« #トイ・ストーリー4 ~もう作らなくてもいいんじゃないか。 #映画 | Main | #i新聞記者ドキュメント ~面白かったです。今年見るべき映画の1本です。 #映画 »

September 16, 2019

#天気の子~温暖化、異常気象がなかったら生まれなかったかも。 #映画

天気の子
(2019年 監督:新海誠 声の出演:森七菜、醍醐虎汰朗)
 アニメで水の表現が難しいと何度か書いている。色がなく形が自在で反射したり屈折したり、
多くの様態に変化するもので、そこにあると表現、感じさせるものをアニメで描くのは難しい。
雨と川と海の水は違うし、風呂や洗面、コップなど生活の中に出てくる水もそれぞれ特徴がある。
雨の場合、日本の季節に合わせて呼び方が変わるいろんな雨があり、それをアニメで表現
するのは本当に難しいと思った。「言の葉の庭」を見た時、その季節の雨を細かく表現、演出
しており驚かされた。梅雨の雨、夕立の雨、驟雨(にわか雨)、その他いろんな降り方をする
雨が都会と公園でそれぞれ描き分けられており約46分の短編ながら大いに楽しませてもらった。
さて今回の「天気の子」は雨の子とタイトルを間違えたのではないかというぐらい雨のシーンが多い。
全国一斉公開日(7/19)9時同時スタートに私も愛媛県の松前町で見たが曇りで、まだ梅雨が
明けていなかった。監督によると最近のそのような天候の変化(異常)さをお話の元にしたとか。
家出少年が親のいない少女と都会で出会うという古風なお話。今どき家出少年っているか?
都市伝説、超常現象、そして拳銃のエピソードについても古風やなと感じる。なんか学生が
作った自主映画ような恥ずかしくなるような展開。でもみせてくれる絵と音楽がなんとも
心地よいからこの程度のわかりやすいお話でいいのか。実は「君の名は。」と妙にリンクする
ところがあって、キャラがゲスト出演、世界観を一部共有しているらしい。何回か見ないと
わからないし、詳しく調べないとわからない。でもそういった遊びも作家の味わいでもあり楽しい。
 「私たちは世界のかたちを決定的に変えてしまったんだ」というキャッチコピーの意味は
そのままで捉えると東京の町が水没することを二人が選んだとなるが、もう少し深読み
するとここでいう「世界」は二人が生きていくこれからの「世界」を今と変えたということかな。
だからラストはハッピーエンド(まあ水没でいろいろ困った人もいたとは思うけど)。
「愛にできることはまだある」とこたえているかのようなハッピーエンドのボーイミーツガール
ラブストリーという点でやぱっり古風、いや王道か。でも言いたい事、監督が描きたいもの
何か分かるような気がした。映画館を出て空を見たくなった。

|

« #トイ・ストーリー4 ~もう作らなくてもいいんじゃないか。 #映画 | Main | #i新聞記者ドキュメント ~面白かったです。今年見るべき映画の1本です。 #映画 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« #トイ・ストーリー4 ~もう作らなくてもいいんじゃないか。 #映画 | Main | #i新聞記者ドキュメント ~面白かったです。今年見るべき映画の1本です。 #映画 »