« October 2014 | Main | January 2015 »

December 2014

December 31, 2014

妻が癌になりまして・・・。(12)新農さんのトラ

大阪には道修町に新農さんという
神社があって11月22日、23日は
お祭りがあります。

毎年、1年の締めくくりのお祭りと
されています。

ここは薬問屋が集まり、
近くに緒方洪庵の適塾もあったところで
新農さんは薬の神さんとしてまつられています。

笹にトラを付けた福笹が有名で、
今回それをもらいに行ってきました。

薬の神さんで、病気を治してくれるという、
それほど信心深いわけではないのですが
こういう時にはそうしたくなります。

過去にもらった笹を返し(実は5年?ほど
ほったらかししていました)新しいものを
もらってきました。

さてご利益はあるのでしょうか?

無病息災、健康第一ですよ、やっぱり。

初詣でも毎年同じことを願っているのですが・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 30, 2014

妻が癌になりまして・・・。(11)晩御飯のおかず

料理は嫌いじゃない。
一人暮らしも長かったからできないことはない。
でも家事としてこなすのはちょっとしんどかったかな。

作った料理は

肉じゃが
おでん
焼きそば
お好み焼き
カレー
クリームシチュウ
ハンバーグ
から揚げ
うどん
ラーメン
寄せ鍋
すき焼き
焼肉
サンマの塩焼き
うな丼
うまき
きんぴらごぼう
味噌汁
炊き込みごはん
サバの塩焼き

などなど

餃子はさすがに買ってきました。

でもできる限りのものは
作りました。でもなんかおいしくできたか
といえばまあまあ普通の出来で、
息子のコメントはあまりなかったなあ。

そんなもんですかね。

この時期、テレビドラマ「深夜食堂3」が始まって
それをみてトン汁ときんぴらごぼうは作りました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 29, 2014

美女と野獣 ~童話の実写映画化は世界的な傾向? #映画


◆お題:美女と野獣
◆監督:クリフトフ・ガンズ
◆出演:バンサン・カッセル、レア・セドゥー

ディズニーのアニメ版はよく知っているが、ジャン・コクトー版は未見。
それでこの実写版新作は原作に近いのかな?
まあディズニーアニメよりは納得がいく童話ですが正直眠かった。
原作はフランスのようで、久しぶりにフランス映画、フランス語を聞いた。
ベルに兄弟がいたり、巨人が出てきたりといろんな仕掛けがたのしいが
原作との違いはどうなのか。これと比べるとディズニー版は大幅に
原作と違うと感じた。

ところで世界中で童話を実写化するブームのようなものが起きていてその原点が
NHKで放送中の海外ドラマ「ワンス・アポン・ア・タイム」。ABCとディズニーが
童話の世界を縦横無尽に取り入れ組わせて展開、大風呂敷を広げています。
出てくる童話が「美女と野獣」はもちろん「白雪姫」「眠れる森の美女」
「ピーターパン」「赤ずきん」「フランケンシュタイン」「ピノキオ」
「ジャックと豆の木」「101匹ワンちゃん」「ムーラン」「不思議の国のアリスなどなど。
童話じゃないものも含まれているが妙な世界観が面白いです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

妻が癌になりまして・・・。(10)毎日がフルスロットル

妻が入院したのは10月15日~11月27日まで。
この間私と息子の二人で生活していました。

息子は13歳中学1年生。
ちょっと家からは遠い私立の学校に行っているので
朝早くて、夜が遅い。
お昼の弁当をつくってもたせるということを
やってました。
これが結構大変。

いままで自分の弁当は残り物を詰めて
朝出ることはやっていましたが、
もう一つ作るとなるとそれなりに準備必要。

朝昼晩とすべての食事と、仕事に行くこと、
あと洗濯、アイロンかけ、掃除をしなくては
いけないというのは結構大変でした。

仕事に影響が出ないようにするのが
当たり前なのでですが、正直疲れたし
注意が行き届かなかったこともあり、
何んとも情けない失敗もしてしまいました。

まあ難しいですよね。

仕事が休みのときも、できないことを
やる時間にあてていたので毎日がフルスロットルでした。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 27, 2014

