映画・テレビ

April 05, 2018

#エヴァ新幹線 乗ってきました。 ~もうすぐ終了は残念です。

エヴァ新幹線に乗ってきました。
新大阪~岡山 こだま扱いなので約1時間。
見学するのには十分な時間でした。


Dsc00775

Dsc00778


Dsc00795


Dsc00797


車内アナウンスは渚カオルくん!
なんとも言えないカオルくんらしいアナウンスです。
これはどうも1号車でないと聞こえないみたい。


Dsc00801


Dsc00802


Dsc00808


Dsc00817

Dsc00819


Dsc00820

エントリープラグ搭乗は予約制。
私は搭乗しませんでしたが見学、撮影は可能。
後ろで見ていると映しだされる映像にはストーリーがあって
第三使徒が新幹線の進路上にいてATフィールドを手で
破って使徒を破壊するというゲームになっていました。

ちなににエントリープラグ内にLCLは入っていません。

Dsc00821


Dsc00823


そういえば結構みんあヘビースモーカーなんだよね。
製作当時はそれが大人って感じだった。

さてこのエヴァ新幹線、本年、
2018年5月13日に終了。
あと1か月ほど。
混むかもしれないのでお早めに。


ちなみにホームから撮影は各駅の入場券で可。
でも停車時間が短いので、新大阪駅や博多駅がお勧め。


次はキティちゃんとか…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 05, 2018

#スター・ウォーズ 最後のジェダイ ~題名改め「天童よしみの大冒険」 #映画

◆お題:スター・ウォーズ 最後のジェダイ
◆監督:ライアン・ジョンソン
◆出演:デイジー・リドリー、ジョン・ボヤーガ、アダム・ドライバー

ネタバレありです。
「スター・ウォーズ」のシリーズ復活の第2弾。
最初から続きがあるのがわかっているから中継ぎの印象はぬぐえない。
「~帝国の逆襲」風になると予想はしていた。
けどそれをぬぐう涙ぐましい努力が感じられ、かつ古いSWからの
脱却を図ろうとしているのが感じ取られた。
世代交代、後進へ譲る、新しく再構築したい、そういう気持ちが表れていて
それを感じながら、くみ取りながら見た。
ダースベイダーに魂を引かれているのはカイロ・レンだけではない。
見ている観客もだ。だからあえてマスクを早々に焼却、以後マスクは
出てこない。
ルークの修行と同じことがレイにもと思っていたがそうではなかった。
ライトセーバーをポイ投げするルークには笑った。
ルークにヨーダの代わりができたのか、彼もまだ修行途中ということか。
レイの出生の秘密は?まだ何かあるのか?でも今のままじゃ普通の人間も
ジェダイになれる、フォースを操ることができるということになる。それでいいのか?
本来フォースは選ばれたものが持つもの。血のつながりが無いものが
はたしてジェダイになれるのか?まあ、レイが最後のジェダイになったような
終わり方だったけど。
キャリー・フィッシャーが死んだときは映画どうなるのと思ったがエピ8の撮影は
終了していたということで問題ないみたいだけど、次はちょっとどうなるの?
この変更が気になりますね。
今回レイアはポー・ダメロンにその座を譲るような終わり方をしていて、ここは
世代交代を感じさせる。でもなあ、彼じゃ役不足ではと思うところあり。
まあいいけど。
レイアがフォースを使って宇宙空間から戻ってきたのには驚いた。
彼女が明確にフォースを使っているシーンてなかったかと思う。
ファンタジック素晴らしいシーンになっていたが、
宇宙空間で宇宙服を着ていない状態で大丈夫かとちょっと気になった。
SWの宇宙空間は通常の宇宙と同じはずなので無重力のはず。
なので最初の爆雷艦のシーンは後から考えると変な気がした。
ドレッドノートの上から爆弾を落とす、ってここだけドレッドノートへ向けて
