってところから
お話が白けてしまった。京都へ派遣される剣心、実はテロリストは
自分の後輩だったことがわかる。
明治政府に見捨てられたことで復讐しようとしているのだ。
でやっぱり京都はカモフラージュで戦艦で東京へ向かうのだ。

この戦艦、どこにあったの?大阪?神戸?説明なし。
敵の船に乗り込んだが戦いの中、船から落ちた薫と剣心。
とここまでが前篇。

剣心が自身の意志で動いていないので物語の展開が
面白くない。まわりのキャラ、エピソードがやたら長いのに
つまらんし、そこへアクションが長いのが退屈。

それで後編は一度は負けた剣心が立ち上がるお話で、前作に
比べれば面白くなる要素はあるが、しかしキャラが描けていない
ので思い入れ、共感もない。
そして長い長いアクションで締めくくるのがつらい。
なんであんなに長いの?いままでのチャンバラとは違うのは
いいけどそれがまったく面白くない。
だらだらと長いだけにしか見えない。見せ場としての強弱、
リズムがないからほんと見ていてつらい。
もっとなんとかならんか。トランスフォーマーのアクション
シーンといっしょ。

だいたい明治政府の転覆とかいって大久保利通暗殺しているのだから
他の政府の要人も暗殺したらいじゃん。なのにわざわざ戦艦つくって
東京にくるなんでまどろっこしい。しかも来た先が浦賀沖で
まだ東京じゃない!
いちいち突っ込むなといわれるかもしれないが、日本の歴史を
背景に実在の人物を取り込んでいるのだからそこをもっと面白く
見せてくれたらいいのに脚本が弱いところなんだよねきっと。
だからキャラクターも書けてないから誰にも思い入れがなく
終わってしまう。単に眠いだけの映画になってしまうのだ。
あそこまでアクション頑張ったのだからもっと映画として
面白いものにしてほしかったなあ。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 08, 2014

STAND BY ME ドラえもん 3D  ~これって本当に名作かい? #映画

◆お題:STAND BY ME ドラえもん 3D
◆監督:山崎貴、八木竜一
◆声の出演:水田わさび、大原めぐみ

 ドラえもんの漫画をリアルタイムで読んでいたものとしてはただの漫画で、
漫画は「悪」でしかなく、つまり勉強の妨げでになるので、この漫画が名作なんて
呼ばれることなんてちょっと考えられなかった。
そんな名作漫画を集めて日常のドラえもんを描いた映画がこれ。
3DCGが凄いとのうわさで、3Dで見たがたいしたことはなく、
また、名作と呼ばれる原作をつなげてそつなくまとめているが、
それ以上のひねりは感じられないからうーんどこがいいのか、
ヒットしているのかわからない。名作と呼ばれる作品も普通の漫画
だと筆者は思っているので、だからどうなのって感じ。
確かに春のドラえもん映画は日常のドラえもんから脱してスケールの
大きな冒険談になっており映画としてのスケール感を保っていて
それなりに楽しめたり、失敗したりしているのだが、こちらはどうなんだろう。
ちょっと評価に困ってしまった。なんとなくわざといい感じ、名作にまつり
あげられてしまったように思えるのだが・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 07, 2014

ルパン三世 ~東宝コスプレ大会大失敗作品第二弾 #映画

◆お題:ルパン三世
◆監督:北村龍平
◆出演:小栗旬、黒木メイサ、玉山鉄二、綾野剛、浅野忠信

失敗しているよね。
ここまでキャラが固まっている作品のイメージを崩して再構築するなんて
無理があるのにそれに挑戦して見事玉砕。それを見届けただけで終わっちゃった。

ルパン、次元、五右衛門、不二子、銭形の出会いから描く必要なんて全くないし
ルパン以外を追ってる銭形警部の姿なんて見たくない。
ルパンと次元のハードボイルドな友情関係も誰もが刷り込まれているのだから、
忠実になぞればいいのよ。
つまり、三池が「ヤッターマン」でやったようなTVアニメの完全コピーを
ルパンでもやれば見ることができたと思う。
それなのに妙な話や設定を作ってしまって何やってるの?って感じ。
この時期公開される東宝コスプレ映画第二弾も見事失敗!ちゃんちゃん。
(第一弾は「ガッチャマン」です)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2014 | Main | December 2014 »