« May 2016 | Main | July 2016 »

June 2016

June 21, 2016

#クリーピー偽りの隣人 ~非常に不快感を感じる映画でした。


このイヤーな雰囲気、気持ちは映画館へ残しておきたい。
見終わった時にそう思った。そんな映画です。

感想は後日。

「贖罪」のときのような怖さではない不快感です。

口直しが必要。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 20, 2016

#10クローバーフィールドレーン ~面白かった。 #映画 #クローバーフィールドDNA

予備知識なしにご覧ください。

とっても面白かったです。


感想は後日。


--------------------------------------------------------
追加。
当たり障りのないないことを。

ジョン・グッドマン とはよく言ったものです。

--------------------------------------------------------
追加その2
前作(?)を見なくても、見ていなくても全然OK。


--------------------------------------------------------
追加その3
トトロが出てたよね。青いの。中トトロかな。

【意外と知らないIT用語】ドメインって何? お名前.com

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 18, 2016

#トットてれび ~今期のテレビドラマで一番お勧めかな

スタートが少々遅かったのですが
黒柳徹子のテレビ創成期の体験談のドラマ化。
以前「トットチャンネル」で映画化されているが
それよりも面白い。何がそんなに面白いかって、
生放送でドラマを作ってたドタバタエピソードの
ひとつひとうがめちゃくちゃで面白いのもあるが、
なんといっても出演者の似すぎて
いるのがなんとも楽しくて笑ってしまいます。
意外な配役もありますが、それがなんとも言えず
うまいいんだなあ。よく特徴をとらえていて凄いです。

配役はこんな具合

黒柳徹子 - 満島ひかり
渥美清 - 中村獅童
坂本九 - 錦戸亮
向田邦子 - ミムラ
沢村貞子 - 岸本加世子
森繁久彌 - 吉田鋼太郎
E・H・エリック - パトリック・ハーラン
篠山紀信 - 青木崇高

満島ちゃんの演技力は前から凄いと
思っていたけど今回も凄いよ。
朝ドラの「おひさま」で満島ちゃんの役が
年を取ってそれを演じたのが黒柳徹子だった。
その時からこの二人は縁があるのかも。
で、「おひさま」には映画で徹子を演じた斉藤由貴も
出ていてなんか不思議な感じ。

寅さんは似すぎていて怖いです。
あのまま山田洋次に寅さん撮らせましょう。
復活できます。あの寅さんならOKです。
平成の世に昭和を復活させてほしいなあ。

森繁も激似です。
あの森繁さん知ってます。
似てるだけじゃないあの雰囲気
よく出ています。


ああ、あと3回で放送は終了。
もっと見ていたいと思うのですが・・・。

「ザ・ベスト10」のシーンに出てくる久米さんは
誰が演じるの?

---------------------------------------------
追加①

渥美清の回はよかったけど魅力が十分ではないような気が。
あくまで黒柳徹子からみた渥美清であってそこには寅さんとは
違った面が見えて少々悲しいような。
そして気づいていなかったというのはほんと悲しかった。

撮影所の後ろに共演者おいちゃん、おばちゃん、源公、博、タコ社長が
いたのにだけれどなぜかサクラがいないのよね。
そしたら病院の渥美清の奥さんがサクラのイメージで
ちょっと面白かった。

--------------------------------------------------------
追加②
「徹子の部屋」を見いなかったから
森繁久彌の回を見ていない。
あんな放送事故のようなことがあったのか。
でもそこには感慨深いものがあった気がするが、
そこまで深く描いてはいないのが残念。
もっとやりようがあった気がするがこれもまた
黒柳徹子が見た森繁像。
こちらが子どもの時から見ている森繁像を
もっと極めるような描き方をしてほしかった。
あの「知床慕情」の涙の意味、こちらが思っているより
深いと思うのだが。


最後の「ザ・ベストテン」久米さん無しとは思いませんでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 17, 2016

