« 魔法少女はなぜ戦うようになったのか? | Main | 映画雑談以外のこと »

February 07, 2016

#モンスターズ 新種襲来 ~めっちゃ五月蝿い映画でした。 #映画

◆お題:モンスターズ 新種襲来
◆監督:トム・グリーン  
◆出演:ジョニー・ハリス、サム・キーリー

怪獣をやっつけるという爽快感がない怪獣映画。
こういう作品が存在することは認める。
しかし日本人にはない発想で興味深いが面白味がない。
映画は轟音、爆音、で終始するので参った。
「静」が存在しないのだ。
中東を舞台に宇宙怪獣がいる地域での人と人の争い。
怪獣無視で人と人が争うなんてその考えたかが理解できない。
宇宙怪獣が現れたら地球に住むものとして協力してやっつけるというのが
当たり前と思っているからこの設定は理解できない。
なんの映画をみているのかわからなくなってしまう。
日本人は怪獣を人の鏡であり、神や仏にたとえ、心を持った存在として
対峙してみている。だから怪獣戦い、怪獣とも共通の敵が現れたら
共同戦線を張ることもできる。
しかし、心の無い、ただの現象としてとらえるとこうなってしまうようだ。

ラストのカタストロフィは人類の破滅か?
夕陽?(もしかしたら朝日?)をバックに美しい絵を見せてくれるが
樋口慎嗣の真似ではないか?
怪獣ドラマの傑作「MM9」のラストのパクリと見た!

|

« 魔法少女はなぜ戦うようになったのか? | Main | 映画雑談以外のこと »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference #モンスターズ 新種襲来 ~めっちゃ五月蝿い映画でした。 #映画:

« 魔法少女はなぜ戦うようになったのか? | Main | 映画雑談以外のこと »