外国映画

November 18, 2017

#海底47m ~夏はやっぱりサメ映画。もう秋だけど…。 #映画

◆お題:海底47m
◆監督:ヨハネス・ロバーツ
◆出演:マンディ・ムーア、クレア・ホルト

夏に見ることができなかったのを塚口サンサン劇場で補完。
面白かった!やっぱり夏は海とサメ映画!
息苦しい映画で酸素は必要になります。
ダイビングやってる人は見ないほうがいいかも。
恋人と別れた姉を励ますために妹旅行に来た二人。
なんとか新しい人生を歩みはじめようと心が動き出したときに
その旅行先で檻に入ってサメを見るツアーに参加。
その檻のワイヤーが切れて美人姉妹は海底へ。
酸素は残り少なく、檻を出ればサメに襲われる、急いで海上に出れば潜水病になる、
さてどうやって助かるのか?
塚口サンサン劇場の特別音響がさらに息苦しさを増して大変!

さてネタバレになりますが、
楽しみにしている人は以下は見てから呼んでね。

この映画、めちゃめちゃ面白いのにラストのオチが気にいらない。

夢落ち。

そう助かったとおもったら姉の妄想、幻覚とは。
せっかく人生の再出発をきったときにこんな悲惨な目にあったのだから
そこは嘘でも、荒唐無稽でも助かってほしかった。
そのほうが娯楽映画としてすっきりする。
あのラストは無いんじゃない。
あのラストは救いがなく悲惨だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 29, 2017

#ダンケルク ~次世代IMAXに期待したのですが・・・。 #映画


◆お題:ダンケルク 
◆監督:クリストファー・ノーラン
◆出演:フィオン・ホワイトヘッド、トム・グリン=カーニー

今年一番の期待作で次世代IMAX上映の本領発揮、どんな映像を見せてくれるのか
メチャメチャ期待していたクリストファー・ノーラン監督作品「ダンケルク」。
画面がフルサイズで上映されるのは日本ではエキスポシティだけ。
予告編でかなり期待度があがる映像を見ていたので本編では
本当にどんな映像になるのか、本当に、本当に、期待していた。
そして映画が始まって、最初の町の戦闘から逃げるシーンを見て、心が、体が震えた。
監督は戦争を体験させる映画を作りたかったのだと確信。
私のテンションはMAXに!
でも話が進むと中盤以降から妙な違和感が画面から、
 あれ!?、画面が上下切れてる。
あっ!また伸びた。
で気がつくとフルサイズ、通常サイズを繰り返していた。
後半はその繰り返し。
どうやら通常サイズで撮影した部分もあるらしく、
全体の7割ほどがフルサイズらしい。
(「ハドソン川の奇跡」は全編IMAXフルサイズだった)。
これには落胆した、惜しい、それがメチャ惜しい。
それが気になって後半物語に集中できなかった。
だって画面サイズが変わるのは意味あるのではと思うじゃん。
でもそれが感じられない編集。どう見てもずさん。
例えば「スター・ウォーズフォース覚醒」ではファルコンチェイスと呼ばれるファルコン号が
登場するシーンの約7分がフルサイズになる。ファルコン号登場シーンと戦闘シーンが
画面いっぱいに広がってIMAXのフルサイズを楽しませてくれた。
「キャプテン・アメリカ シビル・ウォー」では空港でのアベンジャーズ内の対立が
戦闘となるシーンがフルサイズに。ここであのアントマンが巨大化!と画面サイズを
変えてより大きく見せて楽しませてくれました。効果抜群!
どちらもDVDでは見れないシーンです。
なのにこの「ダンケルク」は・・・。もっとやりようがあったのでは。
もしかして何かの間違いではないかと思い帰りに劇場のスタッフに聞くと
これが正しい仕様ですとの返事がかえってきた。
ホームぺージに確かに書いてありました。
残念。
あそこまで映像にこだわる監督なのにこんな作品になっているとは。
内容は悪くない。
むしろ通常のIMAX、もしくは普通サイズの画面で見たほうが面白かったのではないか
と思ってしまった。
時間、お金があれば別の劇場で見直すのですが・・・まあいいか。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 13, 2017

#ベイビー・ドライバー ~面白いかもしれないが好きになれなかったなぁ #映画

◆お題:ベイビー・ドライバー
◆監督:エドガー・ライト
◆出演:アンセル・エルゴート、リリー・ジェームズ

カーアクション映画としては面白い。「ザ・ドライバー」「ドライブ」を思い出した。
主人公の設定も面白く、ラブ・ストーリーに発展していくのもああこんな
アメリカ映画いいな、懐かしいなとは思った。
でもあの音楽とのシンクロは好きじゃない。
正直音楽には疎い筆者としては残念ながら単にうるさく曲にものれなかった。
登場する曲は一体どういうものなの?歌詞の翻訳もなかったからシーンと
シンクロさせた意味があったのかも分からない。
鑑賞後この作品はかなりあの「ザ・ドライバー」に敬意を払った作品であることが
わかった。でもセンスにはちょっと理解しがたいものがあった、というか感じなかったなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 12, 2017

