日本のテレビドラマ

November 26, 2018

2018秋テレビドラマ  ~不作です。

不作、凶作の秋じゃ、秋のテレビドラマ、これは自然災害の影響か?!

「スーツ」
設定がダメ、あの若い偽弁護士がバカ(劇中は天才)なのが
続けて見る興味を失い2週目で断念。

「僕らは奇跡でできている」
まだ見ることができる作品。変な恋愛ものより面白い。
いろんなものの見方を変えた考え方が劇中にちりばめ
られているのがいいが、めっちゃ面白いレベルまでは
達していないけどまあ居心地が悪くない。

「中学聖日記」
うーん、「高校教師」的なものを連想していたのだが
違うなあ。相手が中学生だものなあ。でも中学生に
見えないよなあ、あの男の子。まあ先生も先生に見えないか。

「獣になれない私たち」
軽快な出だしであったことは認めるが、果たしてこのドラマ
どの方向にむかっているのか?キャラが立っているとは
思ったけどよくなっていくかな?エンジンのかかり具合が
よくなくて失速しそうに見えるのだけど。

「黄昏流星群」
そんなに会社を恨んでいる主人公に共感できない。ちょっと
類型的に描きすぎではないか。会社に勤めているならそれに
従い、常にその状況に意味を見出すのが勤め人ではないか。
そこに恋愛が絡むなんてナンセンス。

「大恋愛 僕を忘れる君と」
最初はどーなるのだろうと思ったが結構いける感じになって
きた。もの忘れがおおくなっている自身を照らし合わせ怖く
なる部分もあり興味深い。


「昭和元禄落語心中」
アニメ版が傑作でドラマ版はどうなるかちょいと不安に
思っていたのが的中。でも最後まで見るか。


「下町ロケット ゴースト」
同じ、何も変わらん。
まあそれが安心して見れるという層がいるのだろう。
王道といえばこれも王道か。普通ドラマに出てこない
キャストが結構いい味を出しているもの興味をひく
ところかな。でももうそろそろ飽きられるのでは。


「まんぷく」
満腹どころか不満。
内容も絵もロケも脚本も出演者も演技も、
これが大阪の朝ドラだよね~って思って作っている気がして
ならん。安藤サクラのあざとい下手な演技がどこかでスイッチが
切り替わって朝ドラではもったいない素晴らしい演技を
見せてくれるものと思って見続けていますが果たしてそんな
日は来るのだろうか?


「警視庁捜査資料管理室(仮)」
BSフジの月曜23時~放送中の30分ドラマ。途中から見はじめたが
はまりました。今期はこれが一番面白いかも。過去の資料をデータ化
するために読み始めると疑問点が出てきてそれを検証する主人公。
密室劇で一人毎回事件の真相を暴いていくのだかそのドラマの見せ方が
面白い。ナレーション、台詞、文字、画像資料などを多用しかなり濃い
情報が量が30分のドラマに詰め込まれているが、製作費はめっちゃ安い
と思われる。で、これがコメディなのよ。一遍見てみて。


「警察庁長官狙撃事件」
NHKの未解決事件のスペシャルドラマ。先日デレクターズカットも放送。
オーム真理教の仕業とされた警察庁長官狙撃事件の真相を追及する。
内容も凄いけど、犯人とされるスナイパーも凄い、その人物を演じる
イッセー尾形は本当に凄い。凄いしか言いようがなくて申訳ないが、
こういう作品が出てくるとメディアの力というものを信じたくなる。
この作品がきっかけで大きく何かが動くのか?今後も注目したい。






「絶対零度 未然犯罪潜入捜査」
「義母と娘のブルース」
「健康で文化的な最低限度の生活」
「高嶺の花」
「グッドドクター」
「チア・ダン」
「この世界の片隅に」
「バカボンのパパよりバカなパパ」
「半分、青い。」
「探偵が早すぎる」
「透明なゆりかご」
「宮本から君へ」
「孤高のグルメ7」
「幸色のワンルーム」
「ウルトラマンR/B(ルーブ)」
アニメ「はたらく細胞」
アニメ「深夜天才バカボン」
みんな結構面白かったよな、
夏はやっぱり豊作でした。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 18, 2018

