映画・テレビ

April 29, 2016

今期(2016年4月)見ると決めたドラマは・・・   #ドラマ


#ラソング

落ちたミュージシャンと吃音少女のラブストーリー。
彼女の歌がいいね。


#重版出来

黒木華の役の幅の広がりはとんでもなく広い。
どんな役でも自身のものにしているのがすごく今回の役も素敵だ。


#僕のヤバイ妻

「ゴーンガール」のパクリと思って見ているとちょっと方向が変わって
オリジナルの方向に進みだしたかな。


#火の粉

気味の悪い隣人に翻弄される家族の物語が面白い。
ユースケ・サンタマリアの演技がこの先どうなるか注目です。


#トト姉ちゃん

うーん昭和の味わいが出ているが江戸の下町話ばかりで
展開されると鼻につくなあ。


#おかしの家

大阪では今頃放送なんです。楽しんでます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

#シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ  見るならエキスポのIMAXで!


109シネマズのサイトより。

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」は、新2DデジタルカメラであるALEXA IMAX® 65㎜
カメラを使った初めての作品です。
物語のキーとなる戦闘シーンの17分間が、ALEXA IMAX® 65㎜ カメラで撮影されています。
ALEXA IMAX® 65㎜ カメラ撮影シーンの画角は、
最大アスペクト比1.9:1となり、通常劇場と比べて26%以上広がります。
109シネマズ大阪エキスポシティのIMAX次世代レーザー「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」も
最大アスペクト比1.9:1の上映となります。

というわけで見てきました。問題のシーンはドイツの空港の死闘。
ネタバレになるので書きませんが
あんなシーン、こんなシーンがIMAXの画面いっぱいに展開されます。
感激です。身を乗り出してご覧ください。

日本では109シネマズ大阪エキスポシティだけのようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 11, 2016

#女が眠る時 ~よくわからん。ただの妄想映画か?これは。 #映画

◆お題:女が眠る時
◆監督:ウェイン・ワン
◆出演:ビートたけし、西島秀俊、忽那汐里

よくわからん。
書けなくなった小説家、健二が妻と避暑地にやってきてすごす。
妻は雑誌の編集者で仕事にでる。
プールサイドで見かけた若い女と初老の男のカップルを
追いかけていく健二。初老の男はこの女の眠る姿をビデオに収めていた。
現実とも幻想とも判断がつかない。
前後のつながりが良くわからず、背景が見えてこない。
果たしてこれは小説家の見た妄想なのか?

ここまで書いて「ベニスに死す」を思い出したが
そんなにいいもんじゃない。

じめじめした湿度の高い絵が映し出されるのいかにも日本という
風景にみえる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 08, 2016

#アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー ~あんな風に人生楽しめたらいいね。 #映画

◆お題:アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー
◆監督:アルバート・メイズルス
◆出演:アイリス・アプフェル

 デザイナーであり実業家、最高齢のファッションアイコンといわれている
ニューヨークの派手なおばあちゃんのドキュメンタリー。正直知りませんでした。
派手なおばあちゃんといえば大阪にいっぱいいるし、中にはキャリアウーマンと
呼ばれるような人もいるので、ニューヨークにもそんな人がいるんだと思った
ぐらい。歴史は古くジャクリーン・ケネディ時代にホワイトハウスの装飾を行ったり
メトロポリタン美術館のファッション・コレクションが有名らしいのですが
全く映画とは別の世界で活躍されていたのか、私の記憶にはない人でした。
でもそのファッション組み立てる商品は安いアジア、インド系のものが多く
大阪なら船場センタービルで手に入りそうなものばかりを組み合わせて着こなして
おりなんとなくそのまま大阪にいても気づかないようなおばあちゃんでした。
夫婦仲もよくってお互いの思いやりがほほえましく見る。夫の支えがあったと
思うが、彼女の目指してきたところは自分のセンスを信じることで、ほんとうに
それでだけでここまで来たという感じでした。
まあ人生楽しまなくてはいけないかなと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 05, 2016

スター・ウォーズ フォースの覚醒 ~MX4D VS IMAX えっ!上映終了 #映画

◆お題:スター・ウォーズ フォースの覚醒
◆監督:J・J・エイブラムス
◆出演:デイジー・リドリー

MX4Dの3D版で見てきました。TOHOシネマズ西宮OSです。
前回はIMAX3Dを109シネマズエキスポシティで見ています。
初回はTHXシアター2Dでイオンシネマ茨木で見ました。