フューリー ~戦車がもっとカッコよく見えたらよかったのにね #映画


◆お題:フューリー
◆監督:デビッド・エアー
◆出演:ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ

眠い映画だった。こちらの体調が悪いのも多少はあった
かとは思うのだが、でも何か面白みに欠けている気がした。

第二次世界大戦のヨーロッパ戦線、ドイツの支配からの解放を目的に
進攻を続ける連合軍。その中にフューリーと呼ばれる戦車がいた。
戦闘経験の無い若者がフューリーの乗組員となり戦場の凄まじさを
体験していく。
「史上最大の作戦」の後の「遠すぎた橋」で描かれたヨーロッパ戦線の
を描いた映画がかつてありました。また「パットン大戦車軍団」なんて
カッコイイ戦車の映画もあったよな。
でもこの映画ではブラッド・ピットの隊長があまりいい人に見えないし、
他の仲間もガサツであんまり好きになれない。いい奴もいるんだけれどね。
中盤の戦車VS戦車はカッコイイシーンだけどラストの死闘は何とも
悲惨なだけで。連合軍の戦車って弱かったのね。
そういや映画を好きになる前の趣味がジオラマ作りで、
ドイツの装甲車とかワーゲンのプラモデルを作っていました。
お小遣いがなくてあまり続かなかったけど。
48分の1シリーズでした。あの時ドイツの戦車はタイガー戦車って
言ってたよなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 26, 2014

蜩の記 ~枚方の記 ってタイトルのポスター見た? 関西限定かな? #映画

◆お題:蜩の記
◆監督:小泉堯史
◆出演:役所広司、岡田准一、堀北真希

大阪ではひらパー兄さんからひらパー園長に昇格したことで有名な
岡田君の時代劇。「軍師官兵衛」でも頑張っているのですが、こちらは
またちょっと違った雰囲気で役所広司と対決します。
まあ岡田君より役所さんの覚悟を決めた男の生きざまのほうが勝って
いて周りのキャラは霞んでいたようにも思えました。
面白いのは若い侍が代官へ上訴へ行くシーン。まあこんあこと
あり得ないのだが、若さゆえの行動、あやまちというか、でも
代弁をしているという姿が面白く、それを支える岡田君の姿も
印象的でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 25, 2014

25-NIJUGO ~12/25というわけで 25 です。 #映画


◆本日のお題:25-NIJUGO
◆監督:鹿島勤
◆出演:哀川翔、寺島進
東映Vシネマ25周年記念作品のビデオ作品かと思っていたらちゃんと
劇場公開されていました。
お客は少なかったけど、おなじみのメンツと雰囲気は東映Vシネマを
見ている気分に浸れたのでまあいいか。東映セントラルアーツの流れを汲む
この東映Vシネマは一世を風靡した「探偵物語」や「あぶない刑事」の
味わいが残っていて嫌いじゃない。でも今の時代には合わないかな。
低予算でビデオ専用で劇場公開はほとんどない、ビデオでしか見ることが
できない作品として世に送り出され、三池崇史、黒沢清などの監督も
ここで腕を磨いていた。
今はこういう土壌がなくなってしまったように思うのだが・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 23, 2014

ベイマックス ~まさかあの人が出ているとは・・・・ ネタバレあり 気になる人は本文読んでね

癒し系のアニメで売ってるけどそうじゃないと
聞いていた。
実際はヒーローもので、兄を殺した男への
復讐ばなし。
決してディズニー向きの話じゃない。

まあ面白くないお話で、出来はよくなかった。

だけどラスト、エンディングタイトルが終わって
本当の本当の最後にあの人が出てくる。

誰かって   スタン・リー !

えっ!

どうして!