#新感染 ファイナルエクスプレス ~このタイトルいいと思うけどなぁ 今年のべスト1候補です。#映画

◆お題:新感染 ファイナルエクスプレス
◆監督:ヨン・サンホ
◆出演:コン・ユ、キム・スアン

韓国発の列車パニック×ゾンビ映画。
傑作でした。
素晴らしい。
感動ものです。
昨年の「アイ・アム・ア・ヒーロー」はオマージュ的な作りでどこかで見たことある作り
でしたが、こちらはパニック映画の王道を走り感動もの。ゾンビはあくまで状況であって
ちゃんと人を描いているのがいい。父と娘、妊娠中の妻とその夫、若いカップルと
その部活仲間、老姉妹などなど。
ゾンビ撃退のアイディアもユニークで「ワールドワーZ」ぽいゾンビでもさすが韓国、
こちらのほうがパワフル。
新幹線という密室空間を使っての救出、脱出劇もいいね。「新幹線大爆破」や
「カサンドラ・クロス」「ハンデット」を超えた傑作となったのではないでしょうか。
見ていて思ったのは社会性を取り入れた演出。
政府批判などものすごく感じる。
あの修学旅行生が多く死んだセウォル号の悲劇に似た状況も感じるし、
国が発する情報への不信、そして韓国と北朝鮮との関係を模したような状況
などが盛り込まれておりそれが映画として楽しめるのがいい。
ソウル発プサン行の新幹線の感覚がちょっと良くわからなかったのだが、
韓国の2大都市を結び、約片道2時間半程度で運行しているらしい。
このスピード感、距離感、土地勘があればもっと楽しめのにと思う。
今どこまで逃げてきて、あともう少し・・・。というようなものがわからないのが
つらかった。ちなみに他の列車はどうなっているのか、この列車の線路はふさがれて
いないのかなどの疑問も上がってくるが巧みに設定されているのに感心した。
ご都合主義といえばそこまでだが、よくできている。
ゾンビ映画でありながら人体破壊、人肉食シーンがないことがこの映画を見やすく
してくれたのがよかった。こういうシーンが増えると見づらくなるので。
真のゾンビ映画ファンには物足りなかったようだが。
希望のある?いやもしかすると残酷なラストまでとてもとても楽しませてくれた。

前日譚のアニメ「ソウルスティション/パンデミック」(監督が同じ!というかもともと
アニメ映画の監督らしい)も公開。
こちらも結構楽しませてくれました。

ところでこのタイトル「新感染」って悪い? 新幹線とひっかけていいタイトルだと
思うのですが・・・。
この作品、今年のベストワン候補です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 02, 2017

#スキップ・トレース ~ジャッキーはアクション引退したのでは? #映画

◆お題:スキップ・トレース
◆監督:レニー・ハーリン
◆出演:ジャッキー・チェン、ジョニー・ノックスビル

中国観光大使に成り下がったジャッキーチェンのロードムービー? いや観光ムービー。
香港警察のジャッキーがロシアにいる詐欺師をつれて香港まで陸路で縦断。
できるかそんなこと、と思いながらもまあコメディなので深くは突っ込まない。
モンゴルやら、中国の奥地? 秘境と思われるところを悪者に追いかけられながら
逃げる、逃げるの脱出劇。そのアクションが楽しいが少々中盤ダレル。
ファーストシーンと意外なキャストでエリック・ツァンが登場はうれしい。
コメディから「インファナル・アフェア無間道」まで多彩な役柄をこなしてきた香港の名優が
おいしいところをもっていく。
リチャード・ンもカメオ出演していて80年代の香港映画の懐かしさが
蘇ってきた。この人も脇役が多いが印象深い人。
さてジャッキー次は「カンフーヨガ」、ジャッキーがインド映画で踊ります。
あれ?ジャッキーはアクション引退したのでは?

「レイルロード・タイガー」を見逃しているのが悔やまれます。
だって最近ジャッキーの映画はなかなか拡大で公開されないんだもの。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 29, 2017

ELLE(エル) ~期待外れ。でもヒットしてるのはなぜ? #映画

◆お題:ELLEエル
◆監督:ポール・ヴァンボーヘン
◆出演:エマニュエル・ユペール

結構客が入っていたのは驚いた。
ファーストシーンからテンション高い。レイプの最中から始まる。
さすがP・ヴァンボーヘンと思ったらそれ以後不発。
女の復讐劇を期待したのだがそうじゃなかった。
なにこれ?浮気や不倫の、あいつとこいつがくっついてと妙に複雑でエッチな関係が
描かれ、肝心の犯人はあれかよ。
もっとアクティブな女の復讐劇が見たかったなあ。
「ブラック・ブック」みたいなのを期待していたのにつまらんかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 28, 2017

