外国映画

July 19, 2017

哭声/コクソン ~ なんじゃこりゃ!の韓国映画です。#映画

◆お題:哭声/コクソン
◆監督:ナ・ホンジン
◆出演:クァク・ドウォン、ファン・ジョンミン、國村隼

何じゃこりゃ? 
長年映画を見てきた者としてはカテゴライズしながら他の作品と比較し、
感想をもつようになるのだが、この作品はどういう作品なのか最後まで
よくわからなかった。
韓国の田舎の村で謎の奇病と虐殺事件が起き、近くに住む日本人が関係している
のではと疑われる。事件を捜査している警官の娘もその奇病に侵される。
果たしてその日本人仕業なのか、その正体は?
ホラー?サスペンス?ミステリー?
そんなことを考えながら楽しみはしたが果たしてこの映画のいいたかったのは何?
知ったつもりでいても実はよくわからないことはまだまだあってそれと対峙したとき
人間はどうするか?
そんな映画だったのかな。
悪魔のような形相の國村隼がいいです。だから賞をもらったのでしょう。
でもあれは一体何だったの?

まだ見ていない人は自分の目でみて確かめて。
ショック描写、血のりはそんなに多くないので怖がらなくてもいいよ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 15, 2017

#ハクソー・リッジ ~沖縄戦の英雄映画として売ることは難しいよね、やっぱり。 #映画

◆お題:ハクソー・リッジ
◆監督:メル・ギブソン
◆出演:アンドリュー・ガーフィールド

「良心的兵役拒否」ってうまい翻訳だと思った。アカデミー賞の授賞式を見ているときから
この映画には興味があった。あくまでノミネートの1本として紹介され、沖縄戦が舞台で
そこで武器を持たずに日米の兵士を救った米軍の衛生兵の物語と伝えられていたからである。
主人公デズモンドを演じるのはアンドリュー・ガーフィールド。ああスパイダーマンがまた
姿を変えてヒーローを演じたのかと安易に思ってしまいそうだが、「沈黙」でロドリゴ神父で
沈黙する神を最後まで信じ続けたことを考えるとちょっと面白い。続けて日本が舞台で
キリスト教への信仰がテーマになっているのを同じ俳優が演じているのだから。
映画の前半は子ども時代の兄弟げんかから妻となる看護師との出会い、やがて自分が
やるべきこととして衛生兵として戦地へ向かうことを決心するまでで、結構この流れに
時間を割いている。しかし少々描き込みが足りないような気がした。兄弟げんかでの
武器を手にしたことと宗教画の意味はわかりやすいが戦地へ赴くまでの動機がいまいち
弱い。というか伝わってこない気がした。訓練で武器を持たない、戦わないということが軍法会議に
なるあたりで少々ごまかされているような気がする。
しかし、いざ戦闘シーンとなると残酷大魔王メル・ギブソンの本領発揮で、これでもか、これでもかと
残酷描写の戦闘が続き、人によってはかなりつらい絵になっていたと思う。「プライベート・ライアン」
以来ではないか。もう一人の残酷大魔王スピルバーグといい勝負だ。
相手が日本軍なので日本人としては気分のいいものではないが、しかしあの艦砲射撃で
地下に生き残っていて銃剣で襲ってくる日本軍の描写はかなり米軍には脅威だったということが
わかるシーン。それでもくりかえし、くりかえし戦闘が行われ、その中でデズモンドは自分の
仕事をする。その超人的な活躍には素直に涙が出てきた。2名の日本人を含め75名を救ったと
映画の中では語られていた。一度も武器を手にせず、ひとりで戦場を走り回って、崖から
けが人をおろす。あともう一人、あともう一人と神に願いながら。このときも神は沈黙を保っていた。
そう神は見守るだけでなにもしない。人のその行いを見るだけなのだ。試されているだけ。
でも、それをわかっていて自分にできることを行う。その行為が尊いのだろう。
ネットや雑誌で調べると、デズモンドの行為はハクソー・リッジ(前田高地)に行くと看板で説明書き
あるらしい。また映画では沖縄戦しか描かれていなかったがフィリピンでも人々を助け続けたらしい。
沖縄戦といえば日本としては上陸されて戦闘があり、ひめゆり部隊や多くの一般人が巻き込まれた
戦闘であり戦場。そのことまで映画では描かれていないのはあくまでデズモンドという人物を描くた
めと理解はするが、もう少し沖縄戦というものの描き込みができなかったかだろうかと思うところは
ある。日本の将校の腹切り・介錯で首がゴロンと転がるシーンを締めとして悲惨な戦争の恐怖を
訴えるのもいいんだけどね。メル・ギブソンの父親が太平洋戦争経験者で日本軍と戦っていた
らしく、今回の映画をみて映画の日本人はよく食わせてもらっていると指摘したそう。実施には痩せ
細っていてあきらめなかったことが悲劇だったと語ったという。しかし敵として描く日本兵の描写に
手抜きは感じられなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2017

