映画・テレビ

October 19, 2017

#トリガール ~鳥人間コンテストがスポ根+ラブコメ映画に!GOODです。 #映画

◆お題:トリガール
◆監督:英勉
◆出演:土屋太鳳、間宮祥太朗、高杉真宙

もしかして面白いかもとは思っていたが自分のなかでは優先順位低く
まあテレビでいいやと思っていたが仲間内で見ることになった。
面白かった。見てよかった。
土屋太鳳のはじけぶりがよく周りのシンクロ率が高い。
だからといって騒がしいだけの映画ではなく
ラブコメ+スポ根が妙に成立しているのがいいです。
「鳥人間コンテスト」は元は「びっくりニッポン新記録」の1競技
としてスタート。木曜スペシャルとして見てました。
轟次郎は初期の参加者で懐かしかった。
筆者は一度は参加して見たいと思い当時の周りの仲間に声を
かけたが実現しなかった。その代りではないが同じ木曜スペシャルの
看板企画「アメリカ横断ウルトラクイズ」には7回参加した。
前日から深夜の普通電車を乗り継いで夜明けに東京に到着。
早朝の1次予選問題は発表を待って〇か×かを選ぶ。
予選落ちばかりだったが楽しかった。旧後楽園球場のグランドまで下りて
いくこともできたしね。いい思い出です。

一浪理系女子がなんの目的もなく入学、
理系男子=オタクの類型的な描き方でその中で見つけた
イケメン二人との三角関係が楽しめるのかと思ったら
スポ根よりの展開。まさかの告白とその結果、ひこにゃんの登場と
結構泣けるし。楽しめました。
琵琶湖の周りで撮影、観光案内にはなっていないけど
いつもの東京や大阪とは違った風景の中で物語を楽しめるのも
ちょっぴり新鮮でよかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 13, 2017

#ベイビー・ドライバー ~面白いかもしれないが好きになれなかったなぁ #映画

◆お題:ベイビー・ドライバー
◆監督:エドガー・ライト
◆出演:アンセル・エルゴート、リリー・ジェームズ

カーアクション映画としては面白い。「ザ・ドライバー」「ドライブ」を思い出した。
主人公の設定も面白く、ラブ・ストーリーに発展していくのもああこんな
アメリカ映画いいな、懐かしいなとは思った。
でもあの音楽とのシンクロは好きじゃない。
正直音楽には疎い筆者としては残念ながら単にうるさく曲にものれなかった。
登場する曲は一体どういうものなの?歌詞の翻訳もなかったからシーンと
シンクロさせた意味があったのかも分からない。
鑑賞後この作品はかなりあの「ザ・ドライバー」に敬意を払った作品であることが
わかった。でもセンスにはちょっと理解しがたいものがあった、というか感じなかったなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 12, 2017

#新感染 ファイナルエクスプレス ~このタイトルいいと思うけどなぁ 今年のべスト1候補です。#映画

◆お題:新感染 ファイナルエクスプレス
◆監督:ヨン・サンホ
◆出演:コン・ユ、キム・スアン

韓国発の列車パニック×ゾンビ映画。
傑作でした。
素晴らしい。
感動ものです。
昨年の「アイ・アム・ア・ヒーロー」はオマージュ的な作りでどこかで見たことある作り
でしたが、こちらはパニック映画の王道を走り感動もの。ゾンビはあくまで状況であって
ちゃんと人を描いているのがいい。父と娘、妊娠中の妻とその夫、若いカップルと
その部活仲間、老姉妹などなど。
ゾンビ撃退のアイディアもユニークで「ワールドワーZ」ぽいゾンビでもさすが韓国、
こちらのほうがパワフル。
新幹線という密室空間を使っての救出、脱出劇もいいね。「新幹線大爆破」や
「カサンドラ・クロス」「ハンデット」を超えた傑作となったのではないでしょうか。
見ていて思ったのは社会性を取り入れた演出。
政府批判などものすごく感じる。
あの修学旅行生が多く死んだセウォル号の悲劇に似た状況も感じるし、
国が発する情報への不信、そして韓国と北朝鮮との関係を模したような状況
などが盛り込まれておりそれが映画として楽しめるのがいい。
ソウル発プサン行の新幹線の感覚がちょっと良くわからなかったのだが、
韓国の2大都市を結び、約片道2時間半程度で運行しているらしい。
このスピード感、距離感、土地勘があればもっと楽しめのにと思う。
今どこまで逃げてきて、あともう少し・・・。というようなものがわからないのが
つらかった。ちなみに他の列車はどうなっているのか、この列車の線路はふさがれて
いないのかなどの疑問も上がってくるが巧みに設定されているのに感心した。
ご都合主義といえばそこまでだが、よくできている。
ゾンビ映画でありながら人体破壊、人肉食シーンがないことがこの映画を見やすく
してくれたのがよかった。こういうシーンが増えると見づらくなるので。
真のゾンビ映画ファンには物足りなかったようだが。
希望のある?いやもしかすると残酷なラストまでとてもとても楽しませてくれた。

