« October 2015 | Main | December 2015 »

November 2015

November 12, 2015

#バクマン。 ~アニメ版よりはあっさりしてますが・・・。#映画

◆お題:バクマン。
◆監督:大根仁
◆出演:佐藤健、神木隆之介

2時間の映画にうまくまとまっていたと思います。
原作は読んでいませんが、テレビアニメは全部見ています。比較するとちょっと
物足りなさも感じますがまあいいでしょう。
プロジェクションマッピングをうまく利用した表現もこれはありだと思います。
ただしこの後出てくる映画で使えば、2番煎じと思われるでしょうね。

物足りないと感じる部分はマンガへの情熱と友情、恋愛のバランスのとり方。
最高と美保の関係は純情すぎるぐらい純情で、それに対して秋人との恋愛話は
カットされていたし、ライバルたちの描きこみが少々軽い気がした。エイジだけでも
もっと濃い癖のあるキャラであることを出してほしいなあと思ったけど、まあ
あのペン入れにくるシーンはよかったかな。

マンガを描くというところにかなりいろんな分析が入っているところがこの
作品の面白いところで、ストーリー、キャラ、絵、ライバルの作品分析、雑誌の
顧客層の分析も行ったうえでマンガを描いていく。アニメ版ではこの辺りが
かなり強調されていて、そんな作品の作り方で本当に自分の描きたいものが
書けるのか?と思ってしまうほど。しかし売れなければ続けることができない。
アンケートで1位をとらなければと彼らは必死になる。クリエイターとしては
痛しかゆしで面白いが、この部分、これでいいかどうか疑問をもつことなく
映画はとりあえず終わりを迎える。それ以上に燃え尽きた二人を見せること
に終始していて、まあありかなと思った。このあとの話はアニメ化の話に移り
映画としては面白味に欠けるものなあ。

このアニメ化の話は「マンガ」の最終到着地点が「アニメ化」であるとしている
ところ。アニメになって初めて完成するとしている。それが少々不思議に思った。
なぜマンガで完成しないのか? 多くのマンガ家は自分の原作がアニメになる
ことをそこまで目指しているのか。確かに手塚治虫は自分のマンガをアニメに
したがっていた。マンガとして完成しているとは思うのだが絵を動かしたがって
いたようだ。マンガ家としてそのあたりはどうなのかその解釈とうか答えを
映画版としてどうするかちょっと見たいとは思った。

エンディングタイトル、どこかで見たことあるようなコミックスが並んで
いるなあと思ってよく見るとスタッフの名前でした。結構いいエンディング
タイトルでした。

ところでこれがあの「デス・ノート」と同じ原作コンビなんですよねえ。
なんか凄いよね作品の幅が・・・ある意味天才、無敵のコンビなのかもしれないねえ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 09, 2015

#パシフィック・リム ~祝!4DX大阪初上陸!

◆お題:パシフィック・リム 
◆監督:ギレルモ・デル・トロ
◆出演:菊地凛子、チャーリー・ハナム

あの「パシフィック・リム」を4DXで見てきました。
名古屋4DX上映館があるのは知っていましたが時間がなくて今まで逃して
いたのですが四条畷のイオンシネマに大阪初上陸ということで体験してきました。
GOODです。
まあ4Dなので3Dで上映されるべきなのですが、2Dだったのでちょっと微妙
なのですがそれでもこの4DXの面白さわかりました。疲れるけど面白いです。
そしてこの映画向きです。怪獣映画、怪獣バトルに向いています。
桂川のD-BOXとくらべると凄いです。D-BOXはちゃっちく思えます。
4DXは椅子の揺れだけでなく、空気や水もでてくるので、意表を突かれた驚き、
ショックがあり、爆発やバトルの衝撃も結構大きいです。
劇場全体がこの設計になっていてどの席でも同様の体験ができます。
(D-BOXは劇場内の一部椅子だけ対応でまあ簡易版というやつですな)
USJでシュレックのイベントムービーを見た時がこれでした。
なので「パシフィック・リム」のロボットVS怪獣の戦いが違って見えました。
これで「サンダ対ガイラ」みたいなあ。「キングコング対ゴジラ」でもいいです。
リメイクではなく4DX版にリフォームできないかな。
ところで怪獣バトルシーンの衝撃はいいねんけど、劇中の喧嘩のシーンや
パイロット試験のカンフーバトルは椅子揺れなくていいです。その衝撃は
うけたくないです。