重力が発生しているのかなあ?
無くはない設定だが、この爆雷艦の中のエピソードも変。
爆雷を落とす係が死んで代わりの砲撃主が駆けつける。
これがローズの姉。梯子の上にあるリモコンをとるために梯子をたたく。
たたいて揺らしてリモコンを落とそうとするのだが、攻撃を受けている戦艦内部で
かなりの揺れが発生しているはずなのにそんな中、ここだけ梯子の下を
たたいてリモコン落とすなんて発想はおかしいでしょ。
攻撃の揺れでもっと揺れてるよ。まあリモコンは見事彼女の手元に
落ちてきてリモコンのスイッチがオンとなり爆雷は投下されるのだが、
同時にその爆撃に巻き込まれるという感動的なシーンになっている。
でもなあおかしいよなあ。
後半にも実は変なシーンが多い。
反乱軍が隠れているところへファーストオーダーはキャノン砲を引っ張っって持ってくる。
塩の大地、平原でどうしてもっと近くにおろさないのか?どこからもってきた。
えっちらおっちら引っ張ってくるなんて。滑稽。
でそれ阻止しようとフィンが出撃するがなんとローズが体当たりで止める!
バカかこの女!
キャノン砲は発射され反乱軍の基地扉が破壊される。そこでこの女!
フィンとキスをする!
アホかこの女!
バカだろ!
自分の仲間がやられているのをバックにラブシーンなんて
許せないシーン。
だいたいこのローズってアジア系のチビデブ女ですぐに死ぬようなキャラなのに
ずっと出ていてうっとおしい!
映画としては今回最大の汚点。
誰がキャスティングした。
バカじゃないの。
アジア系使うならもっと美しい女優を使え。もっとかわいい、カッコイイ女の子は
いくらでもいる。なのにこのチビデブブスの三拍子そろった女を使うなんて
どうかしている。天童よしみかユリアンかって感じ。どこかのお笑い芸人が
一瞬ゲスト出演しているなら許すが、これはない。レイとフィンをとりあうなら
もっといい女優がいたはず。中国マネーを稼ぎたいならそれなりの女優が
中国にも香港にも韓国にもいただろ。
今からでもCGで顔を書き替えてブタ顔宇宙人にしてくれないかな。
SWの世界は憧れのヒーロー、ヒロインの世界。
カッコイイとかイケメンとか美人、かわいいとか素敵な面々が物語を作って
ちょっとおかしなエイリアンたちは脇で楽しませてくれるもの。
酒場や今回ならカジノのシーンで数秒映ればOK。
ローズなら3秒映れば充分。なのに天童よしみの大冒険とサブタイトルが
つくぐらい出ていて邪魔をする。
もう一度言います。ローズのようなチビデブブスの東洋人はスターウォーズの世界に
出てきてはいけない。
興ざめだ。
これが香港映画のSWパロディなら大いに笑って許しただろう。

少々脱線した。
さてファースト・オーダーはどうなる?
あの若い二人がうまく引っ張っていくようには見えない。
あの切れやすい男がトップになれるか?
反乱軍は人数が減った。ファルコン号一機で収まる人数て一体何人?
レイアは最後まで生き残ったけどさてどうなるエピ9。
やっぱりハンソロは死んだのかな。
ヨーダを出したのはOKだけどさてやっぱりダースベーダー出すか?
まだルークの出番はあるのかな。
レイはどうなる?
今回カイロ・レンとレイの殺陣は最高だった。
あの刀さばきは見事。
違和感なく見惚れてしまった。
いままでどこか剣に思えたライトセーバーが今回は刀に見えた。
よかった。
次はちゃんとレイのお話に戻してね。
天童よしみはカットで。もう出さないでね。死んでくれていいから。

なぜか子ども向けのテレビCMが多いなあと思っていた。
たぶんキャラクターグッズが売れないからと思っていたら
劇中でも子どもたちが活躍。そしてラストシーンに出てきた奴隷の子は
手を伸ばしただけでホウキを手にしていた。
つまり彼はフォースを持っているということ。
彼がライトセイバーを手にする日も近い。
ということでちびっこファンを作らないと映画として儲からないから
必死というのがわかる。
どうなんでしょうね。