2018年夏ドラマの初期感想 


「絶対零度 未然犯罪潜入捜査」
うーん、このシリーズ好きなんだけど毎回ネタを変えてくるのが
果たして吉と出るか凶とでるか?沢村一樹は今のところ微妙。

「義母と娘のブルース」
期待していなかったが今期これが一番おもろい、笑える。
サイボーグ綾瀬はるかがどこまでつらぬきとうせるのか?
ネタフリもいろいろあって期待してしまいます。

「健康で文化的な最低限度の生活」
重い話を軽く見せてくれるのかと思ったが、それなりに重い。
井浦新がいい味出しています。吉岡里帆は好きなんだけど
この役うまくこなせるのか? ちょっと心配。


「高嶺の花」
石原さとみがいい。この世界観で最後まで面白く見ることが
できるのかな?

「グッドドクター」
元ネタの韓国ドラマは未見。でもきっとうまく日本版アレンジが
できているのだろう。

「チア・ダン」
金曜ドラマTBSの学園ものの王道に期待。土屋太鳳ちゃんまだ
高校生演じれます。これが最後か?

「この世界の片隅に」
いいね。アニメとは違ったアプローチがある。でも戦前、戦中の昭和が
どこまで再現できるのか。ちょっと朝ドラ風でもあります。

「ウルトラマンR/B(ルーブ)」
兄弟でそれぞれがウルトラマンに変身。饒舌なウルトラマンの
キャラが今後どうなるのか?新しい試み、挑戦的なところを買います。

「バカボンのパパよりバカなパパ」
「これでいいのだ!」のアクセントが違い変。
その変さ加減にのれないでいます。

「西郷どん」
スペシャルとか放送しなくていいのではないか。

「半分、青い。」
なんか怪しくなってきた。これ面白い?最初の
イメージ、期待したものと違ってきています。

アニメ「はたらく細胞」
人体内部を擬人化したアニメで結構面白い。主役は赤血球で配達人。
みんなを守る白血球。みんな私たちの体のために日夜働き続けているのです。

と今期は上記の作品を最後まで見る予定です。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2018

#あゝ荒野 ~面白かった! 映画賞の台風の目になるか!? #映画

◆お題:あゝ荒野
◆監督:岸善幸
◆出演:菅田将暉、ヤン・イクチュン

日本映画専門チャンネル放送TV用に編集した6話バージョンで鑑賞。

今更寺山修二か、と思って映画館で見る優先順位は低かった。
前後編を見るものしんどい。正直なところ年末繁忙期に時間を作ることが難しい。
でも評価が高いのが聞こえてくるとやはり押さえておくべきかと日本映画専門
チャンネルでドラマ編集された6話連続放送を録画してちまちま見ることにした。
確かに引き込まれる面白さがあり見ているとやめることができない。
ラストの二人の対決が楽しみなってきたところでなんと録画に失敗していた。
最後の約1時間、試合シーンがまるまる録画されていない!
仕方がないので即U-NEXTに加入、ラストの試合はパソコンで見ることになった。
映像を見るのに環境を選ばない状況になっているのをひしひしと感じた。
しかしこのラストの戦いは映画館で、画面に集中できる環境で見たほうがよかったかな。

東京オリンピックが終わった近未来の東京。少年院を出てきた新治とどもりの理容師健二。
行き場の無い二人がボクシングジムに雇われプロとして生きていくことになる。
やがて自分を変えるためにお互いが戦わないといけないと悟る。
映画としては近未来の社会背景の設定が生きていないように感じられた。
舞台設定になにか意味があったのか?東京でテロが行われる世界感が
どうして必要だったのかよくわからない。
その設定が無くても十分この映画は成立するのではないか。
そしてこんなハングリーな精神を描いた映画を見たのは久しぶり。
今の世の中、満たされすぎているのだ。
それを感じることができるだけでもこの映画は見る価値がある。
主演の二人がいいし、ユースケ・サンタマリアもいい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 12, 2017

総集編を追加 #おんな城主直虎 ~サブタイトルが面白すぎる。元ネタを探って見ました。毎週更新!? 

