« November 2018 | Main | January 2019 »

December 2018

December 05, 2018

500ページの夢の束 ~トレッキー トレッカー 必見! #映画

500ページの夢の束
監督: ベン・リューイン出演:ダコタ・ファニング
今年見た映画の中で一番泣いたのではないかなという作品。
まあ年を食っているので涙腺が緩いのですがそれでも彼女の
気持ちはひしひしと伝わってきて大泣きしてしまった。
自閉症の彼女、姉からはちょっと線を引かれている。
基本的な決められたことはできるがそこから外れたことはできない。
いわゆるトレッキー、「スター・トレック」の熱烈なファンなのだ。
そのスタトレ脚本の一般応募があり一生懸命執筆、郵送ではなく自分で
「スター・トレック」の脚本を届けようと別の世界旅立つことになる。
彼女にとって人類未踏の地への冒険になる。
迷いとほうにくれた時にクリンゴン語を話す同志と出会えたシーンは
本当に感動した。ファンの気持ちとはそういうものだ。自分の思っている
ことが他から認められるというのはうれしいもので、認められなければ
いつまでも独りぼっちだものな。
原題の「PLEASE STAND BY.」は「スター・トレック」の中に出てくる
「そのまま待機」という台詞からきている。
さて、あの脚本の内容はどんな作品だったのか?見たかったなあ。

まあもっとスタトレの濃いネタがあってもいいかなと思ったのだがどうだろう。
それに基本はオリジナルシリーズネタだと思うが「ジェネレーションズ」以降の
作品にも言及しているようにも見えたし、だいたい募集している脚本はシリーズで
どの時代に当てはまるものかも知りたかったなあ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 03, 2018

#GODZILLA 星を喰う者 ~もうみんな忘れてしまえ!

GODZILLA 星を喰う者

監督:静野孔文  出演:宮野真守
アニメーションゴジラ3部作の最終章。
全く面白味を感じないこのシリーズ、やっと終わりました。
実は前作の「決戦起動増殖都市」については感想も書いていない。
出そうで出ないメカゴジラが都市になっているなんて馬鹿々々しくてついていけないし
出そうで出ない(便秘みたい)モスラもなあ。小美人もかなり設定を変えて登場しました
がもうどうでもいいやと思っちゃいました。
そして今回あろうことか小美人のひとりと主人公ができちゃうなんて…。
もう好きにしてください。
怪獣映画じゃない。
広い心、温かい目で見ても受け入れられないですよやっぱり。

たぶん皆にこの映画あったことは忘れられるでしょう。
言葉が異常なほど難しい。
頭の中で漢字に変換できない言葉がポンポンでてきて置いてきぼりされ、
ストーリーがつかめない。
まあ悪い宇宙人がギドラを復活させ別次元からもってきてゴジラと
対決させるといもの。
あの首ばっかり長いギドラって…(「坊や~よいこだねんねしな(^^♪)って
歌っちゃいそうでしたよ全く。
キャラの設定を大幅に改変して全く新しいゴジラ映画を作ったことはわかるが、
これは怪獣映画ではない。
これは私の求めているものではない。

早く来年の「キング・オブ・モンスターズ」が見たいなあ
日本版予告をスクリーンで見たけど暗くてちょっと美しすぎるのではないかい。
でそのあとのキングコングとの対決には小栗旬が参戦とか。
オリンピックよりも早くやってくるのが待ち遠しい!