上映期間は12月15日スタートで多分予算があり
前回や「ローグワン」同様3月ぐらいで終了するのでは?
そのあと一切スクリーンにはかからずDVD化や配信となる。
こうなると今のアニメの限定公開と同じ。
なんか規模が違うだけでやってることは変わらない。
他の映画ならひたすら延長上映(ロングラン)や名画座上映があるのに。
計画的すぎて面白みにかけるなあ。

ところで今回THXでみて1週間後にIMAXで鑑賞。
IMAXでは普通のサイズで前回のファルコンチェイスのようなフルサイズ
シーンはなかったで面白みに欠けました。
THXの音もそれほどいい感じではなった。
なんか今回はいろいろ不満が残ってしまいました。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2018

#あゝ荒野 ~面白かった! 映画賞の台風の目になるか!? #映画

◆お題:あゝ荒野
◆監督:岸善幸
◆出演:菅田将暉、ヤン・イクチュン

日本映画専門チャンネル放送TV用に編集した6話バージョンで鑑賞。

今更寺山修二か、と思って映画館で見る優先順位は低かった。
前後編を見るものしんどい。正直なところ年末繁忙期に時間を作ることが難しい。
でも評価が高いのが聞こえてくるとやはり押さえておくべきかと日本映画専門
チャンネルでドラマ編集された6話連続放送を録画してちまちま見ることにした。
確かに引き込まれる面白さがあり見ているとやめることができない。
ラストの二人の対決が楽しみなってきたところでなんと録画に失敗していた。
最後の約1時間、試合シーンがまるまる録画されていない!
仕方がないので即U-NEXTに加入、ラストの試合はパソコンで見ることになった。
映像を見るのに環境を選ばない状況になっているのをひしひしと感じた。
しかしこのラストの戦いは映画館で、画面に集中できる環境で見たほうがよかったかな。

東京オリンピックが終わった近未来の東京。少年院を出てきた新治とどもりの理容師健二。
行き場の無い二人がボクシングジムに雇われプロとして生きていくことになる。
やがて自分を変えるためにお互いが戦わないといけないと悟る。
映画としては近未来の社会背景の設定が生きていないように感じられた。
舞台設定になにか意味があったのか?東京でテロが行われる世界感が
どうして必要だったのかよくわからない。
その設定が無くても十分この映画は成立するのではないか。
そしてこんなハングリーな精神を描いた映画を見たのは久しぶり。
今の世の中、満たされすぎているのだ。
それを感じることができるだけでもこの映画は見る価値がある。
主演の二人がいいし、ユースケ・サンタマリアもいい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ジャスティス・リーグ ~祝スーパーマン復活! よく公開まで隠しとうしました。 #映画


◆お題:ジャスティス・リーグ
◆監督:ザック・スナイダー
◆出演:ベン・アフレック、ガル・ギャドット、ヘンリー、カビル
バットマン、ワンダーウーマン、フラッシュ、アクアマン、サイボーグと
ヒーローがあれだけ集まれば魅力が倍増と思ったのですが逆に分散して
ちょっと残念な結果になってしましました。
特にアクアマンとサイボーグには馴染みがないので背景がわかりづらい。
DCコミックファンならその点は補完できるかもしれないけど、初体験のものとしては
ちょっときびしいな。
フラッシュはテレビのファーストシーズンは見てるけど映画版とはまた少々設定が違う
ようで、こちらも描き込みが不十分と感じた。
そしてバットマンに至っては敵がエイリアンというのは前回(バットマンVSスーパーマン)からの続きとはいえちょっと違和感あるなあ。ワンダーウーマンも出番の割には
活躍したように見えない。
絵の見せ方が下手。ヒーローのカッコイイ姿を決めのポーズなどで見せてくれたら
いいのに印象に残っていない。
「アベンジャーズ」ならその点は押さえてあってまるで宗教絵画のような絵があり
見ていて感心する。
総じて「アベンジャーズ」の二番煎じみたいになってしまったのが本当に残念。

でもDCはマーベルのように時間軸、設定を合わせないで各作品を作っていくと
いうことだから今後うまく修正されるかも。
まあもっと暗さを解消してほしいと思います。

で、見事復活したスーパーマン、もっと明るく楽しくかっこよく作ってほしいなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 02, 2017

