« September 2016 | Main | November 2016 »

October 2016

October 08, 2016

#怒り ~力作と思いましたが実は千葉と東京は不要なんじゃない? #映画

◆お題:怒り
◆監督:李相日
◆出演:広瀬すず、宮崎あおい、渡辺謙、森山未来、妻夫木聡

見ている間は非常に重みを感じる映画で面白く見たが、見終えて違和感が残った。
結局東京、千葉、沖縄の3つのエピソードの内2つはフェイク。
3つのエピソードはどこか絡むのかと思っていたら絡まない、なのに台詞を重ねていて
いかにも、あたかも関連性があるかのような見せ方をしている。

---以下ネタバレです。----

千葉の宮崎あおい渡辺謙親子のエピソードと、東京の妻夫木聡と綾野剛の
ゲイのエピソードは「怒り」がテーマになっていないため、見終えたあとで振り返ると
アレは何だったの?っていう印象に変るのだ。
千葉のエピソードはちょっと頭の弱い娘とそれに翻弄される父親が今度は流れ者の
男とできちゃって悩む、そして彼が逃亡している殺人犯ではないかと疑うことになっていく。
東京のエピソードはゲイのシーンが強烈な印象を残すが、要は自分の周りで起きた
窃盗事件から相手を疑っただけで分かれてしまい後悔する話。
両方ともテレビの公開捜査を見て自分のそば居るのが殺人犯に似た人物で疑った
というエピソードだけ。それだけでは物語りとしての関連性が弱い。1本の映画として見た
時に全体を構成するものして弱い。そこにそれぞれの「怒り」を感じさせるそれぞれの
表現が欲しい。

その点、沖縄の広瀬すずのエピソードは完璧。
遊びに行った那覇の街中で友人とはぐれてしまい、米軍兵にレイプされるという
痛ましい事件が起きる。
沖縄に住む人間にしか感じられない怒りというものをストレートぶつけてくるし、
それに対して自分は無力であると感じることも描かれている。
幼なじみの彼氏は現地に住むものとして、島に流れ着いた若者は本土から来た人間として
それぞれが「怒り」を感じて「怒り」にとらわれて、「怒り」と対峙している。
千葉、東京の2つ騙しのエピソードは省略しても物語は成り立つのだ。
ストレートに沖縄のエピソードだけで描いても良かったのではないか。
もしくはフェイクではなくどこかしら人間関係が繋がってラストに収束していけば
傑作になったような気がする。




| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 07, 2016

#BFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアント ~スピルバーグ×ディズニーでもヒットしないのはなぜか? #映画

◆お題:BFG(ビッグ・フレンドリー・ジャイアント)
◆監督:スティーブン・スピルバーグ
◆出演:マーク・ライランス、ルビー・バーンヒル

ビッグ・フレンドリー・ジャイアントの略。
そう巨人が進撃してくるのではなくお友達になってしまうファンタジー。
スピルバーグ印が必ずヒットするという神話はココに無く、
ディズニーレーベルでこんなことになるなんて。
でも映画としては面白い。
巨人にさらわれた女の子が巨人の家で監禁され、やがて心を通わせるようになる。
巨人なのにさらに大きい巨人がいていじめられているのがわかると
少女はある提案をする。
イギリスのお話なので女王陛下との謁見があったり、
まさかの現代が舞台だったのでヘリコプターとの戦いもあって結構見所あり。
ファンタジーに徹しているので残酷魔王スピルバーグは出てこないが
奇妙な食べ物や飲み物は少々ブラックなユーモアがある。
カメラワークも凄まじく動く絵に圧倒され、大きさの違うものの動きの違いが
非常によくできている。
女の子もこういう物語にふさわしい顔をした可愛い子だった。
とっても聞き取りやすい英語版がオススメですが、日本語版もいいらしい。

ただ全体として児童文学を映像化することに徹しているので
映像は凄いし、見所がいっぱいあるけど面白みにはかけるかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 06, 2016

#真田十勇士 ~NHK大河ドラマ#真田丸と見比べてみますか? #映画

◆お題:真田十勇士
◆監督:堤幸彦
◆出演:中村勘九郎、加藤雅也、大竹しのぶ

観客を騙すことを前提に作られているから、こちらはウソだと思って見ちゃうので
結果騙されないので面白くない。
つまり死んだ人間が死んでないのだと思って、見ているとやっぱり生きていた
という具合でツマラン。
アクションも退屈。
唯一面白かったのがオープニングのアニメ。結構長くてこれってもしかしてアニメ映画?
って思うぐらい長い。

NHK大河ドラマ「真田丸」にあやかって作られたのが
丸分かりでまあそこはご愛嬌だが、あの合戦シーンはなんともなあ。
大阪に住む人間として上本町のあのあたり、400年前ってあんな感じだったの?
近くに天王寺もあったのにね。
まあ忍者は空を飛んで攻撃するし、変な通信装置は出てくるしで
ファンタジーとしてみるべきなんだろうけどね。

ラストのホラ話まで映画化してくれたら逆に評価したかも。
そのホラ話というのはエンディングタイトルでイラストで語られるのだが
逃げた佐助たちが沖縄から大陸へ渡ってやがて日本に帰ってきて
島原の乱を起すというもの。
まあそれぐらいやっても良かったかな。まさかの続編ありじゃ
無いでしょうね。