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の
サブタイトルです。
古今東西の映画(主に)のタイトルをひねった
ものが多く笑わせてくれます。
以下元ネタと思われるものを調べてみました。
(以下は筆者の勝手な推測です)


1 井伊谷(いいのや)の少女 → アルプスの少女
2 崖っぷちの姫 → デスパレートの妻たち/崖の上のポニョ
3 おとわ危機一髪 → 007危機一発
4 女にこそあれ次郎法師 → 女子(おなご)にこそあれ次郎法師(原案となった本のタイトル)
5 亀之丞帰る → 父帰る
6 初恋の別れ道 → 初恋の来た道
7 検地がやってきた → ビートルズがやってきた、ヤア!ヤア!ヤア!
8 赤ちゃんはまだか → 憲法はまだか(NHKのドラマ)
9 桶狭間に死す → ベニスに死す
10 走れ竜宮小僧 → 走れメロス
11 さらば愛しき人よ → さらば愛しき人よ
12 おんな城主直虎 → そのまま本作のタイトル
13 城主はつらいよ → 男はつらいよ
14 徳政令の行方 → 真実の行方/告発の行方
15 おんな城主 対 おんな大名 → クレイマークレイマー
16 綿毛の案 → 赤毛のアン(これは珍妙な!)
17 消された種子島 → 消されたライセンス
18 あるいは裏切りという名の鶴 → あるいは裏切りという名の犬
19 罪と罰 → 罪と罰
20 第三の女 → 第三の男
21 ぬしの名は → 君の名は。
22 虎と龍 → 花と竜
23 盗賊は二度仏を盗む → 007は二度死ぬ
24 さよならだけが人生か? → さよならだけが人生さ
25 材木を抱いて飛べ → 黄金を抱いて飛べ
26 誰がために城はある → 誰がために鐘は鳴る
27 気賀を我が手に → 自由を我等に
28 死の帳面 → デスノート(面白すぎるやろ!)
29 女たちの挽歌 → 男たちの挽歌
30 潰されざる者 → 許されざる者
31 虎松の首 → ガルシアの首
32 復活の火 → 復活の日
33  嫌われ政次の一生 → 嫌われ松子の一生
34  隠し港の龍雲丸 → 隠し砦の三悪人
35  蘇えりし者たち → レヴェナント
36  井伊家最後の日 → 江戸最後の日/合衆国最後の日
37  武田が来たりて火を放つ → 悪魔が来たりて笛を吹く
38  井伊を共に去りぬ → 風と共に去りぬ
39 虎松の野望 → 信長の野望(ゲームのタイトルですね)
40 天正の草履番 → 天皇の料理番
41 この玄関の片隅で → この世界の片隅に(出た!!!)
42 長篠にたてる柵 → 戦場にかける橋(ちょっと違うかな?)
43 恩賞の彼方に → 虹の彼方に
44 井伊谷のばら → ベルサイユのばら
45 魔王のいけにえ → 悪魔のいけにえ
46 悪女について → 悪女について(有吉佐和子原作の小説 ドラマもあり)
47 決戦は高天神 →決戦は金曜日(ドリカムの曲、フジテレビのミニドラマ) 
48 信長、浜松に来たいってよ →桐島、部活やめるってよ
49 本能寺が変 →本能寺の変(本来は歴史用語、でも最近はニコニコなどネット上で本能寺が変な様子タグに使われているらしいです)
50 石を継ぐもの →星を継ぐもの(ジェームズ・P・ホーガン原作のSF小説)


追加
総集編のサブタイトルもGOODでした。
①「これが次郎の生きる道~城主へ」 →「これが私の生きる道」
②「直虎の覚醒」 →「スター・ウォーズフォースの覚醒」
③「逃げるは恥じだが時に勝つ」 →「逃げるのは恥じだが役に立つ」
④「井伊谷は緑なり」 →「わが谷は緑なりき」