#散歩する侵略者 ~不気味さはありますが・・・。 #映画


◆お題:散歩する侵略者
◆監督:黒沢清
◆出演:松田龍平、長澤まさみ、長谷川博己

 黒沢清の不気味さは健在だけどラストオチがいまいち。
異星人の侵略を受けて人の体を乗っ取り、「概念」のデータを収集していく。
「概念」というものを改めて考えなおすきっかけとなり面白く見ることはできた。
「概念」とはある言葉に対しての共通の認識で、異星人に体をのっとられると
概念が欠如した状態になる。概念を学んでいく過程が面白いが、通常の人間には
迷惑な話で、映画はその状況に陥った夫婦の物語となっている。
異星人の侵略を疑うジャーナリストや役人が絡んできて軍隊の出動にまで発展。
ラストに向かって加速し、だんだん派手になってくる追いかけっこは必要だった?
あんなにドンパチやらなくてもいいのでは。
WOWOWで前日譚のドラマ「予兆」も見た。
別の夫婦が侵略に巻き込まれるお話で、同様の不気味さはある。
東出昌大が唯一映画と共通して出演しているが関係ないみたいというのが残念。
ネット配信ですべて見たのだが、これが映画として編集され公開もされた。
何かこういうことが普通に行われるようになってきてちょっとついていけない。
映画、いや映像を見る媒体の多様化についていけない。
で、見る媒体、環境によって感じる感想は違ってくると思うのだが
それはそれでいいのだろうか?
よくわからなくなってきた。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 01, 2017

#ゲット・アウト ~ネタバレあり。確かに怖かった。 #映画

◆お題:ゲットアウト
◆監督:ジョーダン・ピール
◆出演:ダニエル・カルーヤ

ネタバレありでいくので楽しみにしている人は鑑賞後に読んでね。

なるほど怖い映画だわ。ちょっと最近見なかった辛めサスペンス。
アメリカは田舎に行くとまだまだこんな人たちがいるのよねと納得しててしまう。
黒人の写真家クリスは白人の彼女ローズの実家に招待される。
過剰な歓迎をうけるが人々は皆白人で何かおかしいと感じる。
やがて使用人の黒人を見つけるが「ゲットアウト」といわれる。
黒人たちの態度もおかしいのだ。
そしてローズの家に白人たちが集まってきて、クリスに気づかれないように
彼をセリにかけるのだった。

もともとは友人に見終わったら大した映画ではなかったと聞いていたので
私の中でのこの作品を見る優先順位は低かったのだけど、
職場の後輩女子に見たら感想をと求められ見ることにした。
何かそんなに恐ろしいのかよくわからない噂が出回っており、私ももそれを
確かめたかった。
まあ血のりが多かったり、肉体破壊シーンがじゃんじゃん出てくるとか、
お化け、ホラーの類なら敬遠するのだが、そうでもなさそうなので気になって
いたのだ。

以下本当にネタバレです。

恋人に信じられている人に裏切られ、人を人と思わずに命を奪う。
血のり、残酷描写は少ない(なんかね脳を手術シーンがあって直接は映らないが
気味悪いシーンはあります)が怖さは十分に体験できました。
どうも黒人の肉体を狙ってセリにかけ意識を移し替えるらしい。
(このあたりの理屈はよくわからん)
まあ、トランプ政権下での人種差別問題やアカデミー賞の黒人俳優をボイコット
しているのではという疑惑などアメリカの社会を反映した娯楽作品に仕上がって
いるからここまで注目され、話題になったのだと思います。
日本では公開期間が短いし、上映回数も少なかったのですが、
私が見た回はほぼ満席状態でした。

でも正直なところこれよりももっとぞーっとする怖いを作品見たことあるなあと思いました。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