#アニゴジ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 02, 2018

#ボヘミアン・ラブソディ ~ドンドン パッ!ドンドン パッ!ドンドン パッ! 盆踊りじゃないよ。

ボヘミアン・ラブソディ
監督:ブライアン・シンガー 出演:ラミ・マレック

私は洋楽を好んで聞かないので「クイーン」と言われても「フラッシュ・ゴードン」の
音楽しか思い出せなかった。で、劇中かからないし。それぞれの曲はタイトルは
知らなくても聞き覚えがあるなあと思いながらも映画を観終わって、でタイトルの
「ボヘミアン・ラプソディ」ってどれだったの?って感じでした。それはいけないと
思いサイトのコラムをいくつか読んで、テレビのミニ特集を見て納得しました。
ヒットの理由は参加、体験型の上映にマッチするような作りになっていることだろう
なあとは思いますがそれだけかな。因みに私は茨木のイオンシネマでTHXで
見ました。確かに音はいいけど「スター・ウォーズ」ほどではない。友人が4DXで
見たそうで後半の雨のシーンで濡れてべとべとになったので4DXのスイッチ切った
と言ってました。まあ4DXの意味はないわな。
参加型の上映ではあの「ドンドン パッ」「ドンドン パッ」「ドンドン パッ」をみんなで
やるそうで楽しそう。でも文字で書くと盆踊り見たいだなあこれ。

ところでクィーンつながりかどうか知らないけど
主演のラミ・マレックは次回作「パピヨン」だって。
役はダスティン・ホフマンの演じたほうみただけど。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

#search サーチ ~ 自分のパソコンで見たらついマウスで操作しちゃいそう。 #映画


監督:アニーシュ・チャガンティ  出演:ジョン・チョウ

見たほうがいい。面白いと思った。
これ以後にこのやり方で出てくる映画あったとしたら
すべてはこの映画のパクリとなる。そんな映画だ。いや果たしてこれを映画とよんで
いいのかどうか疑問に思う。全編パソコンの画面で物語が展開する。一部スマホの
画面もあるが、基本はパソコン上のブラウザー上サーチや動画が基本。それで物語が
成立しているのだ。まあ俳優の演技はどう考えたらいいのかとも思うし。
父と高校生の娘の物語。母は癌で亡くなり父は年頃の娘とうまくいっていない。ある日
娘が突然失踪、調べ始めると彼女のことを何も知らなかったことがわかり、やがて
父親の知らない娘の真実が見えてくる…。
よくある話なのだがこれをすべてパソコン上の画面で語るのだ。
SNSを使ったり動画を使ったり、メールやテレビ電話もすべてパソコン上から操作される。
そのパソコン画面がスクリーンに映しだされるのだ。果たしてこの脚本はどんなのだった
のか?絵コンテなんてあったのか?ちょっと想像がつかないなあ。
日本じゃスマホを落としただけで、見た目は普通のサスペンス映画と変わらなかったが
この「サーチ」はその先の先を行ってる感じがある。究極的な作品。でもこれだけ
かもしれない。監督のアイディアには拍手を送るが果たして演出力があるといえるか?
どうなんでしょ。
あと劇中登場するGOOGLE、Yahoo!、YouTube、iPhone、インスタなど
実際にあるものが登場。よく映画では版権上の問題で似た別のものに変更される
ことが多いのだが、使用の許可、大変だったと思うと結構凄いよね、これ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

#ヴェノム ~黒い#スパイダーマン とか #寄生獣 とか #ぴょん吉くん とか


監督:ルーベン・フライシャー 出演:トム・ハーディ

前にスパイダーマンに悪役として登場していた時は、宇宙から来た液体状のエイリアンで
アンチスパイダーマンとしか見えなかった。まあ善と悪の対比で見せてスパイダーマンの
心の内を深く見せてドラマとして面白かったような記憶がある。
それで今回、また設定を少々変えて、この悪役ヴェノムが主人公というからどんな話に
なるのか?PG12で設定されて大人の怖い残虐な映画になっているかと思って期待して
いたのだが…「寄生獣」じゃん。まあ原作誕生は「寄生獣」のほうが後みたいだけど
寄生生物とのコミュニケー協力してと同種との戦いってそのまま同じ。でもヴェノムはなぜ
コミュニケーションが取れるようになったか今一描き方が弱い。その点「寄生獣」のほうが
キャラとしての描き込みが丁寧だったなあ。まあそれほど評価してませんが。
ところで誰かが「ど根性ガエル」だといっていたがそれもまあ言えるかな。

もう顔を覚えたのでスタン・リー登場もバッチリ確認、あと2回は見れるはず。
ご冥福をお祈りします。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2018 | Main | January 2019 »