« June 2017 | Main

July 2017

July 23, 2017

#モアナと伝説の海 ~最近は強いお姫様ばっかり。 #映画

◆お題:モアナと伝説の海
◆監督:ジョン・マスカー、ロン・クレメンツ
◆声の出演:屋比久知奈、夏木マリ

3月の公開当時に見ていましたがどーなんこれって思っていました。
DVDの発売で今またちょっと話題になっています。
ディズニーのCGアニメは、というかお姫様が出てくるアニメは
とっても強くてかっこいい。ナウシカはまだ姫さまって感じがしたけど
もののけのサンがとっても強くって、そのジブリの影響がつよいのでは。
「美女と野獣」のベルのようなちょっと変わり種はまだよかったのだけれど
アナ雪になると王子様の存在が影薄く、モアナでは王子様が存在しない。
そして最近の強い行動的なお姫様って似たイメージのキャラばかり。
これがツマラン。
映像技術は向上しているのはわかるけど
「アビス」の水棲エイリアン、
「マッドマックス怒りのデスロード」風の海賊
最後は巨神兵とパクリの連続。
設定だけ変えて組み合わせてキャラパクッて物語にはめ込みましたという感じ。
ミュージカル仕立てなのが楽しかったのでまあそこが救いかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 19, 2017

哭声/コクソン ~ なんじゃこりゃ!の韓国映画です。#映画

◆お題:哭声/コクソン
◆監督:ナ・ホンジン
◆出演:クァク・ドウォン、ファン・ジョンミン、國村隼

何じゃこりゃ? 
長年映画を見てきた者としてはカテゴライズしながら他の作品と比較し、
感想をもつようになるのだが、この作品はどういう作品なのか最後まで
よくわからなかった。
韓国の田舎の村で謎の奇病と虐殺事件が起き、近くに住む日本人が関係している
のではと疑われる。事件を捜査している警官の娘もその奇病に侵される。
果たしてその日本人仕業なのか、その正体は?
ホラー?サスペンス?ミステリー?
そんなことを考えながら楽しみはしたが果たしてこの映画のいいたかったのは何?
知ったつもりでいても実はよくわからないことはまだまだあってそれと対峙したとき
人間はどうするか?
そんな映画だったのかな。
悪魔のような形相の國村隼がいいです。だから賞をもらったのでしょう。
でもあれは一体何だったの?

まだ見ていない人は自分の目でみて確かめて。
ショック描写、血のりはそんなに多くないので怖がらなくてもいいよ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 15, 2017