#ワンダーウーマン ~プリンセス・ダイアナって 別人思い出しちゃう。 #映画

◆お題:ワンダーウーマン
◆監督:パティ・ジェンキンス 
◆出演:ガル・ギャドット、クリス・パイン

「スーパーマンVSバッドマン」の暗さは本当にどうにかならんのかいと思った。
でもワンダーウーマン登場シーンだけは面白く見れて、ちょっと光が差してきた気がした。
そのワンダーウーマンの誕生のお話です。
少々笑いの要素もあってDCのシリーズとしては面白かった。神と人間の娘、女ばかりの
島で育った女戦士であり、プリンセス。正面から正義を貫くその素直さがいい。
アクションの見せ方、緊張と緩和、間の取り方がうまい。
この方向で「ジャスティスリーグ」を作ってくれたらいいのだけど・・・。
「ダークナイト」の呪縛から早くぬけだしてほしい。
舞台は第一次世界大戦で、戦争が、武器が近代化した時代の物語。
世界を平和へ導いていく戦いと信じて参戦するワンダーウーマン。
ところで「ワンダーウーマン」を知ったのはずいぶん前。リンダ・カーターのテレビドラマ。
でも当時は見ていなくて、いまだに見たことがない。私は「バイオニック・ジェミー」派
だったので見ていなかった。またいつ大阪では放送しているか知らなかったとういのも
あって見ていない。なんかあのコスチューム、いかにもという感じがして・・・・。
でも今回復活の彼女はちょっとかっこよかった。時代がついてきたということか。
さて、いよいよ「ジャスティスリーグ」始動! 期待していいのかな。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 27, 2017

#スパイダーマン ホームカミング ~おかえりなさいスパディ!でもあんまり面白くない。 #映画

◆お題:スパイダーマン ホームカミング
◆監督:ジョン・ワッツ
◆出演:トム・ホランド、マイケル・キートン

「アベンジャーズ」のスピンオフのような内容でソニーピクチャーズとしては納得いかない
ところかも。本体はディズニーがしっかりつかんで離さないということか。
バッドマン→バードマン→今回ヴァルチャーと演じたマイケル・キートンがミソ。
でも本当の悪には見えないのが残念、というか彼と本当に戦う必要があったのか?
そんなに悪人には見えなかった。トニー・スタークの見つからないように、自分たちの
生活を守るためにだけに悪事を働いている優しいお父さん。それがもっと強烈な悪人に
変貌するのかと思ったけどそうじゃなかった。
まあ次回につながるキーマンみたいだけど・・・。
今回は大いなる力を持った責任ということに苦悩し成長したスパイダーマンではない
ところがなんとも味気ない。見た目は派手で面白いが高校生のガキが騒いでいるだけに
見えてしまい、トニー・スタークとの関係も薄くて物足りない。
スパイダーマンのスーツがアイアンマンのスーツ亜流のようで面白みがない。
今後どの方向に話が広がるのかで面白さが変わるとは思うけど・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 13, 2017

トランスフォーマー最後の騎士王 ~見る価値なしのマイケル・ベイ節前回のロボットアクション映画です。 #映画

◆お題:トランスフォーマー最後の騎士王
◆監督:マイケル・ベイ 
◆出演:マーク・ウォールバーグ、アンソニー・ホプキンス

評判の悪さを確かめる結果となりました。
今回で終るのかと思って見ていたらまだまだ続く伏線を残して終了。
どうもアニメとか原作のモチーフをまだまだ取り込みたいみたいです。
アーサー王伝説など世界の歴史にトランスフォーマーたちがかかわって
来たというアイディアは面白いし好き。
日本の侍との写真は一体何があったのか知りたいね。時代的には幕末かな?
でもアクションの見せ方がへたくそで単調になってしまうのに閉口する。
変身シーンも何が何かわからず、ロボットもののかっこよく見せるシーンも皆無で、
ラストの勝利シーンですらこれで終り? といった印象。
シーンや絵に意味がなくその組み合わせが単なる羅列でデタラメにしか見えない。
音楽も台詞も落ちつきがなく騒がしいだけ。
これで2時間半はつらいです。
俳優はちゃんと演技のできる人を連れてきているのだから、ちゃんと演出して、
緊張と緩和、間の取り方、絵の見せ方には動体視力がついていける
そして複雑にならずにもっと単純に楽しめる話にしてほしいなあ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 06, 2017

#T2 ターミネーター2 3D ~劇場版の3D化でした。名作です。#映画

◆お題:ターミネーター2 3D
◆監督:ジェームズ・キャメロン
◆出演:アーノルド・シュワルツェネッガー

 「T2」の3D化作品。フイルム撮影の部分の3D化は少々違和感あるけど奥行き感が
あってよかったがそれだけ。別に3Dにしなくてもいいじゃんと思った。それより3D化
にあたって「特別版」が劇場公開されるのではと期待したが「劇場版」でした。
個人的には「特別版」でT-800が父親代わりとして送られ、疑似家族を形成し、
そして機械も学ぶことで出来、機械扱う人により家族でも武器にでもなるというテーマが
明確になってくると思っているのでそれがスクリーンで見ることができないというのは
残念でした。でもまあ今見てもほんと遜色ない。
アクションの間のとりかた、編集というか物語の流れの緊張と緩和のリズムがうまい。
これをちゃんと解釈というか理解したうえで自身の映画に取り込んでくれればいいが、
派手なアクションの連続にアイディアを絞って並べているようなだけの今の映画が
多く、一度ちゃんと「T2」見直して良さを見習ってほしいなあ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