さてこの4DXが今度はエキスポシティにIMAXと組み合わせてできるとか
これはこれで凄いのですがこけら落とし作品は「劇場霊」って・・・。
最近ホラー映画には免疫がないからパスして次の作品を待ちます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 06, 2015

#ジョン・ウィック ~キアヌ・リーブスよどこへ行く! #映画

◆お題:ジョン・ウィック
◆監督:チャド・スタエルスキ
◆出演:キアヌ・リーブス、ウィリアム・デフォー
 名前で客が来る役者から脱落したかな。「マトリックス」は確かに
客は来ていたけでも「スピード」のときの栄光はもうほとんどなくて・・・。
 ハードボイルドな映画を目指していたと思える本作、笑いがなく復讐に燃える
元殺し屋は怒りまくって敵をやっつけちゃうだけのお話。なんかつまらない。
アクションが凄いようなことがかかれていたけどそれほどでもないし、復讐に
燃える理由が死んだ彼女がくれた犬を殺され、ビンテージものの車を盗まれたから
というのもなんだかなあ。
キアヌの復活はもうないかもね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 05, 2015

#ドローン・オブ・ウォー ~こんなにも戦争のやり方が変わるとは・・・。 #映画

◆お題:ドローン・オブ・ウォー
◆監督:アンドリュー・ニコル
◆出演:イーサン・ホーク

 映画としては非常に気味の悪い映画でした。ここまで戦争の仕方が変わっている
のかと驚かされます。
 ラスベガスの郊外の空軍基地。プレハブののような小屋が並んでいてそこで
ドローンを遠隔で操縦。命令に合わせて監視や爆撃を行う。かなりピンポイントで
必要なところだけを攻撃することができるが、タイミングを間違えれば、一般人も
巻き込むことがある。制度の高い映像でレイプ事件を目撃することも。でもそれは
作戦には関係ないから手を出さない。
交代の時間が来ると家にかえって家族と過ごす。とても安全な任務、戦争だ。
 これが進化した戦争の姿、近未来の話かと思ったら2010年の事件を元に描いている
という。担当している兵士の精神がおかしくなっていくのが分かる。ゲームじゃないん
だから。
 ラストの罪滅ぼしのような主人公の行動はアメリカがこの戦争の方法の肯定を
主張しているかのよう。

 毒ガス、飛行機、ミサイル、核爆弾、大陸間弾道弾、など大量に殺人を行う兵器が
開発されてきた。でもこのドローンによる戦争を見るとこの100年でここまで
戦争の方法が変わったのかと思い知らされる。
この技術が無い国はテロでしか対抗できない。
戦争の方法が変わっても復讐の連鎖は断ち切れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 04, 2015

#キングスマン ~スパイ映画の愛し方が違うのよね。 #映画

◆お題:キングスマン
◆監督:マシュー・ボーン
◆出演:コリン・ファース、マイケル・ケイン

 スパイ映画に愛をこめて映画を作っているのはわかるけど、愛し方が違うのよね。
私の好きな007映画のボンドは紳士。ショーン・コネリー、ロジャー・ムーアの
女性に対する接し方の紳士的なこと。緊張と緩和、アクション(かっこよさ)と
ユーモアがキャラクターを引き立たせる。
でもこの映画、スパイ映画に愛をこめて描いていてもどこか下品でユーモアの解釈が
違うので好きになれない。一つ例を挙げればラストの印欄王妃のケツ穴で終わるのは
違う。茶化しているのかもしれないが、「私を愛したスパイ」のようなスマートな
国際交流がいいのよ。
それぞれ製作する側もあるジャンルのファンで愛をこめて作るのだが、愛し方が違うと
いただけません。パート2はアメリカが舞台らしいけど・・・・見るかなぁ?

ところでスパイ映画続々登場ということで
「ミッションインポシブル ローグネイション」から始まって
「キングスマン」
「コードネームU.N.C.L.Eアンクル」→0011ナポレオンソロ!
「007スペクター」
「ブリッジ・オブ・スパイ」
と続きます。ちょっと楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2015 | Main | December 2015 »