« December 2017 | Main | February 2018 »

January 2018

January 05, 2018

#スター・ウォーズ 最後のジェダイ ~題名改め「天童よしみの大冒険」 #映画

◆お題:スター・ウォーズ 最後のジェダイ
◆監督:ライアン・ジョンソン
◆出演:デイジー・リドリー、ジョン・ボヤーガ、アダム・ドライバー

ネタバレありです。
「スター・ウォーズ」のシリーズ復活の第2弾。
最初から続きがあるのがわかっているから中継ぎの印象はぬぐえない。
「~帝国の逆襲」風になると予想はしていた。
けどそれをぬぐう涙ぐましい努力が感じられ、かつ古いSWからの
脱却を図ろうとしているのが感じ取られた。
世代交代、後進へ譲る、新しく再構築したい、そういう気持ちが表れていて
それを感じながら、くみ取りながら見た。
ダースベイダーに魂を引かれているのはカイロ・レンだけではない。
見ている観客もだ。だからあえてマスクを早々に焼却、以後マスクは
出てこない。
ルークの修行と同じことがレイにもと思っていたがそうではなかった。
ライトセーバーをポイ投げするルークには笑った。
ルークにヨーダの代わりができたのか、彼もまだ修行途中ということか。
レイの出生の秘密は?まだ何かあるのか?でも今のままじゃ普通の人間も
ジェダイになれる、フォースを操ることができるということになる。それでいいのか?
本来フォースは選ばれたものが持つもの。血のつながりが無いものが
はたしてジェダイになれるのか?まあ、レイが最後のジェダイになったような
終わり方だったけど。
キャリー・フィッシャーが死んだときは映画どうなるのと思ったがエピ8の撮影は
終了していたということで問題ないみたいだけど、次はちょっとどうなるの?
この変更が気になりますね。
今回レイアはポー・ダメロンにその座を譲るような終わり方をしていて、ここは
世代交代を感じさせる。でもなあ、彼じゃ役不足ではと思うところあり。
まあいいけど。
レイアがフォースを使って宇宙空間から戻ってきたのには驚いた。
彼女が明確にフォースを使っているシーンてなかったかと思う。
ファンタジック素晴らしいシーンになっていたが、
宇宙空間で宇宙服を着ていない状態で大丈夫かとちょっと気になった。
SWの宇宙空間は通常の宇宙と同じはずなので無重力のはず。
なので最初の爆雷艦のシーンは後から考えると変な気がした。
ドレッドノートの上から爆弾を落とす、ってここだけドレッドノートへ向けて
重力が発生しているのかなあ?
無くはない設定だが、この爆雷艦の中のエピソードも変。
爆雷を落とす係が死んで代わりの砲撃主が駆けつける。
これがローズの姉。梯子の上にあるリモコンをとるために梯子をたたく。
たたいて揺らしてリモコンを落とそうとするのだが、攻撃を受けている戦艦内部で
かなりの揺れが発生しているはずなのにそんな中、ここだけ梯子の下を
たたいてリモコン落とすなんて発想はおかしいでしょ。
攻撃の揺れでもっと揺れてるよ。まあリモコンは見事彼女の手元に
落ちてきてリモコンのスイッチがオンとなり爆雷は投下されるのだが、
同時にその爆撃に巻き込まれるという感動的なシーンになっている。
でもなあおかしいよなあ。
後半にも実は変なシーンが多い。
反乱軍が隠れているところへファーストオーダーはキャノン砲を引っ張っって持ってくる。
塩の大地、平原でどうしてもっと近くにおろさないのか?どこからもってきた。
えっちらおっちら引っ張ってくるなんて。滑稽。
でそれ阻止しようとフィンが出撃するがなんとローズが体当たりで止める!
バカかこの女!
キャノン砲は発射され反乱軍の基地扉が破壊される。そこでこの女!
フィンとキスをする!
アホかこの女!
バカだろ!
自分の仲間がやられているのをバックにラブシーンなんて
許せないシーン。
だいたいこのローズってアジア系のチビデブ女ですぐに死ぬようなキャラなのに
ずっと出ていてうっとおしい!
映画としては今回最大の汚点。
誰がキャスティングした。
バカじゃないの。
アジア系使うならもっと美しい女優を使え。もっとかわいい、カッコイイ女の子は
いくらでもいる。なのにこのチビデブブスの三拍子そろった女を使うなんて
どうかしている。天童よしみかユリアンかって感じ。どこかのお笑い芸人が
一瞬ゲスト出演しているなら許すが、これはない。レイとフィンをとりあうなら
もっといい女優がいたはず。中国マネーを稼ぎたいならそれなりの女優が
中国にも香港にも韓国にもいただろ。
今からでもCGで顔を書き替えてブタ顔宇宙人にしてくれないかな。
SWの世界は憧れのヒーロー、ヒロインの世界。
カッコイイとかイケメンとか美人、かわいいとか素敵な面々が物語を作って
ちょっとおかしなエイリアンたちは脇で楽しませてくれるもの。
酒場や今回ならカジノのシーンで数秒映ればOK。
ローズなら3秒映れば充分。なのに天童よしみの大冒険とサブタイトルが
つくぐらい出ていて邪魔をする。
もう一度言います。ローズのようなチビデブブスの東洋人はスターウォーズの世界に
出てきてはいけない。
興ざめだ。
これが香港映画のSWパロディなら大いに笑って許しただろう。