#エイリアン コヴェナント ~レプリカントがエイリアンを作った!? #映画

◆本日のお題:エイリアン コヴェナント
◆監督:リドリー・スコット
◆出演:マイケル、ファスベンダー、キャサリン・ウォーターストン

レプリカントがエイリアンを作った!
そんな感じの映画。
あの輝かしい第1作目を思わせるシーンが多く、おまけに2作目に似たシーンもあり。
でもだから何?何がしたかった、いいたかったか不明。
正直面白くなかった。
そもそも人類の代表で5000人の命を預かっている保管者なのに
勝手に知らない惑星に行って探検するなんて
あまりにも無謀じゃないか。
そこでエイリアンを作っているアンドロイドと遭遇してみんな死んじゃう話なんて・・・。
まあ1作目からアンドロイドは不気味な存在で、その不気味さは人間の心を
映しているようなところがあったのだけれど今回はなあ、なんか単純な暴走の
ようにしか見えないものなあ。

で、最後のオチも面白くない。
B級SFでやるならまだしも「エイリアンシリーズ」でこれやる?
リドリー・スコットが監督だよ。

これがまだ続くかもしれないなんて恐ろしい話。
もうやめたら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

GODZILLA 怪獣惑星 ~ゴジラミーツシドニア #アニゴジ #映画

◆本日のお題:GODZILLA 怪獣惑星
◆監督:静野孔文
◆声の出演:宮野真守、櫻井孝宏

残念!
通称「アニゴジ」。
ゴジラ映画としてこんな作品があってもいいけどやっぱり
ニッポンの特撮映画としてのゴジラがみたい。
虚淵玄がストーリー原案と脚本を担当しているからもしかして傑作かと
期待したのだが・・・。
ポリゴンピクチャーズが作っているから映像から冷たさが漂ってきて見ていて
気持ちよくない。なんか「シドニアの騎士」を見ているようで。
お話も3部作とは知らなかったから、ゴジラ登場まで時間かかるし
出てきてもなんか違う、違和感ありあり展開で・・・。

次は5月。メカゴジラがいよいよ登場するみたいだけどあのデザインは
ちょっと不安。

できれば地球を脱出して宇宙を漂流することになるまでのお話を
アニメのシリーズ化してほしいなあ。
20世紀末に地球上に次々怪獣が現れて人類滅亡の危機に
宇宙人が2種族現れて地球人に手を貸すが対立があり、
その後宇宙を一緒に漂流しているなんてめちゃくちゃ面白いじゃん。
ぜひとも映像化を!



| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 26, 2017

#ナラタージュ ~中だるみはあるけど結構巧みなお話です。 #映画

◆お題:ナラタージュ
◆監督:行定勲
◆出演:松本潤、有村架純

「ナラタージュ」とは人物の語りによって過去を再現する手法のことで、
映画はその構成で基本できている。
高校の先生と元教え子との恋愛物語となると不倫、三角関係ものかと思ったが
そう単純ではなく、二人がひかれあう理由があり、結構巧みに人物を描いていた。
疑問点の回収、伏線の張り方などがよくできていて
最近の説明台詞の多い作品とは一線を画す。
主人公泉が映画好きで挿入される映画の選択が渋い。
でもその映画が登場する意味が見えてこなかった。
ストーリー、主人公の心情を表しているように感じられなかった。
登場したしたのは
「エルスール」「真夜中のカーボーイ」「ミツバチのささやき」
「ダンサー・イン・ザ・ダーク」「アンダーグラウンド」
「僕の村は戦場だった」「存在の耐えられない軽さ」。
すべてが鑑賞中にわかったのではなく、あとでネット調べました。
それなりに意味はあったようだけど、監督の好みじゃないかな。

やや中だるみ感があり、見たあとに爽快感が得られないのが辛かったなあ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

1週間で8本の映画鑑賞

時々、年に1回程度、1週間毎日映画を観ることが
できるか挑戦して見たくなる。
見たいものが重なっていて
時間がうまく合えば
マラソンのように
耐久レースのように
やって見たくなる。

で、
11月14日からやってみました。

14日シンクロナイズドモンスター
15日ゲットアウト リンキングラブ
16日先生!好きになってもいいですか?
17日GODZILLA怪獣惑星
18日彼女がその名を知らない鳥たち
19日クボ二本の絃の秘密
20日ミックス

なかなかバラエティに富んだ内容ですが
今一抜きんでるものに出会えなかったかな。
それぞれの感想については後日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