ヒーロー物オマージュかと思ったら
この話原作があってマーベルらしい。

アイマンマン、ハルク、ソー、アベンジャーズス、パイダーマン、の
あのマーベル原作なのだ。

つまり、マーベル原作として公開はしていないが
マーベルの血が流れているのだ。

それで、そのお約束(常に映画化された作品にはスタン・リーが
カメオ出演している)にしたがって
原作者のスタン・リーが登場したというわけ。

ここだけ感動しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 20, 2014

妻が癌になりまして・・・。(9)手術が終わって

無事に手術が終わり、
先生の説明を聞いて、
戻ってきた妻をみて
まあやっぱりよかったとは
思いました。意識はあった
ので本人はかなり心細い
ようでこちらにもそれが
伝わりました。
介護、ケア的なものは
何もわからないので
ただ痛がっている状態で
当分はやはりつらいだろうなと
容易に想像はできました。

手を握ってやることしか
できなったのが事実です。

でもさすがに大学病院。
そんなときでも先生は学生をつれて
様子を見に来るのです。
多分手術を見学していただろうと
思われる学生です。
すぐに帰りましたが・・・・もうちょっと
気を使ってくれもいいんじゃないと
思いました。

水を飲むための「吸い飲み」を
このとき買いました。
手術後には必須の道具見たいです。
小さなプラスチックの容器なのに
高い!



| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 19, 2014

妻が癌になりまして・・・。(8)手術中にしたこと

妻が手術を受けている間
「医龍」のような説明をつきで
状況を見ることができるわけでありません。

立ち合い者として何をしたかというと
待合室でテレビを見たり、
本を読んだり、
雑誌を読んだり、
お昼ご飯を食べたり、
ブログの記事を書いたり
昼寝をしたりしていました。

結構景色がいいところで
大阪の町が見渡せるところなので
退屈はしませんでした。

もともと7時間30分程度はかかると聞いていたので
結構時間通りに終了したのには驚きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 18, 2014

妻が癌になりまして・・・。(7)手術は7時間30分

今回の手術の内容は
大腸を取り出してしまい
小腸を直腸とくっつけ
小腸の一部をおへそのした
あたりから出して人工肛門を
作るということで
これを腹腔鏡で手術をするというもの。

昔は開腹してやったみたいなのですが
負担が少ない、傷口が小さいということで
今はこれが主流のようです。

大阪で一番有名な大学病院で
何例もあるということなので
その説明には納得していました。

でもやっぱり7時間30分は大手術ですよね。
朝の9時から始まって夕方4時半に出てきました。

その間、立ち合いの私はづっと
待合室いました。

長いような、短いような一日でした。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 15, 2014

追悼 高倉健 ~ああもう見れないんだ としみじみ思いました。 #映画

追悼 高倉健

任侠映画や網走番外地シリーズは好みではないので
その後の作品の印象が強い。

なんといっても「新幹線大爆破」。
悪役なんだけどどこか人間的なところがあってねえ。

「君よ憤怒の河を渡れ」みたいな作品にも驚かされました。
アクションシーンが凄いのと壮絶なお話だもの。

「野生の証明」も作品の良し悪しはともかくかっこいいし
「幸福の黄色いハンカチ」は何度みても泣ける。
「ブラック・レイン」も好きです。

もっと、もっと見ていたかった人でその年にあった役柄も
見たかったと思います。最後の「あなたへ」はちょっと
厳しかったなあ。 

ご冥福をお祈りします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

追悼 菅原文太 ~トラック野郎には笑ったなあ。 #映画

追悼 菅原文太

「仁義なき戦い」は私の体質に合わないので全然面白くないと
思っています。何回か挑戦したが面白くおもえない。
なので小学校の時にTVで見た「トラック野郎」
シリーズが印象に残っています。めちゃめちゃ笑った記憶が
あります。はちゃめちゃなキャラがおかしくて、
一時期は寅さんと人気を二分していたものなあ。

映画から離れていたがこの人いのうえひさしの「吉里吉里人」の映画化権を
持っていたのだけれどどうなったのだろう。 
あの長い長いお話をどのようの映画化するか楽しみだったのに。

ご冥福をお祈りします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

追悼 川北紘一  ~ 平成ゴジラの特撮を支えました。 #映画

追悼 川北紘一

平成ゴジラシリーズの特撮監督川北紘一さんが亡くなった。
京都で「ゴジラVSメカゴジラ」の撮影がありエキストラを
募集している新聞記事をみてのこのこ出かけて参加した。
これは特撮パートなので川北監督の指揮で撮影が進む。鴨川の
三条大橋付近を何度か走らされたり、三寧坂を下るシーンに
参加した思い出がよみがえります。

