”ジージャー”ヤーニン・ウィサミタナン

March 12, 2015

マッハ!無限大~この映画メチャメチャおもろいで~、#映画

◆お題:マッハ!無限大
◆監督:プラッチャヤー・ピンゲーオ
◆出演:トニー・ジャー、ジージャー・ヤーニン

 やっと公開されました。「トム・ヤン・クン2」です。
トニー・ジャーも日本での人気が今一で、ジージャーも作品に恵まれないので
日本ではなかなか公開されないことに、でもあまあWジャーとしてなんとか
公開されたのでよしとしましょう。
 で、この映画めちゃめちゃ面白い! 
 久しぶりに映画を見て体が熱くなりました。
 凄いよこれ、覚悟して見たほうがいい、めっちゃ疲れるから。

「マッハ!」と日本タイトルがついているが関係なく、「トム・ヤン・クン」の
続編。前作はオーストラリアで戦ったトニー・ジャーですが、異国の地は勝手が
違うようであまり面白くなかったけど、今回はタイに戻ってバンコクを破壊する
かのように暴れまくります。前回と同じく弟のようにかわいがっている象さんが
悪者に誘拐されて助けに行くのですが、それは国際的なテロ事件が絡んでいた
というもの。ジージャーはトニーにおじさんが殺されたと誤解してトニーを
追う役。ちゃんとお話があって、見どころ満載、本国では3Dで公開されたので
3Dを意識したシーンも多く、2D版だけの公開というのはもったいない。
こんなアクションシーン満載の3D映画も見たいよね。

とにかく強いということとバトルシーンのアイディアがいい。
バイクの追跡シーンのバイクの数の多いこと。ビルの屋上での
バイクとに戦いシーン、橋の上での宙づりシーン、燃える足でキック!
他にもこれでもか、これでもかとアクションシーンがいっぱい
出てくる、でも飽きない、あの間のとり方とかうまい、
リズムがいいんだと思う。

ジージャーのゲスト扱いかなと思っていたら最後までばっちり
ストーリーに絡んでいてうれしい。
あの昭和のおばちゃんパーマはなんとかならんかったのか?と
思いましたが・・・もっとキュートな可愛い子なのにね。
実はこのときお腹に赤ちゃんがいて撮影後に結婚、休業となり
その後無事出産して女優業に復帰している様子。でも日本では
なかなかお目にかかれない状況が続いています。

トニーは次に「ワイルドスピード スカイミッション」に出演。
ゲストだと思うけど見に行こうかな。
あのドルフ・ラングレンとの競演作や「トム・ヤン・クン3」も
待機しているとか。ちょっと楽しみですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 06, 2013

チョコレート・ガール バッド・アス ~作品にめぐまれんよなぁ、この娘は!

「チョコレート・ガール バッド・アス」
―――――――――――――――――――――――――――
監督:ペットターイ・ウォンカムラオ
出演:ジージャー・ヤーニン・ウィサミタナン、アコム・プリーダクン


やっと日本で公開された本作は
ファンとしては長い間待った作品ではありますが
予想通りの出来でまあ仕方がないかな。いい作品にめぐりあえませんなあ
ジージャーは、かわいそう。
コメディとアクションだけ見せたら
映画になると思って脚本が出来てない。
ジージャーの絡むアクションはそれなりに
見ることが出来るが、「チョコレート・ファイター」や
「レイジング・フェニックス」のような
アクションシーンへのこだわりに乏しい。
どこかいい加減なんだよね。
彼女はそれなりにがんばっていると思うが
「チョコレート・バトラー」とならんで
不幸としかいいようがない。
願わくは「トムヤンクン2」でのシーンは
いいシーン、いい役であって欲しい。
ジャッキー・チェンからのオファーもあったようで
これからというとき。
結婚、妊娠、出産がいい影響で映画に戻ってきて欲しいと思いました。
http://entertainment.rakuten.co.jp/contents/0000033663/review/0000346521/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 26, 2012