少々脱線した。
さてファースト・オーダーはどうなる?
あの若い二人がうまく引っ張っていくようには見えない。
あの切れやすい男がトップになれるか?
反乱軍は人数が減った。ファルコン号一機で収まる人数て一体何人?
レイアは最後まで生き残ったけどさてどうなるエピ9。
やっぱりハンソロは死んだのかな。
ヨーダを出したのはOKだけどさてやっぱりダースベーダー出すか?
まだルークの出番はあるのかな。
レイはどうなる?
今回カイロ・レンとレイの殺陣は最高だった。
あの刀さばきは見事。
違和感なく見惚れてしまった。
いままでどこか剣に思えたライトセーバーが今回は刀に見えた。
よかった。
次はちゃんとレイのお話に戻してね。
天童よしみはカットで。もう出さないでね。死んでくれていいから。

なぜか子ども向けのテレビCMが多いなあと思っていた。
たぶんキャラクターグッズが売れないからと思っていたら
劇中でも子どもたちが活躍。そしてラストシーンに出てきた奴隷の子は
手を伸ばしただけでホウキを手にしていた。
つまり彼はフォースを持っているということ。
彼がライトセイバーを手にする日も近い。
ということでちびっこファンを作らないと映画として儲からないから
必死というのがわかる。
どうなんでしょうね。

上映期間は12月15日スタートで多分予算があり
前回や「ローグワン」同様3月ぐらいで終了するのでは?
そのあと一切スクリーンにはかからずDVD化や配信となる。
こうなると今のアニメの限定公開と同じ。
なんか規模が違うだけでやってることは変わらない。
他の映画ならひたすら延長上映(ロングラン)や名画座上映があるのに。
計画的すぎて面白みにかけるなあ。

ところで今回THXでみて1週間後にIMAXで鑑賞。
IMAXでは普通のサイズで前回のファルコンチェイスのようなフルサイズ
シーンはなかったで面白みに欠けました。
THXの音もそれほどいい感じではなった。
なんか今回はいろいろ不満が残ってしまいました。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2018

#あゝ荒野 ~面白かった! 映画賞の台風の目になるか!? #映画

◆お題:あゝ荒野
◆監督:岸善幸
◆出演:菅田将暉、ヤン・イクチュン

日本映画専門チャンネル放送TV用に編集した6話バージョンで鑑賞。

今更寺山修二か、と思って映画館で見る優先順位は低かった。
前後編を見るものしんどい。正直なところ年末繁忙期に時間を作ることが難しい。
でも評価が高いのが聞こえてくるとやはり押さえておくべきかと日本映画専門
チャンネルでドラマ編集された6話連続放送を録画してちまちま見ることにした。
確かに引き込まれる面白さがあり見ているとやめることができない。
ラストの二人の対決が楽しみなってきたところでなんと録画に失敗していた。
最後の約1時間、試合シーンがまるまる録画されていない!
仕方がないので即U-NEXTに加入、ラストの試合はパソコンで見ることになった。
映像を見るのに環境を選ばない状況になっているのをひしひしと感じた。
しかしこのラストの戦いは映画館で、画面に集中できる環境で見たほうがよかったかな。

東京オリンピックが終わった近未来の東京。少年院を出てきた新治とどもりの理容師健二。
行き場の無い二人がボクシングジムに雇われプロとして生きていくことになる。
やがて自分を変えるためにお互いが戦わないといけないと悟る。
映画としては近未来の社会背景の設定が生きていないように感じられた。
舞台設定になにか意味があったのか?東京でテロが行われる世界感が
どうして必要だったのかよくわからない。
その設定が無くても十分この映画は成立するのではないか。
そしてこんなハングリーな精神を描いた映画を見たのは久しぶり。
今の世の中、満たされすぎているのだ。
それを感じることができるだけでもこの映画は見る価値がある。
主演の二人がいいし、ユースケ・サンタマリアもいい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ジャスティス・リーグ ~祝スーパーマン復活! よく公開まで隠しとうしました。 #映画


◆お題:ジャスティス・リーグ
◆監督:ザック・スナイダー
◆出演:ベン・アフレック、ガル・ギャドット、ヘンリー、カビル
バットマン、ワンダーウーマン、フラッシュ、アクアマン、サイボーグと
ヒーローがあれだけ集まれば魅力が倍増と思ったのですが逆に分散して
ちょっと残念な結果になってしましました。
特にアクアマンとサイボーグには馴染みがないので背景がわかりづらい。
DCコミックファンならその点は補完できるかもしれないけど、初体験のものとしては
ちょっときびしいな。
フラッシュはテレビのファーストシーズンは見てるけど映画版とはまた少々設定が違う
ようで、こちらも描き込みが不十分と感じた。
そしてバットマンに至っては敵がエイリアンというのは前回(バットマンVSスーパーマン)からの続きとはいえちょっと違和感あるなあ。ワンダーウーマンも出番の割には
活躍したように見えない。
絵の見せ方が下手。ヒーローのカッコイイ姿を決めのポーズなどで見せてくれたら
いいのに印象に残っていない。
「アベンジャーズ」ならその点は押さえてあってまるで宗教絵画のような絵があり
見ていて感心する。
総じて「アベンジャーズ」の二番煎じみたいになってしまったのが本当に残念。

でもDCはマーベルのように時間軸、設定を合わせないで各作品を作っていくと
いうことだから今後うまく修正されるかも。
まあもっと暗さを解消してほしいと思います。

で、見事復活したスーパーマン、もっと明るく楽しくかっこよく作ってほしいなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2017 | Main | February 2018 »