« #ミュージアム ~恐怖のカエル男猟奇殺人館 #映画 | Main | #続深夜食堂 ~ #深夜食堂 #映画 »

December 13, 2016

#湯を沸かすほどの熱い愛 ~奇をてらった話に思えて  #映画

◆お題:湯を沸かすほどの熱い愛
◆監督:中野量太、
◆出演:宮沢りえ、杉咲花、オダギリジョー

見ている間は面白かったけど、このお話しすべが主人公が死を意識したところから
始まるのがちょっと気になった。死が迫っていないとあの行動に出なかったのだろうか。
死を意識しなければ何も解決しなかった、解決しようとしなかったのではないかと
思ってしまった。
映画として物語に発端としては突然の余命宣言はありかもしれないが、
あまりにも安易なスタートに思えた。
それでも行方不明の旦那を見つけて、娘のいじめを解決、娘の本当の母親との引き合わせ
失踪旦那のおまけの子どもを引き取り、家族再生を目指す物語は面白い。
途中のバックパッカーとの出会いは意味あったのかと思うが、探偵も含めてキャラが
立っているので主人公の死に皆が立ち会うのがわかる気がした。

しかしあのラストはどうなんだろう。

<ネタバレです>

一部の人は気づかなったようだけど、最後主人公の火葬を自分家のお風呂屋さんでやって
みんなでお風呂に入っているなんて。
それが肝心の描写があいまいなのでわからない。
やるなら骨を拾うところまで見せればよかったのに。
中途半端にするから印象があいまい。
彼らの選択したしたことを見せればよかったのにと思った。

もしくは余命いくばくもないという設定をはずして
みんな湯につかっているラストでもいいんじゃないかな。
主人公が行動にでた理由なんてほんのささいなことでいいと思うのだけれど。





|

« #ミュージアム ~恐怖のカエル男猟奇殺人館 #映画 | Main | #続深夜食堂 ~ #深夜食堂 #映画 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50812/64620775

Listed below are links to weblogs that reference #湯を沸かすほどの熱い愛 ~奇をてらった話に思えて  #映画:

« #ミュージアム ~恐怖のカエル男猟奇殺人館 #映画 | Main | #続深夜食堂 ~ #深夜食堂 #映画 »