チョコレート・バトラー ザ・キック~ジージャーファンなら見るべし、でもとっても残念な出来です。

「チョコレート・バトラー ザ・キック」
―――――――――――――――――――――――――――
監督:プラッチャー・ピンゲーオ
出演:ジージャー・ヤーニン

ジージャーの映画が見たい!ファンにとっては貴重な作品ですが
内容は残念な出来でした。
韓国とタイの合作映画でタイで暮らす韓国のテコンドー一家が
秘宝を狙う一味と戦う物語。
ジージャーはテコンドー一家の3兄弟が隠れるためにやってきた田舎に
棲む少女の役。
普通ならここで家族と深く交流し、事件に巻き込まれていくのですが、
そのあたりのドラマが弱い。
中盤から最後まで出番はあるけどアクションの切れもイマイチ。
ジージャーのセリフ少なく存在感がないのもつらいな~あ。
コメディとアクションのバランスも悪く
日本で劇場公開が見送られたのもなんとなく分かります。

でもジージャーの勇姿(というほどでもないが)
スクリーンで見たかったです。

でもこのタイトルはどうよ。
「レイジングフェニックス」→「チョコレートソルジャー」
「ザ・キック」→「チョコレート・バトラー」って、
ジージャーが出てたら「チョコレート」ってつけるのか今後も。
もうちょっと考えてよね。

次は是非ともスクリーンで! 
「Jukkalan」はインターナショナルバージョンがあるはずなのに
日本では公開もDVDもなし。
「トムヤンクン2」は現在撮影中らしく、主演はトニー・チャー。
ジージャーはどんな役?
「チョコレート・ファイター2」は撮影延期でここまで伸びると
前作とは全く違ったものになるんでしょうね。

それぞれ日本で見ることが出来るのはいつ!?

| | Comments (1) | TrackBack (1)

January 17, 2012

マッハ! ニュー・ジェネレーション ~でもジージャーの新作が早く見たい!!!!!!

「マッハ! ニュー・ジェネレーション」(DVD)
―――――――――――――――――――――――――――
監督:パンナー・リットグライ 製作:プラッチャヤー・ピンゲーオ
出演:スパクソーク・チャイモンコン、 カズ・パトリック・タン

半端なじゃないアクションシーン満載!
この人たちホント生きているの? と思うようなアクションシーンの連続。
ハリウッド映画のオーディションと騙されて人里は慣れた場所へ
隔離されたアクションチームが暗殺軍団から生き延びるため戦うアクション巨編。
暗殺軍団の目的は彼らをギャンブルの対象にして賭けを他のしていたのだった。

シュチュエーションはともかく、お話もそこそこに文句を言っても
仕方がない映画。見るのはアクション。それ以外何も無い。
でもこのアクションのレベルは高い!

生身のアクションをこれでもか、これでもかと見せる
シーンの連続には感動と恐怖を覚えます。
ホント大丈夫? この人車に轢かれて死んでない?
骨折ったでしょアンタ、と画面に向かって叫ぶとこと数回!

最強の敵に協力して立ち向かう仲間たちには感動すら覚えます。

馴染の無いタイの俳優サンたちですがでっかいスクリーンで
見たかったなあ。

私の愛するジージャーの新作がなかなか見ることが出来ないので
こんなのを探してみてしまいました。
早くジージャーの新作「Jukkalan」と「The KICK」(韓国と合作)が
みたいな。

よかったらクリックしてね↓
http://entertainment.rakuten.co.jp/contents/0000029757/review/0000230488/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 24, 2011

祝!ジージャーのDVD発売「チョコレート・ソルジャー」

あのジージャーの名作、傑作、日本では長らくお蔵入りしていた作品がDVDになって登場!

「ジージャー:頑固に 、美しく、猛々し」で大阪アジアン映画祭2010で公開!
原題Raging Phoenix

バンド仲間に見はなされた少女が酔拳の使い手と出会い自我に目覚め、
やがて美少女誘拐犯に挑むことになるというアクションシーン満載!
ジージャーの魅力全開の映画。  

でも劇場でまず公開して欲しいなあ。


| | Comments (0) | TrackBack (2)