前日譚のアニメ「ソウルスティション/パンデミック」(監督が同じ!というかもともと
アニメ映画の監督らしい)も公開。
こちらも結構楽しませてくれました。

ところでこのタイトル「新感染」って悪い? 新幹線とひっかけていいタイトルだと
思うのですが・・・。
この作品、今年のベストワン候補です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 02, 2017

#スキップ・トレース ~ジャッキーはアクション引退したのでは? #映画

◆お題:スキップ・トレース
◆監督:レニー・ハーリン
◆出演:ジャッキー・チェン、ジョニー・ノックスビル

中国観光大使に成り下がったジャッキーチェンのロードムービー? いや観光ムービー。
香港警察のジャッキーがロシアにいる詐欺師をつれて香港まで陸路で縦断。
できるかそんなこと、と思いながらもまあコメディなので深くは突っ込まない。
モンゴルやら、中国の奥地? 秘境と思われるところを悪者に追いかけられながら
逃げる、逃げるの脱出劇。そのアクションが楽しいが少々中盤ダレル。
ファーストシーンと意外なキャストでエリック・ツァンが登場はうれしい。
コメディから「インファナル・アフェア無間道」まで多彩な役柄をこなしてきた香港の名優が
おいしいところをもっていく。
リチャード・ンもカメオ出演していて80年代の香港映画の懐かしさが
蘇ってきた。この人も脇役が多いが印象深い人。
さてジャッキー次は「カンフーヨガ」、ジャッキーがインド映画で踊ります。
あれ?ジャッキーはアクション引退したのでは?

「レイルロード・タイガー」を見逃しているのが悔やまれます。
だって最近ジャッキーの映画はなかなか拡大で公開されないんだもの。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 29, 2017

ELLE(エル) ~期待外れ。でもヒットしてるのはなぜ? #映画

◆お題:ELLEエル
◆監督:ポール・ヴァンボーヘン
◆出演:エマニュエル・ユペール

結構客が入っていたのは驚いた。
ファーストシーンからテンション高い。レイプの最中から始まる。
さすがP・ヴァンボーヘンと思ったらそれ以後不発。
女の復讐劇を期待したのだがそうじゃなかった。
なにこれ?浮気や不倫の、あいつとこいつがくっついてと妙に複雑でエッチな関係が
描かれ、肝心の犯人はあれかよ。
もっとアクティブな女の復讐劇が見たかったなあ。
「ブラック・ブック」みたいなのを期待していたのにつまらんかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 28, 2017