とまあ古今東西の作品のタイトルのパロディを最後までやってくれました。
評判は今一だったけどこれはこれで面白かったのではないでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 10, 2016

この秋見ると決めたドラマとアニメ特撮 忠臣蔵の恋 3月のライオン

ドラマ、アニメの放送形態、時間帯の多様性が顕著になってきました。
つまり今どこで何を放送しているかよくわからん状況です。

地上波を中心に考えると・・・

「IQ246〜華麗なる事件簿〜」 挫折しそうでがみています。
織田裕二が作りすぎるキャラで新境地開けるかな。
ディーンの活躍はこれからか?

「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」
いいですね。海外ドラマの「ドクター・ハウス」みたいで
主人公になにやら秘密があるのもいいです。
吉田羊と伊藤蘭の対決はちょとユニーク。

「コールドケース真実の扉」
WOWOW製作でアメリカ版の版権を買ってこちらも吉田羊が主役。
でも本家の「コールドケース」とはちょっと違う。オリジナルでも
いいんじゃないという展開で戸惑ってます。

「Chef~三ツ星の給食」
面白い!って感じじゃないけど見てます。
結構逆境に生きる女は面白いもの。

「砂の塔〜知りすぎた隣人」
これオリジナルというところが凄いと思ったのだけど
どこまでこのレベル維持できるかな見ものです。
今のところは結構面白いよ。あの不気味な隣人なんなんでしょ。

「プリンセスメゾン」
なんかいい感じを受けとめながらみています。
これなんなんだろう表現難しいや。

「忠臣蔵の恋」
書き漏らしてました。
やっぱり年末に近づくと日本人には忠臣蔵が必要と感じませんか。
浪士のひとりと恋に落ちた女性の物語。いわば外伝ですがよくできています。


アニメ特撮
「舟を編む」どうしてアニメ化?
「響けユーフォニアム」高校生の吹奏楽が全国大会目指します。
「装神少女まとい」和風魔法少女で気軽に見れます。
「うどんの国の金色毛鞠」香川県を舞台にしたご当地告知アニメ。
「仮面ライダーエグゼイド」ゲームと医者がモチーフのアニメ。ブラックジャック、白い巨塔などが見え隠れしてます。
「動物戦隊ジューオージャー」地球上に生きるものとして心を一つにして戦わないといけないんです。
「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」ガンダムでなくてもいいお話でちょっと暗め。

「3月のライオン」書き漏らしてました。いいですね。いいです。アニメならではの心理描写がユニークで
面白いです。マンガにならずにアニメになっていると感じる面白さがあります。
将棋も久しぶりにやってみたくなりました。




| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 17, 2016

#時をかける少女 ~「んにゅ」って言うのが面白い。今期(2016年夏)のおススメ

今まで何回も映像化されてきた
「時をかける少女」。
またやるのみたいなところも
あったのですがまあ
その都度この原作をどう料理
するのかを見れば結構楽しめます。

今回原作ネタは早々に消化して
少ない話数で突っ走っていく様子。

追加されている設定も面白そうで
うまくまとめて欲しいなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 18, 2016

#トットてれび ~今期のテレビドラマで一番お勧めかな

スタートが少々遅かったのですが
黒柳徹子のテレビ創成期の体験談のドラマ化。
以前「トットチャンネル」で映画化されているが
それよりも面白い。何がそんなに面白いかって、
生放送でドラマを作ってたドタバタエピソードの
ひとつひとうがめちゃくちゃで面白いのもあるが、
なんといっても出演者の似すぎて
いるのがなんとも楽しくて笑ってしまいます。
意外な配役もありますが、それがなんとも言えず
うまいいんだなあ。よく特徴をとらえていて凄いです。

配役はこんな具合

黒柳徹子 - 満島ひかり
渥美清 - 中村獅童
坂本九 - 錦戸亮
向田邦子 - ミムラ
沢村貞子 - 岸本加世子
森繁久彌 - 吉田鋼太郎
E・H・エリック - パトリック・ハーラン
篠山紀信 - 青木崇高