音が素晴らしくいいのはTHXです。
最初のテーマ曲が流れる音のクリアで素晴らしいこと。この曲がとても美しく
クリアに耳に入ってくるのはやはりTHXシアターだと思います。
IMAX、MX4Dの音もそれなりにいいとは思いますがどこかクリアなイメージに
欠けるような気がしました。

映像で素晴らしいのはIMAXです。ファルコンチェイスといわれるファルコン号が
最初に登場するシーンでスクリーンいっぱいに画面が広がり通常の1.5倍ほどの
ファルコン号が画面に映し出されるのは圧巻で、このシーンだけでももう一度みたい。
レイとフィンの後ろで爆発とともに大きく上がる土煙も画面の上下いっぱいに
広がりものすごい迫力です。ここまで映像として設計ができており、それを
再生できているというのを体験できたのは貴重。
難を言えば3D眼鏡が重いのと、日本語字幕がこのシーンだけ画面中央に現れる
ことかな。下まで画面が伸びるけど字幕の位置は変わらないのです。

MX4Dは好きじゃない。画面が小さいしい映像に合わせて出てくるフラッシュや
スモークなどが「スター・ウォーズ」を見る限りでは余計な気がした。
「パシフィック・リム」のときはよかったのだけど。これも映画を作るときの
設計にによるものではないか。アトラクション的な要素をどこまで表現するのが
いいか。それがちゃんとできていればMX4Dのような上映方式でも活きてくるし
できていなければただの余計な演出になってしまう。

ところでMX4Dと4DXはちょっと違う。

MX4Dは
・シートの突き上げ ・首元への感触 ・背中への感触 ・香り ・風 
・水しぶき ・足元への感触 ・地響き ・突風 ・霧 ・ストロボ

4DXは
・シートの可動 ・風 ・水しぶき ・香り ・煙 ・風圧 ・雷 ・雨 ・泡

となっている。
大きな違いはMX4Dのほうがシートからあんま器のような突き上げがあるという
ところかな。まあそれ以外は大差ない。
ちなににMX4DはTOHOシネマズ系で4DXはイオンシネマ、コロナワールド、
109シネマズに導入されていてMX4Dはアメリカ製で4DXは韓国製とのこと
(ネットの記事を参考にしました)。
費用もかかるので3Dまでは見たとしてもそれ以上のアトラクションをもとめて
見るのはどうなのでしょう。ちょっと考えてしまいます。

さて「スター・ウォーズ フォースの覚醒」は3月25日で上映打ち切りが
発表されました。非常に異例のこと。EP4は本国では公開時1年やってたのにね。
スピンオフ作品、次回作への準備、DVD販売や映像配信など
地球規模のマーケティングをすすめているということではないでしょうか。

それにつきあわされる身としてはまだまだ始まったばかりということですかね。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 04, 2016

劇場版ガールズ&パンツァ  ~感謝塚口サンサン劇場 いい音聞かせてもらいました。 #ガルパンはいいぞ #garupan

◆お題:劇場版ガールズ&パンツァ 
◆監督:水島努 
◆声の出演:渕上舞、芽野愛衣

塚口サンサン劇場の重低音センシャサラウンド上映で見てきました。
前回のアンツィオ戦よりもやはり劇場版ということで 聞きどころ満載で
再度感動しました。いい経験をさせていただきました。塚口サンサン劇場さん
ありがとうございます。感謝です。

最初のエキシビジョンから試合中なのでガンガン戦車の砲撃の音が響きます。
椅子が音で揺れるのを感じてなんともいい感じです。
鉄の箱である戦車の中で弾が当たった時の音もよかったです。
そして後半のカール自走臼砲(じそうきゅうほう)の砲弾の炸裂する音。
設定では直径60mmの超巨大砲弾を発射することになっており、この音が
素晴らしく迫力がある。同時にその音には何種類かの音の組み合わせが
あるようでそれぞれが聞き分けられるような気がした。前回見たときには
迫力ある音とはおもったが、通常の爆発音に近い印象だった。明らかに
聞こえてくる音質が違う。これも体全体が震えるような感覚を味わった。
次に素晴らしかったのは通称ミフネ作戦の観覧車のゴロゴロ転がる音。
爆発音とは違って鉄の輪がゴロゴロと転がっていく時に発するきしむ音や
ものとぶつかる音が繊細で素晴らしい。聞きごたえがある。
こういう音の設計について決して詳しいわけではないが、
ちゃんと設計されていてそれをちゃんと再生できているというのを感じる
ことができるのがうれしい。そういう場をちゃんと作ってくれた劇場に
感謝します。ツイッターではちゃんと音響監督が劇場を訪問して音のチェックを
したとのツイートがあった。そこまでのこだわりがうれしいです。