#レゴ(R)バットマン ザ・ムービー ~祝レゴランドオープン! DC映画はレゴで作るのがいい。 #映画

◆お題:レゴ(R)バットマン ザ・ムービー
◆監督:クリス・マッケイ
◆声の出演:山寺宏一、子安武人、小島よしお

前作の「レゴ(R)ムービー」も傑作だったがこちらも素晴らしい出来で
めちゃめちゃ楽しめた。
あの暗ーいDCコミック映画バットマンを逆手にとってギャグの連発。
大笑いができる。そして敵がファントムゾーン(スーパーマンのゾッド将軍が
閉じ込められているところ)からやってくるのだがDCコミックの悪役だけでなく
ワーナーブラザース映画の悪役も混ざっていて大混戦!
すべてのキャラがわからないのが残念で調べがつかない。
出てきたキャラを覚えている、わかる範囲で
ジョーカー(バットマンの敵)
ハーレクイン(ジョーカーの彼女)
キャットウーマン(バットマンの敵)
スケアクロウ(バットマンの敵)
トゥーフェイス(バットマンの敵)
ヴォルデモート(ハリポタの悪役)
サウロン(ロードオブザリンクの悪役)
スーパーマン
グリーンランタン
ザ・フラッシュ
ガンダルフ
キングコング(ワーナーじゃなくRKOか)
オズの魔法使いの空飛ぶサル軍団
他にもいろいろ。古いSF映画のキャラなどが大量に出てました。

そしてラストは感動のファミリームービーになっているのがまたいいのです。
ところでロビンの声を小島よしおが担当していることに不満の声があったようですが
全く問題なく大笑いさせていただきました。あのテンション高い声悪くないよ。




| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 28, 2017

#おじいちゃんはデブゴン ~元気だけどやっぱり年取ったなあ。#映画

◆お題:おじいちゃんはデブゴン
◆監督:サモ・ハン・キンポー
◆出演:サモ・ハン・キンポー、アンディ・ラウ

サモ・ハン・キンポー久しぶりの主演作品。幼い少女を守るために立ち上がる
元公安警察官。少々ボケが入っている年寄りの役だがカンフーの腕前は劣っていない。でもねサモハンの見せ場は中盤と終盤に集約されていてさらにそのアクションも
移動が少ない突き、張り手、殴る、関節、体重攻撃がメインというのは仕方がないか。
(のちにインタビューで公安警察官の戦い方がこのような技を駆使したものと言っていた
が言い訳のように思えたのは私だけか?)
少女の父親、チンピラ親父の役がアンディ・ラウ。あのイケメン顔で全く似合っていない。
製作もやっていて出たいといったら決まっていない役がこれだったとか。もっと似合った
人がすべき。結構ダメな父親です。
なにもしないで椅子に座っている見覚えのある三人の爺さんが
ツイ・ハーク、カール・マック、ディーン・セキ。
80~90年代の香港映画ブームを作った彼らのカメオ出演が泣かせます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 25, 2017

#皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ ~チケット買うときタイトルが言いづらい。 #映画

◆お題:皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ
◆監督:ガブリエーレ・マイネッティ
◆出演:クラウディオ・サンタマリア、イレニア・パストレッリ

「鋼鉄ジーグ」は「マジンガーZ」の少しあとで、私は小学校高学年になっており
それほど興味があったわけではなかったが、弟と一緒に見ていた記憶がある。
あの磁石のロボットのおもちゃは覚えがあるなあ。
主題歌も聞いて思い出した。 YouTubeで第1話を配信しており、見るとそれなりに
思い出がよみがえった。
さてこの作品が遠くイタリアへ渡ってその国の子どもたちの心に浸透し、日本にこういう
映画として帰ってきたというのはうれしい。
今までフランスの「UFOロボグレンダイザー」、韓国の「ボルテスV」、
ハワイの「人造人間キカイダー」と日本のアニメ特撮が話題になって受け入れられた
例は多いがそれがこのような形でかえってくることはあまりない。
真似、模倣、単に好きですと映像化したのではない。