#ラブソング ~よかったけどあのラストは・・・・まあ仕方がないか。

ラブソング
吃音少女が歌うと凄い!という設定がいい。
いいけどそれをどこまでドラマで魅力あるお話に
仕上げることができるかというのが微妙なところ。
年の離れた元ミュージシャンの臨床心理士と
患者の恋物語とはいえ患者である少女の一方通行の恋。
その切なさだけで話を展開させるのは無理がある。
だからといって臨床心理士との恋を成就させる
というのは違うと思う。
それぞれに心に傷を負った者同士のドラマがもっと
交錯していくのかとも思ったのだが・・・。

でもあまあ二人は別の道を歩み始めたという
前向きなラストなのでこれでよかったのかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

#僕のヤバイ妻 ~後半はコメディでした。

僕のヤバイ妻

最初は映画「ゴーンガール」をネタにしていると
思って見ていたが次第にオリジナル路線に話が入り
期待はしていたが結局は表裏を返して返してのコメディと
なり下がってしまった。もっとハードな内容を期待したのに。
裏切り、裏切り、本当が嘘で嘘が本当、だましだまされが
繰り返されると驚かなくなってしまう。連ドラでこれをやると
飽きてくるのだ。さらに視聴者をだますテクニックが必要で
それはちょっと難しいのでは。
ラストの16億の話など最終回に出てきたエピソードで
とってつけたようなもの。伏線を活かした巧みなお話が
見たいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

#重版出来! ~黒木華ちゃん主演でよかったです。

重版出来!

「バクマン。」とは違って編集者の側から描いた
マンガ業界。新人女性編集者の成長を描いているが
同時にマンガ家のあれこれも描いていて面白かった。
でもね作品の一つ一つが土の作品をモデルにしているのか
もう少しわかってもいいのではと思ってしまいました。
ちょっと現実のものとかけ離れている気がして。
黒木華、うまい。連ドラ主演は初めてでいままで主に
映画で見ていたけど今までとはまた違った役を演じて
いて新鮮。この娘はやっぱり凄いよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 11, 2016

#エンド・オブ・キングダム ~前作よりもさらにひどい出来! 伊勢志摩サミットは無事に終わってよかったです。#映画

◆お題:エンド・オブ・キングダム
◆監督:ババク・ナジャフィ
◆出演:ジェラルド・バトラー、アーロン・エッカート、モーガン・フリーマン

伊勢志摩サミットにあやかって公開されたとしか思えない映画で内容はひどいです。
前作は「ダイ・ハード」のシナリオをホワイトハウスに置き換えただけでゆるゆるの
設定だったのですが、今回はそれに輪をかけたように緩い設定でイギリスからクレーム
がくるのではないかと心配になった。
イギリスの副首相の突然の死に国葬に参列する各国の首脳。そこをテロリストが襲う。
アメリカ大統領も狙われロンドンの町をエアフォースワンを目指して逃げるのだった。
とまあこんなお話でなんのひねりもない。
だいたいイギリスの警察、スコットランドヤードにあれだけのたくさんの
テロリストが入り込んでいるって何!
川には爆弾積んだ船があって、橋は壊されるしもうむちゃくちゃ。
アベンジャーズを呼んできても無理なぐらいの同時多発テロが起きるって
イギリスの警備体制はいったいどうなってるのって心配になってくる。
このテロリストは映画冒頭でドローンによって殲滅されたパキスタンの武器商人の
たちで、その復讐だったのが分かるが、最後の制裁もまたドローンでやっつけられる
って・・・・復讐の連鎖を助長するというかなんというか救いのない終わり方。
これでいいのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

#ちはやふる 下の句 ~まだまだ続くとのこと。楽しみです。 #映画

◆本日のお題:ちはやふる 下の句
◆監督:小泉徳宏
◆出演:広瀬すず、野村周平、上白石萌音、真剣佑

あれだけ上の句で盛り上げたので下の句はトーンダウンするのではと思いましたが
間をあけたのが良かったのかさらに盛り上がりを見せてくれました。
団体戦から個人戦へと移っても個人戦だからこそ仲間の力が必要というくだりが
泣かせます。いいですね。
ストーリーを端折るので少々戸惑う展開はあるものの、最後の盛り上げ方が半端
じゃないので時間があればもう一続けて見たいところです。
と思っていたら続編があるとか。
うーん大丈夫かな、いや大丈夫と心に葛藤があっても続きを楽しみにして待ちましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2016 | Main | July 2016 »