満島ちゃんの演技力は前から凄いと
思っていたけど今回も凄いよ。
朝ドラの「おひさま」で満島ちゃんの役が
年を取ってそれを演じたのが黒柳徹子だった。
その時からこの二人は縁があるのかも。
で、「おひさま」には映画で徹子を演じた斉藤由貴も
出ていてなんか不思議な感じ。

寅さんは似すぎていて怖いです。
あのまま山田洋次に寅さん撮らせましょう。
復活できます。あの寅さんならOKです。
平成の世に昭和を復活させてほしいなあ。

森繁も激似です。
あの森繁さん知ってます。
似てるだけじゃないあの雰囲気
よく出ています。


ああ、あと3回で放送は終了。
もっと見ていたいと思うのですが・・・。

「ザ・ベスト10」のシーンに出てくる久米さんは
誰が演じるの?

---------------------------------------------
追加①

渥美清の回はよかったけど魅力が十分ではないような気が。
あくまで黒柳徹子からみた渥美清であってそこには寅さんとは
違った面が見えて少々悲しいような。
そして気づいていなかったというのはほんと悲しかった。

撮影所の後ろに共演者おいちゃん、おばちゃん、源公、博、タコ社長が
いたのにだけれどなぜかサクラがいないのよね。
そしたら病院の渥美清の奥さんがサクラのイメージで
ちょっと面白かった。

--------------------------------------------------------
追加②
「徹子の部屋」を見いなかったから
森繁久彌の回を見ていない。
あんな放送事故のようなことがあったのか。
でもそこには感慨深いものがあった気がするが、
そこまで深く描いてはいないのが残念。
もっとやりようがあった気がするがこれもまた
黒柳徹子が見た森繁像。
こちらが子どもの時から見ている森繁像を
もっと極めるような描き方をしてほしかった。
あの「知床慕情」の涙の意味、こちらが思っているより
深いと思うのだが。


最後の「ザ・ベストテン」久米さん無しとは思いませんでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 17, 2016

#ラブソング ~よかったけどあのラストは・・・・まあ仕方がないか。

ラブソング
吃音少女が歌うと凄い!という設定がいい。
いいけどそれをどこまでドラマで魅力あるお話に
仕上げることができるかというのが微妙なところ。
年の離れた元ミュージシャンの臨床心理士と
患者の恋物語とはいえ患者である少女の一方通行の恋。
その切なさだけで話を展開させるのは無理がある。
だからといって臨床心理士との恋を成就させる
というのは違うと思う。
それぞれに心に傷を負った者同士のドラマがもっと
交錯していくのかとも思ったのだが・・・。

でもあまあ二人は別の道を歩み始めたという
前向きなラストなのでこれでよかったのかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

#僕のヤバイ妻 ~後半はコメディでした。

僕のヤバイ妻

最初は映画「ゴーンガール」をネタにしていると
思って見ていたが次第にオリジナル路線に話が入り
期待はしていたが結局は表裏を返して返してのコメディと
なり下がってしまった。もっとハードな内容を期待したのに。
裏切り、裏切り、本当が嘘で嘘が本当、だましだまされが
繰り返されると驚かなくなってしまう。連ドラでこれをやると
飽きてくるのだ。さらに視聴者をだますテクニックが必要で
それはちょっと難しいのでは。
ラストの16億の話など最終回に出てきたエピソードで
とってつけたようなもの。伏線を活かした巧みなお話が
見たいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

#重版出来! ~黒木華ちゃん主演でよかったです。

重版出来!

「バクマン。」とは違って編集者の側から描いた
マンガ業界。新人女性編集者の成長を描いているが
同時にマンガ家のあれこれも描いていて面白かった。
でもね作品の一つ一つが土の作品をモデルにしているのか
もう少しわかってもいいのではと思ってしまいました。
ちょっと現実のものとかけ離れている気がして。
黒木華、うまい。連ドラ主演は初めてでいままで主に
映画で見ていたけど今までとはまた違った役を演じて
いて新鮮。この娘はやっぱり凄いよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)