時計を盗んで警察に追われている町のチンピラエンツォが逃げて隠れた川岸の小屋で
放射能物質を浴びてしまう。苦しんだ翌朝、次の仕事で仲間に裏切られるが
そのときビルから落ちても死ななかった自分の異変に気づく。そしてその力を
使ってATMを盗むなど決して正義に目覚めるのではないが、仲間の鋼鉄ジークファンの
娘アレッシアにその力の使い方を諭されることになる。
彼の力に気づいたボスはその力を自分自身も手に入れテロを計画。同じ力を手にした
二人は戦うことになる。

映像は結構ハードでダーク。
マーベル的な明るさはなくどちらかといえばCD的かな。
でもそこに根底に流れる正義とは、ヒーローとは、この驚異的な力はどう使うべきか
というテーマはわかりやすい。ダークな映像としては重くのしかかる雰囲気との
バランスがいいのだ。

ところで元になった日本のアニメ「鋼鉄ジーグ」ですか
1話を見なおして主題歌思い出し、ストーリーもなんとなく思い出しました。
永井豪のロボットアクションものですが、当時のロボットアニメらしく結構野蛮で
今にしてはびっくりな展開。
まず父親は息子であるヒロシを改造手術してアンドロイドに。本人は気づいていない。
ヒロシはレーサーで事故にあって死ななかったことでわかるというもの。
またアンドロイドが変身してジーグの頭に変形、動体、腕、足が飛んできて合体と
ちょっと変わった変形合体ものでこれが磁石のおもちゃになっていて、動体の
いろんなところに頭がつっくいて面白かった。
父親は自分の頭脳を電子計算機に移して命令を出すという設定も今から考えると
かなりマッドな設定かと。
主題歌で悪の組織、もともと地球を支配していたハニワ原人を全滅させると歌って
いるところもなんとも過激。
なお劇中出てくる映像はすべて第1話の映像だったと思います。

最初に出てくる日本語でタイトルが表記されるのですが、これ実はイタリアでも
このように表示されたとのこと。監督が邦題を翻訳して入れていたとのこと。
また最後に流れる歌はイタリア放送時のイタリアで作詞したものだそうで、
この歌の歌詞のほうがかっこいいなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 21, 2017

#ゴースト・イン・ザ・シェル ~肉襦袢にしか見えない光学迷彩 #映画

◆お題:ゴースト・イン・ザ・シェル
◆監督:ルパート・サンダース
◆出演:スカーレット・ヨハンソン、ビート・たけし

失敗しているだろうなと思っていたらやっぱり失敗していました。
少佐の誕生の秘密と陰謀の物語になっているのがそもそもの間違い。
アニメ版(1995年)は電脳世界がまだSFの時代で、素子がそこで生きていくことになる
までのお話。ネットで世界がつながり始めたころだったので見る側に想像の余裕が
あった。なので
「ネットは広大だわ」
というラストの台詞が印象的だった。
これが元となっていろんな、あらゆる電脳世界が描かれて今じゃ麻痺してしまっている。
そこへ原点となった作品を作っても・・・。こんな話にしかならんわな。
技術が進み、光学迷彩など見せ場は多いがアニメのほうがよかったな。
今回のあの光学迷彩服、肉襦袢にしか見えなかった。エロくもないし。
それに「人形使い」が出てこないのもなあ。
あの世界での公安ってどういう存在なのかな。日本の話ぽくなかったけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 18, 2017

