« February 2020 | Main | April 2020 »

March 2020

March 09, 2020

#初恋 ~ #FIRST LOVE 首チョンパのバイオレンス映画でした。


初恋
監督:三池崇史 出演:窪田正孝、小西桜子
三池崇史節全開のバイオレンス映画でした。おかえりなさい!
この雰囲気は久々だわ。やくざのピンハネ騒動に巻き込まれた
ボクサーと薬漬けの少女の一夜の逃亡劇。計画通りにいかない
事から歯車狂いっぱなし見せてくれる戦いのバイオレンス度は
めっちゃ高いです。役者もいいな。染谷くんの坊ちゃんのような
ヤクザ、切れたベッキーも最高、武闘派の内野もいい味だして
ました。三池監督とはTV「ケータイ捜査官セブン」以来という
窪田君。このドラマまだスマホが無い時代の特撮ドラマで各回の
監督が凄いんです全話の感想解説書いているのでよかったら
読んでね。
ところで三池監督の次回作が「ファントミラージュ」って女の子向け
特撮ドラマの映画版。相変わらずふり幅広いです。
 
 
ケータイ捜査官7↓

| | Comments (0)

March 07, 2020

#スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け ~ 終わっちゃいましたね。

スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け

監督:J.J.エイブラムス 出演:デイジー・リドリー、アダム・ドライバー

12月20日公開日に大阪に出てきてイオンシネマ茨木でTHXで鑑賞。その後モノレールで

エキスポへ移動しIMAXシアターで連続鑑賞。感無量!とはならなかったなあ。

微妙(ビミョ~)ってってところかかな。

1977年夏にアメリカでEP4が公開。日本では正月に公開されるという情報が流れたが

1978年夏まで延期となった。おもちゃ、グッズの準備に時間がかかったのだ。今とは時間の

流れが違う。私は愛読書「ロードショウ」を読みながら心待ちにしていた。

その間に東宝は「惑星大戦争」を作り東映は「宇宙からのメッセージ」を作るというフットワーク

の良さ。今じゃ考えられない便乗商売。でもそんな時代のほうが面白かったような。

中学2年生、今でいう中二病の真っ最中に私は「スター・ウォーズ」に出会ったのだ。

当時、映画が好きという中での「スター・ウォーズ」好きだったのでそれほど熱心なファン

ではなかった。でも人よりは好きだったかな。名画座(淡路東宝で「キタキツネ物語」

「ザ・ドライバー」と豪華3本立て)やTVで繰り返し見、英語版セリフのサントラとカセット

テープを買って何度も聞いた。

9部作の噂は当時からあり、今回の作品が4番目というのは後に知ることになる。

そうなるとやはり続きが見たくなる。全部見るまで死ねないなあと当時から思っていた。

続編の「帝国の逆襲」はアメリカ公開から約1か月遅れで公開となった。この1か月の間に

出してはならない、知らないでいたかった情報が出回ってしまった。ダースベイダーが

ルークの父親だという情報が。これは映画を見る前にクラスメイトがテレビで言ってたと私に

言ったのだ。余計なことを。私はその公開前特番のテレビをわざと見なかったのだ。

初日にピュアな気持ちで見たかった。高校生で土曜日の午前中の授業を終えて走って

OS劇場へ向かったのを覚えている。

そして「ジェダイの復讐」(いまではタイトルが変更されて「ジェダイの帰還」というが私にとっては

やっぱり「ジェダイの復讐」だ)。

阪急プラザ劇場の前に並んだ。先行オールナイトの1回目を見るために。昼過ぎぐらいからかな。

いい席、お気に入りの席で見ることができた。ダースベーダーとルークの決着。ダースベーダーの

心の中に父としての気持ちがよみがえり本当の悪を断つ。最後の大団円。あのラストシーンの

素晴らしいこと。思わずわっと心から感動がわいてくる、そんな気持ちを抑えられなかったのを

覚えている。

ここで「スター・ウォーズ」は終わったのだ。

でもちょっと知りたいよね、ダースベーダーの誕生の秘密は。なのでEP1~3は認めます。

「ファントムメナス」の子どもアナキンの影のポスターは素敵だ。「クローンの攻撃」は

メロドラマとしての盛り上げ次へ続くプロローグとして認めようそして、