映画については改めてキャラや世界感、戦車の名前、エピソードを文献で
おさらいしてみたので細かい遊びまで味わうことができた。
また自分の道を捜すというのがこの映画のテーマで、高校生の頃なんて
みんな勉強と部活に追われて進路に悩んでというのが当たり前でその中で
こんなにも出会いがあり、必死になるものがあってと素晴らしい青春映画に
なっています。昨日の敵は今日の友、8両で30両の戦車と戦うことになった時に
友となった皆が駆けつけてくれた時、ほんと感動です。

そして戦車というかメカへのこだわりもいいです。かなりのブレーンがついていて
それぞれがエピソードとして物語に組み込んでいるところまであっていいです。
改めてよくできていると感心しました。

上映期間が延長したり、新たに劇場が増えて大ヒットとなり、さて続きはと
誰もが思っているはずで、ひそかに期待しています。
彼女たちが何のために誰と戦うか、納得のいく設定があればお話は作れると
思うのですがいかがでしょう。劇中にはプロリーグの話や世界大会の話が
出ていたのでもう一度ぐらいはやってもいいんじゃないと思っています。


Dsc_0106


Dsc_0104

待合室の戦車の写真を追加しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 29, 2016

#ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です! ~塚口センシャサラウンドは凄いです。

◆お題:ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です!
◆監督:水島努
◆出演:渕上舞、芽野愛衣

塚口サンサン劇場の重低音上映で見てきました。
センシャサラウンドという名前が付けられており納得のネーミングで
その名の通りの迫力のある音を楽しむことができました。
映画は40分ほどの過去に上映されたテレビシリーズの中間ぐらいの
お話で劇場公開からOVA発売となったもので、今回は塚口サンサン劇場で
劇場版を上映する前の限定イベントとして公開されたもの。
ここまでやりますかといううれしい企画です。
さてその音ですが、いいですね。
響きが違うというか細かい音まで感じることができる。
クリアというのとは違う響きの良さがあります。
最初に驚くのは装填訓練の音。弾の重さと同時に鉄のこすれる音が
聞こえてくるのが素晴らしい。
戦車内で弾が当たっときの響きも凄い。ドラム缶の中にいて外から
たたかれたらあのような音かな。でも響き過ぎないのがいい。
当たったと感じる音が表現できていました。

余裕で見ることができると平日の夕方に行くとほぼ満席。

さて劇場版上映はどんな感じなのでしょう。
4DXも行くつもりなのですがこちらのセンシャラウンドも楽しみです。

ちなみにセンシャラウンドは昔「大地震」「ジェットローラーコースター」
「宇宙空母ギャラクティカ」の上映時に使用された<センサラウンド方式>の
音響システムのもじりですが、これってあの見に来てる若い子たちわかってる
のかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 27, 2016

#ロボット の写真   ~リアルに再現されたロボットの写真を集めてみました。


Photo
神戸市長田町の鉄人28号です。
他は期間限定なのですが、
こいつはいつもここにいます。


Photo_2
装甲騎兵ボトムズのリアルに再現されたスコープドッグです。

詳しくはこちら↓
http://eigazatsudan.cocolog-nifty.com/eigazatsudan/2013/05/11-862a.html

Img_0201
機動警察パトレイバーの98式イングラム。映画はくずだけどこれは凄いです。

詳しくはこちら↓
http://eigazatsudan.cocolog-nifty.com/eigazatsudan/2014/08/98atc-9adc.html


Dsc_0037
機動戦士ガンダムの赤い彗星シャァ専用ザクとRX-78ガンダムです。
エキスポシティのガンダムカフェ前に当分あります。
サイズはリアルではありません。

サイズがリアルなガンダムはこちら。
富士山のガンダム↓
http://eigazatsudan.cocolog-nifty.com/eigazatsudan/2011/01/post-a7ab.html

お台場のガンダム↓
http://eigazatsudan.cocolog-nifty.com/eigazatsudan/2009/07/post-15dc.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 15, 2016

バルス!