#美女と野獣 ~ダメ、面白くない。 #映画

◆お題:美女と野獣
◆監督:ビル・コンドン
◆出演:エマ・ワトソン、ダン・スティーブンス

ダメ、全くダメ、私には受け入れることができなかった。
アニメは素晴らしかったのにそれをそのまま実写化して細部リアリティを持たせるように
補足があるのだが、全体の雰囲気がただの焼き直しでつらない。
アニメ版は最初英語版のみ公開という時代、のちに日本語版が公開され、作品の
よさから名作ミュージカルとなった。あの二人の舞踏会のシーン、シャンデリアから
カメラが下りてくるのを1カットで見せるCGシーンにはぞくぞくした。当時一部にあのように
実験的にCGを組み入れてシーンを盛り上げるのに使っていたのが効果的で、
「オリバーニューヨーク子猫物語」でも橋のシーンで同様の見せ場あり、ディズニーの
技術に関心していた。
だが今回ほぼ全編にCGを使って見せるのには飽き飽きし、ミュージカルシーンも
それほどの工夫がなく見ていて退屈、そして極め付けが魔法にかかった野獣の家来
たちかわいくない。本当にかわいくない。チップ、ポット夫人のあの平たい平面的な
顔はなにこれ!って感じ。野獣も正直醜い野獣ではなくかっこいい野獣なのが良くない。
どこか怖さや気味悪さを出さないと。
最後の村人の襲撃シーンも理解できないし、アクションシーンは宮崎駿LOVEで
カリオストロの城からシーンをまねているなんて最悪。オリジナリティないのか!
尊敬していますでシーンをまねる、借用するはある程度受け入れるが、しかし
芸がなさすぎで・・・。
大ヒットはするのはわかる、わかるけど私は認めない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 16, 2017

#グレート・ウォール ~ 万里の長城は宇宙怪獣から中国を守る壁! 

◆お題:グレート・ウォール
◆監督:チャン・イーモウ
◆出演:マット・デイモン、アンディ・ラウ、ジンティエン

レジェンダリーフィルムが中国資本に変わった時にゴジラとキングコングが万里の長城で
戦うなんてことがあったらヤダなって思っていた。
でも中国人は考えることが単純なのか、万里の長城(グレートウォール)は絵になるという
か観光資源でもあるのでそこを舞台にして怪獣映画を作ってしまったのがこれ。
怪獣を全面に出して宣伝していないので知らずに見た人はちょっとビックリの映画
だったかも。

万里の長城を築いたのは宇宙怪獣の襲撃から中国を守るためという奇想天外なお話。
群れでやってくる怪獣・饕餮(とうてつ)と戦うのはマット・デイモン。
中国側のヒーローはアンディ・ラウ。なんと「インファナルアフェア」と「ディパーテッド」
役者が顔を合わせた。また中国人女戦士役がジン・ティエン。かっこいいのだがこれが
「キングコング髑髏島の巨神」で何もせずに生き残ったあのモナークのメンバーの一人。
ここまでアクションできるなら「キングコング」でも戦ったらよかったのに。やられキャラかと
思ったら最後まで生き残り何のために出てきたのかわからないと思っていた。
もしやレジェンダリーは彼女のご先祖様は中国で宇宙怪獣と戦い、その血筋で代々
怪獣研究が受け継がれやがて現代、モナークに参加するにまで至ったというような
ストーリーを考えているのかしらと思った。この人次は「パシフィック・リム2」で
イェーガーのパイロットをやるという。いいぞ!レジェンダリー、この勢いで
パシフィック・リムとゴジラを融合してメカゴジラ、メカニコングを作って菊地凛子が
メカゴジラ、ジン・ティエンがメカニコングで怪獣と戦う映画作っちゃえ!
またまた妄想です。

「グレート・ウォール」の話に戻りますが怪獣に思入れがないので描写があっさり
しています。この怪獣、結構賢いようなんけど群れでくる大きなネズミのようで
あんまり好みじゃない。様々なアイディアで戦闘シーン、アクションは見ごたえあり。
こんな戦い見たことないシーンがいっぱいでそこは面白く、まあ最後まで面白くみれました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 15, 2017

#キングコング髑髏島の巨神 ~早くゴジラとの対決がみたいなぁ #映画

◆お題:キングコング髑髏島の巨神
◆監督:ジョーダン・ボート=ロバーツ
◆出演:トム・ヒドルストン、ブリー・ラーソン、サミュエル・L・ジャクソン

好きになった映画、面白いと思った映画についてはなかなか書くことができなかったり
する。ましてやこの4月から仕事が忙しすぎて毎日がヘトヘト状態。自分ではまだ老体
とは思っていないが疲れればパソコンに向かっても何も書けない日が続いてしまう。
なので今頃春に見た映画の感想です。
今度ゴジラと戦うことが決まっているキングコングです。
あのレジェンダリー版ゴジラがこのキングコングと戦うのです。
まずはどんな敵か気になるところ。
申し分ないです。でも、でもです。

