« March 2019 | Main | July 2019 »

April 2019

April 09, 2019

#ソローキンの見た桜 ~ひどい出来! みなくていい。

ソローキンの見た桜
監督:井上雅貴 出演:阿部純子、ロデオン・ガリュチェンコ
ひどい出来。みなくていい。
愛媛発、松山が舞台の映画ということで見にいったが
予算の都合があったとしてもここまで出来が悪いもの
お金をとって見せる映画ではない。
まず映像がひどい。昔のキネコかと思わせるような粒子の粗い?
映像で桜も風景も美しくない。これでは愛媛県のPRになってない。
日露戦争のロシア人捕虜を松山で収容していたという事実。
祖国に帰ることができなかった人々がいてそのお墓があるという。
捕虜といっても収容所で監禁されていたのではなく、
結構自由に保護されており、けが人は手厚く看病されたという。
そのエピソードは非常に興味深いが、日本側もロシア側も
人が描けていない。そこであったロマンスについても簡単に
主人公に結びついてしまい面白みが一つもない。
ジャーナリストが追って見つけた真実とはぐらいのミステリアスな
展開がほしかった。イッセー尾形の演技だけが映画を格上げしようと
しているのを感じたが空回りで、見ていて残念だった。
でも繰り返しいうが、終始あの映像はないと思う。一体どういう狙いがあったのか?
こちらではテレビでCMを流し、いろんなところで称賛の声を告知しているが
感動も糞もない。

 

 

 

| | Comments (0)

April 08, 2019

#ROMA/ローマ ~よかった、映画館で見ることができて。   

ROMA/ローマ
監督:アルフォンソ・キュアロン 出演:
イオンシネマ茨木にて鑑賞。
よかった、ひたすらよかった。そして生きていくというテーマが心を打つ。
画面の設計も素晴らしいが、音もいい。
かなりハイレベルな音の設計ができていた。
BGMは無くその場にいるかのような繊細な音を
しっかり聞かせてくれる。暴動の時の臨場感、
小鳥のさえずり、掃除の時のブラシの音、飛行機の音、
そして海辺の波の音。長回しと移動撮影を
多用しそこにいるような感覚に陥る。
ネット配信という状況で公開されたがこの映画の本当の姿を
劇場で見ることができてよかった。たぶん確信犯だな、これは。
ネット配信映画でなければ製作にOKが出ない。
でも作るからには劇場で最高レベルの映画にしたいと。(なんと65mで撮影!いわゆる70m映画じゃん)
ネット配信なら全世界でかなりの数の人が見ているとは
思うが、ここまでレベルの高い環境で見れたかどうかは疑問。
私は通常の上映で見たのだが、結構な入で席があいておらず
最後部の座席で見ることになってしまった。
少なくとも劇場中央で見たかった。またイオンシネマ茨木は7番スクリーンが
THX仕様なのでそこで見たかったなあ。
今回配給会社を通さず上映したこと、また映倫のあの英断も
称賛にあたいする。残念なのはパンフレットが存在しないこと。
もう少し社会背景とか解説がほしかったなあ。
 
イオンシネマ以外にも拡大公開すすんでいるので
見逃さないようにお近くの映画館でどうぞ。

祝!塚口サンサン劇場の公開!いい音で上映されることを望みます。
筆者はたぶん行けないけど。

 

 

| | Comments (0)

« March 2019 | Main | July 2019 »