#ハクソー・リッジ ~沖縄戦の英雄映画として売ることは難しいよね、やっぱり。 #映画

◆お題:ハクソー・リッジ
◆監督:メル・ギブソン
◆出演:アンドリュー・ガーフィールド

「良心的兵役拒否」ってうまい翻訳だと思った。アカデミー賞の授賞式を見ているときから
この映画には興味があった。あくまでノミネートの1本として紹介され、沖縄戦が舞台で
そこで武器を持たずに日米の兵士を救った米軍の衛生兵の物語と伝えられていたからである。
主人公デズモンドを演じるのはアンドリュー・ガーフィールド。ああスパイダーマンがまた
姿を変えてヒーローを演じたのかと安易に思ってしまいそうだが、「沈黙」でロドリゴ神父で
沈黙する神を最後まで信じ続けたことを考えるとちょっと面白い。続けて日本が舞台で
キリスト教への信仰がテーマになっているのを同じ俳優が演じているのだから。
映画の前半は子ども時代の兄弟げんかから妻となる看護師との出会い、やがて自分が
やるべきこととして衛生兵として戦地へ向かうことを決心するまでで、結構この流れに
時間を割いている。しかし少々描き込みが足りないような気がした。兄弟げんかでの
武器を手にしたことと宗教画の意味はわかりやすいが戦地へ赴くまでの動機がいまいち
弱い。というか伝わってこない気がした。訓練で武器を持たない、戦わないということが軍法会議に
なるあたりで少々ごまかされているような気がする。
しかし、いざ戦闘シーンとなると残酷大魔王メル・ギブソンの本領発揮で、これでもか、これでもかと
残酷描写の戦闘が続き、人によってはかなりつらい絵になっていたと思う。「プライベート・ライアン」
以来ではないか。もう一人の残酷大魔王スピルバーグといい勝負だ。
相手が日本軍なので日本人としては気分のいいものではないが、しかしあの艦砲射撃で
地下に生き残っていて銃剣で襲ってくる日本軍の描写はかなり米軍には脅威だったということが
わかるシーン。それでもくりかえし、くりかえし戦闘が行われ、その中でデズモンドは自分の
仕事をする。その超人的な活躍には素直に涙が出てきた。2名の日本人を含め75名を救ったと
映画の中では語られていた。一度も武器を手にせず、ひとりで戦場を走り回って、崖から
けが人をおろす。あともう一人、あともう一人と神に願いながら。このときも神は沈黙を保っていた。
そう神は見守るだけでなにもしない。人のその行いを見るだけなのだ。試されているだけ。
でも、それをわかっていて自分にできることを行う。その行為が尊いのだろう。
ネットや雑誌で調べると、デズモンドの行為はハクソー・リッジ(前田高地)に行くと看板で説明書き
あるらしい。また映画では沖縄戦しか描かれていなかったがフィリピンでも人々を助け続けたらしい。
沖縄戦といえば日本としては上陸されて戦闘があり、ひめゆり部隊や多くの一般人が巻き込まれた
戦闘であり戦場。そのことまで映画では描かれていないのはあくまでデズモンドという人物を描くた
めと理解はするが、もう少し沖縄戦というものの描き込みができなかったかだろうかと思うところは
ある。日本の将校の腹切り・介錯で首がゴロンと転がるシーンを締めとして悲惨な戦争の恐怖を
訴えるのもいいんだけどね。メル・ギブソンの父親が太平洋戦争経験者で日本軍と戦っていた
らしく、今回の映画をみて映画の日本人はよく食わせてもらっていると指摘したそう。実施には痩せ
細っていてあきらめなかったことが悲劇だったと語ったという。しかし敵として描く日本兵の描写に
手抜きは感じられなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2017

#レゴ(R)バットマン ザ・ムービー ~祝レゴランドオープン! DC映画はレゴで作るのがいい。 #映画

◆お題:レゴ(R)バットマン ザ・ムービー
◆監督:クリス・マッケイ
◆声の出演:山寺宏一、子安武人、小島よしお

前作の「レゴ(R)ムービー」も傑作だったがこちらも素晴らしい出来で
めちゃめちゃ楽しめた。
あの暗ーいDCコミック映画バットマンを逆手にとってギャグの連発。
大笑いができる。そして敵がファントムゾーン(スーパーマンのゾッド将軍が
閉じ込められているところ)からやってくるのだがDCコミックの悪役だけでなく
ワーナーブラザース映画の悪役も混ざっていて大混戦!
すべてのキャラがわからないのが残念で調べがつかない。
出てきたキャラを覚えている、わかる範囲で
ジョーカー(バットマンの敵)
ハーレクイン(ジョーカーの彼女)
キャットウーマン(バットマンの敵)
スケアクロウ(バットマンの敵)
トゥーフェイス(バットマンの敵)
ヴォルデモート(ハリポタの悪役)
サウロン(ロードオブザリンクの悪役)
スーパーマン
グリーンランタン
ザ・フラッシュ
ガンダルフ
キングコング(ワーナーじゃなくRKOか)
オズの魔法使いの空飛ぶサル軍団
他にもいろいろ。古いSF映画のキャラなどが大量に出てました。

そしてラストは感動のファミリームービーになっているのがまたいいのです。
ところでロビンの声を小島よしおが担当していることに不満の声があったようですが
全く問題なく大笑いさせていただきました。あのテンション高い声悪くないよ。




| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2017 | Main