« #コードネーム U.N.C.L.E. ~60年代にこだわったのはわかるが・・・。 #映画 | Main | #I LOVE スヌーピー ~素直に楽しいスヌーピー映画でした。 #映画 »

December 11, 2015

#リトルプリンス 星の王子さまと私 (日本語吹き替え版) ~あの挿絵が動きます。 #映画

◆お題:リトルプリンス 星の王子さまと私 (日本語吹き替え版)
◆監督:マーク・オズボーン
◆出演:鈴木梨央、津川雅彦

あの「星の王子様」の挿絵が動くという点では感動。これが紙を使った
アニメで表現している。方やその本を読むことになる主人公の少女の世界はCGで
この差がいい塩梅。ファンタジーや夢の世界と現実の曖昧な境界線を飛び越えて
見せてくれるストーリーに感心する。物語のルール、規則にとらわれすぎて作品を
見ていた自分に気づいた。もっと曖昧でもいいんだ。
映画を見てから原作を引っ張りだして映画化された絵と比べる面白さはあるのだが、
相変わらずこの原作は読みづらい。翻訳が現代的でないのか、意味するところが
わかりづらい。
誰もが王子とバラの花との出会いとその後の別れ、本当に大切なものは目に見えない
というテーマを口にするが、他の星を回ったエピソードや地球での飛行士との出会い
と砂漠の井戸を捜すエピソードがテーマと呼ばれているものとの関係がいまいち
ピンと来ない。
それよりは純真な子どもがいろんな人と出会う物語でその出会いを大切にすること
を説いていると見たほうが受け入れやすいのでは。
映画でも無機質な日常から純真な心の目をなくした少女が、隣に住むおじいちゃんと
出会うことにより日常が壊れるが、しかし素晴らしい冒険ができたという物語。
その出会いやコミュニケーションのお話としてこの映画を見たいと思う。
さて原作のラストにはこの映画では触れていない。今読み返してもやっぱりわかり
づらいのだが、私だけ?

(おまえ全然わかってないな!ってどこかで言われているような気がして・・・)

|

« #コードネーム U.N.C.L.E. ~60年代にこだわったのはわかるが・・・。 #映画 | Main | #I LOVE スヌーピー ~素直に楽しいスヌーピー映画でした。 #映画 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50812/62848322

Listed below are links to weblogs that reference #リトルプリンス 星の王子さまと私 (日本語吹き替え版) ~あの挿絵が動きます。 #映画:

« #コードネーム U.N.C.L.E. ~60年代にこだわったのはわかるが・・・。 #映画 | Main | #I LOVE スヌーピー ~素直に楽しいスヌーピー映画でした。 #映画 »