#ワンダーウーマン ~プリンセス・ダイアナって 別人思い出しちゃう。 #映画

◆お題:ワンダーウーマン
◆監督:パティ・ジェンキンス 
◆出演:ガル・ギャドット、クリス・パイン

「スーパーマンVSバッドマン」の暗さは本当にどうにかならんのかいと思った。
でもワンダーウーマン登場シーンだけは面白く見れて、ちょっと光が差してきた気がした。
そのワンダーウーマンの誕生のお話です。
少々笑いの要素もあってDCのシリーズとしては面白かった。神と人間の娘、女ばかりの
島で育った女戦士であり、プリンセス。正面から正義を貫くその素直さがいい。
アクションの見せ方、緊張と緩和、間の取り方がうまい。
この方向で「ジャスティスリーグ」を作ってくれたらいいのだけど・・・。
「ダークナイト」の呪縛から早くぬけだしてほしい。
舞台は第一次世界大戦で、戦争が、武器が近代化した時代の物語。
世界を平和へ導いていく戦いと信じて参戦するワンダーウーマン。
ところで「ワンダーウーマン」を知ったのはずいぶん前。リンダ・カーターのテレビドラマ。
でも当時は見ていなくて、いまだに見たことがない。私は「バイオニック・ジェミー」派
だったので見ていなかった。またいつ大阪では放送しているか知らなかったとういのも
あって見ていない。なんかあのコスチューム、いかにもという感じがして・・・・。
でも今回復活の彼女はちょっとかっこよかった。時代がついてきたということか。
さて、いよいよ「ジャスティスリーグ」始動! 期待していいのかな。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 27, 2017

#スパイダーマン ホームカミング ~おかえりなさいスパディ!でもあんまり面白くない。 #映画

◆お題:スパイダーマン ホームカミング
◆監督:ジョン・ワッツ
◆出演:トム・ホランド、マイケル・キートン

「アベンジャーズ」のスピンオフのような内容でソニーピクチャーズとしては納得いかない
ところかも。本体はディズニーがしっかりつかんで離さないということか。
バッドマン→バードマン→今回ヴァルチャーと演じたマイケル・キートンがミソ。
でも本当の悪には見えないのが残念、というか彼と本当に戦う必要があったのか?
そんなに悪人には見えなかった。トニー・スタークの見つからないように、自分たちの
生活を守るためにだけに悪事を働いている優しいお父さん。それがもっと強烈な悪人に
変貌するのかと思ったけどそうじゃなかった。
まあ次回につながるキーマンみたいだけど・・・。
今回は大いなる力を持った責任ということに苦悩し成長したスパイダーマンではない
ところがなんとも味気ない。見た目は派手で面白いが高校生のガキが騒いでいるだけに
見えてしまい、トニー・スタークとの関係も薄くて物足りない。
スパイダーマンのスーツがアイアンマンのスーツ亜流のようで面白みがない。
今後どの方向に話が広がるのかで面白さが変わるとは思うけど・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

#ジョジョの奇妙な冒険ダイヤモンドは砕けない第一章 ~今年の夏、こけたけど愛すべき作品です。 #映画

◆お題:ジョジョの奇妙な冒険ダイヤモンドは砕けない第一章
◆監督:三池崇史
◆出演:山崎賢人、神木隆之介

マンガ原作アニメ化作品の実写化大流行の1本。
その中でもオリジナルの世界観が出しづらい、表現が難しい作品。
原作は読んでいないがアニメ版(新バージョン)は視聴済。
さすが三池映画。独自の世界観を構築して見せてくれるのでそれはいいが、
映画として面白いか?は疑問。
日本?にあるどこかの町、杜王町をスペインに作って、そこで撮影。
「スタンド」と呼ばれるある超能力に長けたクリーチャーを従えで敵と戦い
町の平和を守る高校生の物語。
と説明してもこの妙な感覚は伝わらない。
とにかく見て、といいたいところがだが、万人向けのそれほどいい出来とは言い難く
第二章があるのかも疑問。ファンからもそっぽ向かれているみたいだし・・・。
でも私は好きですよこの作品。
だってこんな映画、三池さんしか作れないじゃないですか。
まあ三池さんが「銀魂」やってもよかったとは思いますがでもあの軽いテイストはでない
と思うからこれでよかったのかな。

