« ゴジラ キング・オブ・モンスター ~感無量! #映画 #ゴジラ #KOM | Main | #きみと、波にのれたら ~ トレンディドラマのようなアニメだけど水の表現が素敵。#映画 »

July 07, 2019

#新聞記者 ~#新聞記者みた #映画

新聞記者

監督:藤井道人
出演:シム・ウンギョン 松坂桃李

うちの息子は受験生だというのに新聞を読まない。

仕事場でも若手の社員は新聞を読んでいない。

そんな新聞離れの時代にこのタイトルは少々違和感があった。

近くの映画館で上映されないので優先順位は低かったが

朝日新聞の石飛氏の紹介記事ではるばる今治まで出かけて

見ることにした。政治には疎い自分だが、あの学園問題を

モデルにしていることはわかった。それよりも内閣情報調査室の

風景が奇妙に見えた。パソコンが並んでどうも情報を操作している

らしい様子。あれ一体何?本当?と目を疑う光景。オタクがネットカフェで

やっているようなことを政府内でいい大人が揃って、束になって端末を

たたいている光景は異様。怪ファックス、主人公の元上司自殺、

そこから見えてくる真実。少々インパクトに欠ける展開、余韻を残す展開は

見るものに判断をゆだねるようだが、もっとはっきりと結果というか映画としての

意見を見せてもよかったのではないか。私はまだまだこれから本当の戦いが

始まるというように思えたのだが。

シム・ウンギョンの違和感大ありで最後までダメでした。設定上のキャスティング

かもしれないが演技を見ていて感情の入れ方が根本的に違うように感じた。

黒木華あたりがやればよかったのではないか。松坂桃李が出ていても

TV紹介は皆無?製作にTVが絡まず配給はイオンがやっているなど

製作背景も面白い。政権批判ということがメディアへの露出を阻んだようだ。

舞台となった新聞社は架空だが最後に追随してくる新聞社は

実在の新聞社名だった。このあたりも微妙だな。

「この国は形だけの民主主義を保っていればいい」という言葉が心に残る。

政治に疎く、今の政権に特に意見を持っているわけでもない。でもなんだかな。

なんかちょっと考えしまうなあ。

|

« ゴジラ キング・オブ・モンスター ~感無量! #映画 #ゴジラ #KOM | Main | #きみと、波にのれたら ~ トレンディドラマのようなアニメだけど水の表現が素敵。#映画 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ゴジラ キング・オブ・モンスター ~感無量! #映画 #ゴジラ #KOM | Main | #きみと、波にのれたら ~ トレンディドラマのようなアニメだけど水の表現が素敵。#映画 »