ところで堤幸彦テレビドラマ「神の舌を持つ男」が映画化!
2サスパロディなんでテレビで充分でしょ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

#X-MEN:アポカリプス ~夏の大ヒット作の影に隠れてしまったような・・・。#映画

◆お題:X-MEN:アポカリプス
◆監督:ブライアン・シンガー
◆出演:ジェームズ・マカボイ、マイケル・ファスベンダー

 そういえば1980年代は核ミサイルの危機に瀕していたんだよね。
その時代背景のなかでX-MENが神と呼ばれるミュータントと戦う
物語なのだけれど、今回面白くなかった。
 X-MENの物語は人種問題を置き換えて見せてくれいると思って
いたのだが、今回はその点が甘く、各キャラの見せ場を描きながら
X-MENのチーム誕生物語となっている。そのためテーマ性が薄くなって
しまったように感じられた。能力者が能力がない人間社会でどう生きて
行くのかというもの。
マグニートの悪の魅力も感じられず、プロフェッサーとの対立もなかった?
何が描きたかったのかよくわからんことになっている。

唯一面白かったのはクイック・シルバーの活躍シーン。
皆を一人で助けるシーンはお見事です。

さて次は「ウルヴァリン」の最終話? R15指定? らしいけど
面白くなるのかなあ。
今回のウルヴァリン登場シーンはなんか浮いていたしね。

ちなみに今回スタン・リーは夫婦で登場してサングラスに核ミサイルが写って
ましたね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 05, 2016

#スーサイド・スクワッド ~思い入れの無い悪人たちなので面白くない。 #映画

◆お題:スーサイド・スクワッド
◆監督:デビッド・エアー
◆出演:マーゴット・ロビー、ジャレッド・レト、ウィル・スミス

 悪モン愚連隊が悪いやつをやっつけに行くお話しだけど、
面白くない。
 どのキャラにも思いいれがないから話に魅力が無ければ面白くない。
 やっぱり正義の味方があってこその悪役、悪モンでしょ。
それが魔女退治なんていうのもなんかねえ、面白みがないです。
どこかで似たような設定があったなあと考えていたら「ニューヨーク1997」
でした。あっちの方が面白かったよね。

 DCもマーベルに負けじと世界観を共有して小出しにエピソードをならべ
次への布石にしているように見えるのだが、マーベルの真似にしか見えず
少々不利。そしてこの暗い画面に暗い設定。なんとかならんかね。

 次は「ワンダーウーマン」。かっこいい女性は好きだけどあのコスチュームの
意味は?ってところが見所かな。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 04, 2016

#みつばちマーヤの大冒険 ~子どもにみせたいアニメです。 #@maya_movie #映画

◆お題:みつばちマーヤの大冒険
◆監督:アレックス・ステイダーマン
◆声の出演:春名風花、野沢雅子

 私が小学生の頃にテレビで放送されていた「みつばちマーヤの冒険」が
ドイツに渡ってCGIアニメになって映画として帰ってきました。
あのアニメのデザインを基本にさらに可愛く、馴染み深いいい感じに仕上がって
います。残念ながら主題歌はチーター(水前寺清子)の歌ではなく、オリジナルの
ダンスのものに新しくなっていました。
 生まれたばかりのマーヤはいろんなことに興味をもち、巣の外の世界に抜け
出していきます。外の世界には驚くものがいっぱいあるのですが、それはみつばち
としての生き方にはあわずいろんな問題を起していきます。そしてスズメバチとの
戦いや女王の座を奪おうとする側近の陰謀など事件が絡んきて・・・。
 草むらの虫の仲間と仲良くするにはどうすればいいか?
 みんなと仲良くするにはどうすればいいか?
 子どもたちに見せたい内容なのに
9月第1週から2週間限定、かつ109シネマズだけで上映とは
どんだけ限定してるねん。私が行ったときは1日1回上映で大人3名だけ。
もともとDVD販売が目的なのかもしれないけどね。
 今回のマーヤの声ははるかぜちゃんが担当(祝!主役の声)彼女の声優作品は
Eテレの「おまかせ!ミラクルキャット団」のぽこ美の声で可愛く、はるかぜちゃんの
キャラを生かした声だなあと聞いていた。
今回は主役でまた大冒険する主人公なので声にならない声も多く、その技術力が
必要なところを見事に声を演じていたと思う。
相棒のウイリーがTV版と同じ野沢雅子で元気な馴染のある声が懐かしくもあった
のだけれども、はるかぜちゃんと比べると若さが出せていない(失礼!)と感じた。
ココは思い切って若い声優さんを当てるべきだったかな。

 制作のスタジオ100メディアはベルギーの会社らしいが、この映画はドイツで
製作されたらしい。オープニングのスタジオ100メディアの人気キャラがでてくる
中に「小さなバイキングビッケ」や「アルプスの少女ハイジ」がいた。どちらも
CGIでリメイクされているらしく、ホームページをみると紹介されている。マーヤは
元々海外制作会社と共同制作らしく、日本で制作されたものが各国で翻訳されて
放送されている。ロボットアニメ、宮崎、押井だけではないのがよくわかる。
そういう点でもこの映画を見て勉強になりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2016 | Main | November 2016 »