最近では大阪芸大の学生の実習?として「装甲巨人ガンボット」を
監督。テレビ大阪で放送されていました。
この作品総指揮が大森一樹であの平成ゴジラシリーズの
名コンビなのに作品としてはいまいちでちょっと残念でした。

ご冥福をお祈りします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 11, 2014

舞妓はレディ ~取材力に感心感心 #映画

◆お題:舞妓はレディ
◆監督:周防正行
◆出演:上白石萌音、長谷川博己、富司純子
まあタイトルからしてこれはパロディって
分かるの気楽に見る事が出来、期待通りで面白かった。
京都で見たのだけれど、京都の人に
どれだけ受けていたかは定かではありません。
いつもながらの周防監督の取材力はすごく詳細で
舞妓さんのしきたりを守る姿と今を生きる姿をしっかりとらえていた。
そのためか少々ドラマ部分は弱く、都合良すぎる人間関係や展開はあるが、
ミュージカルでありコメディであるところがうまく作用していたと思う。
何と言ってもあの名作「マイ・フェア・レディ」のパロディであるとろが笑える。
「京都ではおもに盆地で雨が降る」というのはワロタ。
(「マイ・フェア・レディ」の中で発音練習のために「スペインでは雨は主に広野に降る」
という歌があるのです)
物語としてもっと「マイ・フェア・レディ」に似せることも出来たと
思うがまあこの程度が無難かな。
本来、「マイ・フェア・レディ」はピグマリオンと言う人の仮面のしたの顔、
つまり本性や心は表、姿を見ただけではわからないと言うもの。
そのテーマまで辿りつけずに少女の成長物語で
終わっているのが物足りないところかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 10, 2014

記憶探偵と鍵のかかった少女 ~やはり観客を裏切ってくれないと #映画


◆お題:記憶探偵と鍵のかかった少女
◆監督:ホルヘ・ドラド
◆出演:マーク・ストロング、タイッサ・ファーミガ

もう少し期待したのだけれど・・・・つまりはだまされないぞって構えてみると
その構造が見えてくるからそれを裏切る物語だったらよかったのだけれど
そこまではいかなかったのが残念。

人の記憶に入り込んで事件を解決するという記憶探偵が拒食症になった
少女のその原因となった事件を解決するための少女の記憶に入り込んで
いくのだが・・・。

やはり観客を裏切ってくれないとこの手の映画は楽しめません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

妻が癌になりまして・・・。(6)腸が見えてる

ストマー、つまり人工肛門を付けている
ということは小腸の一部がお腹から
飛び出しているということ。
まあちょっとしたスプラッタな状態で
見るのはちょっと怖かったけど、
見ることはできました。
これ、弱い人にはダメみたいで
妻本人も状況が十分わかっていなかった
らしく最初に見たときは卒倒しかけた
とのこと。
一緒にどんな状態になるか
説明を受けたのにね。

まあ写真を見せて説明を受けた
わけではないから想像ができなかったのかな。

私は事前にネットで調べていてなんとなく
わかってました。

これからストマーつける方は
よく確認して覚悟を決めたほうがいいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 08, 2014

猿の惑星 新世紀 ~進化したお猿さんは人間? #映画


◆お題:猿の惑星 新世紀
◆監督:マット・リーブス
◆出演:アンディ・サーキスジェイソン・クラークゲイリー・オールドマン

原題は「夜明け」という言葉が使われているので「ゾンビ」へのオマージュが
含まれているのかと期待したのですが、そんなことはなかった。
前作で、進化した猿のシーザーがサンフランシスコの森へ逃げ
地球から人間が消えて数年後の世界。そのシーザーの目から始まる。
彼の見ているものは獲物であり、家族、仲間の姿で、そこには
平和を感じる事ができるのだが、人間が生きていることが分かると
波風が立ち始める。
猿は猿を殺さないことを掟としていたが最後には対立する仲間を
殺すことになる。その時のシーザーの目に映る物は何か。
進化した猿が人間という言葉から行くとあの猿達も
人間と同じ運命をたどることになるのか。
シーザーを頂点とした社会構造で平和が守らているなら
独裁者の元で平和が維持され、民主主義を否定することになるのでは
無いかと思ったのだがどうだろう。果たしてハリウッドでそんな映画が
支持を得ることができるのかと心配になる。
その答は次回作へ持ち越されたように見える。旧作では
2作目で地球の破滅を描いていた。やはり向かうところはそれぐらい
厳しい結末であってもいいと思うのだが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