ズバリ23時22分でしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 21, 2015

デロリアンがやってきた! ヤア!ヤア!ヤア!~「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」より

2015年10月21日16時29分にデロリアンは1985年からやってきます。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」パート1のラストでホバータイプに改造され
飛行機能が備わったあのタイムマシンの
デロリアンです。85年から見て30年後はこうなっていると予想された世界がパート2の
前半で描かれていました。現実に2015年となった今と比べるどうなのでしょう。
検証(答えあわせ)してみました。

・車の燃料→バイオ燃料や電気は登場していますがバナナやジュース(ビール?)で車は動きません。

・車の飛行→高速道路は飛行することになっていますがまだ無理。滑走して飛ぶ車は開発
されたようですが、小回りが利くホバータイプのものができないと普及しないのでは。

・正確な天気予報→これはスマホのアプリで近いものがあります。

・若返りクリニック→整形は昔に比べて発達したかな。

・パワー靴紐、サイズの変わるジャケット→便利なようですが求められていないような
気がします。自動乾燥はいいかも。でもその動力源は何?

・カフェ’80→うーん当たりかも、結構80年代リスペクトされてますよね。

・弁護士制度の廃止→そこまで行ってない、というかちょっと怖い世界です。

・JAWS19→めがね無しの立体映画はないけどDSでは実現、CGはかなり発達して
予想を超えているよね。ちなににスピルバーグJrは映画を作っていない。またJAWS
シリーズは「JAWS’87」までで4本製作。数字だけなら現実のほうが勝ってる。

・ペプシのビン→形がユニークと思ったけど今じゃペットボトルが主流?アメリカも?

・ホバーボード→これはあるそうです。実験的なものが。どんな仕組みなんだろ。

・漢字のデザインの服→ビフの子分一人が来ている。これはあたりかな。日本、アジアの
漢字文化が結構浸透してますよね。

・カブスの優勝→優勝していないみたいですね。

・指紋認証支払い→生体認証はあるけど、個人の支払いができるまで普及はしていない。

・音声認識でテレビをON→スマホの音声認識が近いものかな。部屋の中で叫んで動かす
機械はまだないけどいずれは出てくるかな。

・多チャンネルTV→これはデジタル放送で実現化されたけど一気にいろんな画面は見ない。
でもデジタル放送で画面にいろんな情報がでるのは現実のほうが進んでるかも。

・大きくなるピザ→レンジでチンとすれば大きくなるピザ。うーん即席、解凍食品は
増えたけどちょっと違うかな。

・テレビ電話→インターネットの発達でパーソナルなテレビ電話が実現化されている。
劇中では固定電話に映像が流れるというもので、こちらも現実のほうが進んだ。


劇中にはパソコン、携帯電話が出てこない。これは80年代後半当時、PCのネット
ワークの考えはすでにあっても、それがインターネットとして家庭から個人レベルの
生活に入り込み、同時にデジタル技術がここまで発達するとは予想できなかった
ということかな。このインターネットやデジタルに関する技術については劇中より
現実のほうが進んでいるといえる。
しかし物理的なもの発達、空飛ぶ車や燃料については難しいといえるのか。
またグッズなどは果たして人々に要望されているかどうかで決まるからなあ。
サイズの自動調節や乾燥するジャケットなんてほんとうに必要?まあホバーボードは
スケボーの発展形で要望されたということかな。
「2001年宇宙の旅」で21世紀は宇宙旅行をしていると思って見ていたがちょっと無理で
2003年4月8日生まれの鉄腕アトムは空を飛んで正義のために戦っているはずなのだが、
まだ登場していない。約10年遅れてペッパー君が登場したけど悪とは戦えないものなあ。
「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」登場の80年代末からみて30年後のこのブレ幅と
その理由を考えてみるのは結構面白かった。その差は縮まっているよう?さてこれから
の30年はどうだろう。次はドラえもんの誕生の2112年9月3日で四次元ポケットやその他
グッズが登場しているか検証したいけどちょっと無理かな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