ダースベーダーが誕生する「シスの復讐」を見た時は感無量でした。

これでつながるんだ、と。

で、みんなが忘れたころにディズニーが権利を買ってEP7~9を作ることになる。

よけいなことを。

正直蛇足だと思ってました。思っていたが「フォースの覚醒」はファン泣かせの部分がいっぱい

あってやっぱり泣いちゃうよね。技術的にもストーリーとしても期待してしまいます。

でも「最後のジェダイ」で妙な雰囲気になってきた。ルークの最後が見れたことはよかったと思うが

それ以外の話がどうも好きになれなかった。特にローズは嫌い(スター・ウォーズに天童よしみは

いらない)。そして「スカイウォーカーの夜明け」。悪の魅力がないまま、いきなりパルパティーン

が復活、同時に復活したスターデストロイヤー大艦隊って幽霊船か?ファーストオーダーとは

別ものだったよね。今回のお話は彼を見つけてやっつけるだけの話に。

レイの出生の秘密もあっさり公開。何も証拠ないじゃん。

単独行動のカイロ・レンは悪の魅力に乏しい・

あれカイロ・レンとレイがキスしてるってなんで?

とか思っている間におじいちゃんをやっつけて、ルークの育った家に戻ってきてレイがスカイウォーカーを名乗って終わり。

前作でフォースを使うことができた子どもは一体何だったの?

だいたいレイは自分の生まれた星で迎えが来るのを待っていた。あれは誰を待っていたのかな?

明らかにされていないよね。

レイというキャラはナウシカみたいで大好きなのでもっといい描き方をしてほしかったなあと思う。

感動的なラストシーンにあまりケチをつけたくないけどあれじゃなあ、なんだかな~って感じでした。

その後日本語版を再見。あまり新たな発見が無く、どうやら描かれていないことがいろいろ

あるらしいことがわかり、それじゃ映画としてはやっぱりだめじゃん、と思ってしまった。

新しいシリーズの話もあるし、TVの「マンダロリアン」の評判もいいので、見れる限りは付き合おうかな。

大きな期待をしないで。

 

 

 

 

| | Comments (0)

March 06, 2020

#ミッドサマー ~ネタバレあり #祝祭がはじまる #フェスティバルスリラー #ミッドサマー見たよ

ミッドサマー
監督:アリ・アスター 出演:フローレンス・ピュー ジャック・レイナー
小心者の私には何を見せられれるのかという緊張感でへとへとになる
2時間30分でした。一言でいうなら超ハードな「トリック」ただし上田と山田は
出ていません、とういう内容だった。
では以下詳細なネタバレです。
 
何と!「ベニスに死す」のビヨルン・アンドレセンがでているという情報があり
見るのを躊躇していたのですが怖いもの見たさに見に行ってきました。
妹が両親を道連れに自殺、その心の傷から立ち直れない主人公の女子大生は
友人と白夜のスウェーデンの奥地の村で開催される夏祭りに参加することになる。
さてその祭りの内容が奇妙で部外者としては引くような内容だった。
楢山節孝のような老人を死に追いやるシーンでビヨルン・アンドレセンが
登場し素晴らしい歌声を聴かせてくれるのだがそのあと見事な崖からのダイブを!
でも死にきれなかった、というか死ねなかったので大きな木槌で頭を破壊
される。ショックシーンが多いわけではないが妙な緊張感が終始漂うので
本当につかれてしまった。心が弱っている主人公はこの村に受け入れられて
生きていくことになる。それは新しい血を入れることにより村を維持継続して
いくためということか。少し前に「ゲット・アウト」に似ているが決定的に違うのは
この異常な村から脱出したり、村人と戦ったりする話ではないのだ。あくまで
この夏まつり祝祭を見せる映画となっている。
アカデミー賞でもオープニングパフォーマンスでリスペクトされており、この作品の
価値は今後語り継がれるものと思い決死の覚悟で見に行ってよかった。
でも今日発表された情報によるとデレクターズカットR18(2時間50分)版が
公開されるという。うーん確かに現在公開中のR15で性的描写が異常なのが
映倫で指摘されていたがもっとえげつないシーンが約20分もあるということか。
興味はあるけど私はもういいです。
 
心が弱っている人、心臓があまり強くない人にはお勧めしません。
 

| | Comments (0)

« February 2020 | Main | April 2020 »