1973年のベトナム戦争後にアメリカ軍はモナークの護衛で髑髏島へ。
モナークはあのゴジラなど巨大生物を昔から研究している組織で、人工衛星が地球を
隈なく監視する時代に伝説の髑髏島を発見し調査に向かった。そこで見たものは
キングコングを始めとする巨大な生物だった。

コングは最初凶悪な野獣のように見えるが実はこの島を守る神のような存在で
島を守るためによそ者は許さない的なもの。
その力は圧倒的だけどこか人間との意思疎通がみえたりもする。
このあたりはオリジナルのコングの設定継承だったりする。

さて怪獣に思い入れがないから素敵な怪獣はいない。奇妙な造形、昆虫的だったり
してちょっと残念。コングの敵となるスカル・クローラーも2足歩行というのがなんとも
奇妙でちっとも強そうでない。かっこよくもない。これがトリの戦いというのはちょっと
残念だったけどまあいいです。
ゴジラがいますから。

ところで大タコとの戦いは感動もの。なぜかって、東宝キンゴジでコングが戦った
から、その再現と思ったから。でもこれがなんとイカだったあとで聞いてびっくり。
うーん川に棲むイカか・・・・。まあ怪獣なんでいいけど。

今回コングの身長が約30メートル。レジェンダリーゴジラが108メートル。
今度のコングはゴジラの3分の1の身長。一般人の大人身長の3分の1となると
赤ん坊ぐらいかな(170÷3=56.7)。
これでは勝負にならなん。
映画ととして絵的に面白くない。
どうやって戦うのか。
やっぱりがっつり組んで富士山バックに勝負してほしい。
となるとキングコングが巨大化するしかないか。
放射能で大きくなるとか外からの影響で巨大化させるしかないだろうね。
ゴジラを小さくするのも違うし。
もしかしてVSとしておきながら実は協力してもっと巨大な敵に挑むとか、
いやそれは・・・・今回はやめてほしい。

とにかく妄想が広がって待ちきれません。
実はIMAXの後に4DX版も見たかったのですがいけなくて・・・。
怪獣映画と4DXは相性がいいので期待していたのですが、残念。

さて、映画の最後の最後にゴジラの咆哮と他の巨大生物の姿の影を
見ることができました。
レジェンダリーゴジラは現代(2014年設定)なので1973年からみると
40年先の未来となりしかし戦後の南海での原水爆実験は実は巨大生物駆除
のためだったという事実その真ん中でコングの存在がどうなるのでしょう。

そして三大怪獣登場次回作「キングオブモンスター」は一体・・・。
妄想がとまりません。
きっと私なんかが考えるよりもっと壮大な設定とドラマになっていると
期待しています。
公開は2019年とのこと。そしてコングとの対決は2020年夏の予定で
東京オリンピックより早くに見ることができそうです。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 28, 2017

#イップ・マン 継承 ~香港映画でのびのびと演じるドニーが見れます。 #映画

◆お題:イップ・マン継承
◆監督:ウィルソン・イップ
◆出演:ドニー・イェン、マイク・タイソン

イップ・マンシリーズ第三弾です。ドニー・イェン主演でウイルソン・イップ監督作品の
「序章」「葉問」に続くのが「継承」となります。
(ですが日本での公開は「葉問」→「序章」とさかのぼってましたよね)
また、同じイップ・マンを描いていても「誕生」「最終章」とは別物となります。
どれもイップ・マン師匠をヒーロー化、脚色されているようですが、それぐらい有名な、
現代のヒーローなんでしょうね。
「トリプルX:再起動」でハリウッドに行っても大活躍のドニーが前作に続いて
イップ・マンを演じています(といっても撮影はイップ・マンの方が先)。
ちゃんと香港でも大活躍しているのはうれしい。でもどちらかというとやっぱり
香港のほうがのびのびやっているように感じる。
香港で道場を開こうとしているイップマンが町を牛耳るアメリカ人と戦うという
勧善懲悪もの。見せ場多いがマイク・タイソンとの勝負は見ものです。
その半面家族への思いも十分に描かれていて、妻が不治の病となり懸命に
尽くすあたりはちょっとこちらが恥ずかしくなるようなシーンが見られます。
前2作は詠春拳の誕生と確立、ブルース・リーとの出会いというのが
作品としての見どころだったのですが、今回はアクションには大満足ですが
内容、エピソードとしては作る意味はあまり感じられなかったのがちょっと残念でした。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