まあ次の三池作品に期待しています。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 13, 2017

トランスフォーマー最後の騎士王 ~見る価値なしのマイケル・ベイ節前回のロボットアクション映画です。 #映画

◆お題:トランスフォーマー最後の騎士王
◆監督:マイケル・ベイ 
◆出演:マーク・ウォールバーグ、アンソニー・ホプキンス

評判の悪さを確かめる結果となりました。
今回で終るのかと思って見ていたらまだまだ続く伏線を残して終了。
どうもアニメとか原作のモチーフをまだまだ取り込みたいみたいです。
アーサー王伝説など世界の歴史にトランスフォーマーたちがかかわって
来たというアイディアは面白いし好き。
日本の侍との写真は一体何があったのか知りたいね。時代的には幕末かな?
でもアクションの見せ方がへたくそで単調になってしまうのに閉口する。
変身シーンも何が何かわからず、ロボットもののかっこよく見せるシーンも皆無で、
ラストの勝利シーンですらこれで終り? といった印象。
シーンや絵に意味がなくその組み合わせが単なる羅列でデタラメにしか見えない。
音楽も台詞も落ちつきがなく騒がしいだけ。
これで2時間半はつらいです。
俳優はちゃんと演技のできる人を連れてきているのだから、ちゃんと演出して、
緊張と緩和、間の取り方、絵の見せ方には動体視力がついていける
そして複雑にならずにもっと単純に楽しめる話にしてほしいなあ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 12, 2017

#おんな城主直虎 ~サブタイトルが面白すぎる。元ネタを探って見ました。毎週更新!? 

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の
サブタイトルです。
古今東西の映画(主に)のタイトルをひねった
ものが多く笑わせてくれます。
以下元ネタと思われるものを調べてみました。
(以下は筆者の勝手な推測です)


1 井伊谷(いいのや)の少女 → アルプスの少女
2 崖っぷちの姫 → デスパレートの妻たち/崖の上のポニョ
3 おとわ危機一髪 → 007危機一発
4 女にこそあれ次郎法師 → 女子(おなご)にこそあれ次郎法師(原案となった本のタイトル)
5 亀之丞帰る → 父帰る
6 初恋の別れ道 → 初恋の来た道
7 検地がやってきた → ビートルズがやってきた、ヤア!ヤア!ヤア!
8 赤ちゃんはまだか → 憲法はまだか(NHKのドラマ)
9 桶狭間に死す → ベニスに死す
10 走れ竜宮小僧 → 走れメロス
11 さらば愛しき人よ → さらば愛しき人よ
12 おんな城主直虎 → そのまま本作のタイトル
13 城主はつらいよ → 男はつらいよ
14 徳政令の行方 → 真実の行方/告発の行方
15 おんな城主 対 おんな大名 → クレイマークレイマー
16 綿毛の案 → 赤毛のアン(これは珍妙な!)
17 消された種子島 → 消されたライセンス
18 あるいは裏切りという名の鶴 → あるいは裏切りという名の犬
19 罪と罰 → 罪と罰
20 第三の女 → 第三の男
21 ぬしの名は → 君の名は。
22 虎と龍 → 花と竜
23 盗賊は二度仏を盗む → 007は二度死ぬ
24 さよならだけが人生か? → さよならだけが人生さ
25 材木を抱いて飛べ → 黄金を抱いて飛べ
26 誰がために城はある → 誰がために鐘は鳴る
27 気賀を我が手に → 自由を我等に
28 死の帳面 → デスノート(面白すぎるやろ!)
29 女たちの挽歌 → 男たちの挽歌
30 潰されざる者 → 許されざる者
31 虎松の首 → ガルシアの首
32 復活の火 → 復活の日
33  嫌われ政次の一生 → 嫌われ松子の一生
34  隠し港の龍雲丸 → 隠し砦の三悪人
35  蘇えりし者たち → レヴェナント
36  井伊家最後の日 → 江戸最後の日/合衆国最後の日
37  武田が来たりて火を放つ → 悪魔が来たりて笛を吹く
38  井伊を共に去りぬ → 風と共に去りぬ
39 虎松の野望 → 信長の野望(ゲームのタイトルですね)
40 天正の草履番 → 天皇の料理番
41 この玄関の片隅で → この世界の片隅に(出た!!!)
42 長篠にたてる柵 → 戦場にかける橋(ちょっと違うかな?)

年末まで追いかけてみます。
ご期待ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