妻が癌になりまして・・・。(5)おむつとパッド

大腸が無くなって小腸がその代わりを
することになるのですがすぐに無理で
ストマーをつけることになったのですが、
すべての排泄物がストマーへ出るわけではなく
一部は通常の肛門から出てくるのです。
うまくコントロールできずに垂れ流し状態に
なってしまうのでおむつが必要になりました。

急に介護用のおむつ知識が必要となったのです。
タイプがいろいろあり、パッドを追加して使っている
というのを初めて知りました。赤ちゃん用ならともかく
介護用のこういった商品については初めてで
いろいろ勉強させてもらいました。

またこういったときはそれなりに機能がおかしく
なるらしく人生初でナプキンを買いに行かされ
ました。こちらも機能別に種類が多く勉強に
なりました。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 05, 2014

妻が癌になりまして・・・。(4)ストマーが合わない

ストマーが合わないという弊害が
出てしまいました。

皮膚に直接貼り付けるのですが、
それがうまくくっつかない。
排泄物も出てくるので皮膚の弱い
うちの妻は皮膚が荒れて痛い状態に。

これはちょっとかわいそう。
でもつけないわけにはいかない。

どうもうまくくっつく人とそうでない人が
いるみたいです。

これにはかなり苦労しそうで
早く小腸を戻す手術をしたほうが
いいのではと思うですが、そう簡単には
いかないようです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

妻が癌になりまして・・・。(3)ストマー

ストマ-ってご存知ですか?
人工肛門っていうやつのことです。

大腸と直腸がなくなるので小腸を
その代わりにする。というかおしりの
括約筋というのとくっつけちゃうのです。

すぐには機能しないので小腸の一部を
おへその下あたりに出してそこから
排泄物を袋に貯める。この器具がストマーです。

これは本人には衝撃的で、どんなことになるか
わかっていなかったようです。

私はネット調べていたから想像はついて
いたのですが・・・でもあまり見たくない
状態です。

事前に主治医にどんな状態になるか
説明は受けていたのですが
まあ実際になってみるとちょっと怖いです。

うちの奥さんの場合は一時的な処置なので
いずれはもとに戻すのですが
(その為の手術がまたあります)
ここから一生これを付けた生活になる人は
ホント大変だろうな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 04, 2014

妻が癌になりまして・・・。(2)癌と潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎になったと分かったのは
2001年の11月。

その時にこの病気は難病で癌になる
リスクは高いことはわかっていました。

なのでなんとなく私の覚悟はできていました。

覚悟というよりどういうことが起きるか
想像がつくということでしょうか。

今回、いつもの検査で直腸に癌が見つかり
ました。ステージIVということで悪性です。

でも他には無いことがわかり、転移の心配も
ないので、この癌を取り、原因と思われる
潰瘍性大腸炎の大腸も取ることになりました。

なんか癌というと本人に告知をするかどうか
とかTVドラマとかありますが、そんな感じでは
ありませんでした。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 02, 2014

妻が癌になりまして・・・。(1)

妻が2001年の秋に潰瘍性大腸炎になったことがわかり
ずっと投薬を続けてきました。
まあその時からいつかこの日が来るとは思って
いました。
潰瘍性大腸炎になると癌になるリスクが高くなる
のです。

それで今回大腸を全部摘出することになりました。
なのにその方法が腹空鏡手術。
つまり大きくおなかを開かなくてもできるのです。

時間は7時間半ほどかかりました。

その出来事についてのメモ的なものをここに
書いていこうと思います。

よろしかったらお付き合いください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2014 | Main | January 2015 »