January 10, 2011

キネマ旬報にジージャーの記事が掲載

久々にキネマ旬報にジージャーの記事が。

といってもプラッチャー・ピンゲーオ監督のタイと韓国の合作映画

「THE Kick」についての紹介で、この映画にジージャーが出ている

とのこと。撮影に入っているのは知っていましたが、記事で紹介された

のは初めてで、アジアで今一番映画の熱い2つの国の映画の合作に

ジージャーが出ているので大期待です。

是非とも日本でも公開してほしいのですが・・・。


ジージャーの作品は「チョコレート・ファイター」のあと

「レイジング・フェニックスRaging Phoenix」は大阪アジアン映画祭のみで一般公開未定状態。

もう一本タイで撮った新作、「Jak-ka-len」も日本公開は未定。

NHKのアジアンスマイルでみるとジージャーが日本のブレザーを着た女子高生?風の

少女と戦っていたので見たいのですが・・・でもコメディ?らしいです。

とにかく見たいな。 日本の配給会社さん、よろしくお願いします。


↓以下のページ参考にさせてもらってます。投票もよろしく。↓

ジージャーの「Raging Phoenix」を日本で観たい !!
http://jijaragingphoenix.blog112.fc2.com/

| | Comments (1) | TrackBack (0)

December 15, 2010

アジアンスマイル ジージャー登場

「アジアンスマイル」にジージャー登場!
本日放送がありました。

20分の番組ですが感動しました。

私の大好きなジージャーの姿が日本のテレビで
見れるなんて。

それもお宝映像満載!

子どものときの写真、家族写真、
新作映画の撮影現場、
レッスンシーン、チョビひげシーン(お茶目です)、
ケロロ軍曹コレクション、
そして8年も行ってる大学のシーン、
などなど。

とても可愛く、かっこよく写っていました。
ほんと感動モンです。

後3回は放送があるので是非ご覧ください。

そして新作、次回作の韓国との合作作品が日本で
見ることが出来るように祈りましょう。


| | Comments (1) | TrackBack (0)

December 08, 2010

NHK「アジアンスマイル」にジージャー登場!! その2

NHK「アジアンスマイル」にジージャー登場とお伝えしましたが
その番組内容が掲載されました。

http://www.nhk.or.jp/asiansmile/onair_sogo/20101219.html

放送は

BS1で3回(12月14日午後6時、18日午後5時30分、20日朝9時20分)

総合で1回(12月19日朝5時30分)

のようです。

時間帯はバラバラですが、4回チャンスがあるのでお見逃し無く。

たった20分の番組ですが、ジージャーファン必見です。


ところで↓もご協力お願いします。

ジージャーの「Raging Phoenix」を日本で観たい !!
http://jijaragingphoenix.blog112.fc2.com/

ジージャーの熱烈なファンのNAOさんのサイトです。
私もサインしました。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

December 03, 2010

NHK「アジアンスマイル」にジージャー登場!!


12月14日(火)NHK BS1で放送予定の
「アジアンスマイル」にジージャー登場!

「最強アクション女優・ジージャー(仮)」

日本のテレビに取り上げられるのは
珍しいこと。
「チョコレートファイター」以後映画は公開されないし
かなりコアなファンだけだもの。

早くみたいです。

新作の映画撮影現場を取材したものに
なると思われます。

この映画も早くみたいな。

日本で見れるかな。

http://www.nhk.or.jp/asiansmile/

| | Comments (1) | TrackBack (1)

March 16, 2010

ジージャー:頑固に、美しく、猛々しく 

「ジージャー:頑固に、美しく、猛々しく 」
―――――――――――――――――――――――――――
○監督 :ラシェーン・リムトラクーン
○出演 :ジージャー・ヤニン、カズ・パトリック・タン

 大阪アジアン映画祭に感謝します。
ありがとう! ジージャーの映画を上映してくれて。

昨年夏にタイで公開されたときには日本にはいつ?と心待ちに。
待ちきれずにDVDをアメリカから取り寄せて鑑賞。
最近このDVDが非正規版と分かったが、今回スクリーンで見ることが出来て
本当によかった。感謝します。

まずこの作品、シネスコです。横に長いスクリーンいっぱいにジージャーが
動き回るのが見れてそれだけで感動!

演技はお世辞にもうまいとはいえませんが、それでも彼女に心に火がつけば
もう何もいりませんただただファイトシーンを堪能すればいいだけです。

今回のお話はこんな感じです。

母親と二人暮らしの。でも母親は仕事で家には帰ってこない。
父親は?よくわからないが別に暮らしている寂しい女の子デュー。
恋人に浮気され、バンドの仲間から見捨てられた彼女はますます
孤独に。そこへ誘拐事件が。危機を救ってくれたサニムは酔拳の使い手。
実は女性を誘拐して涙を集め香水を作っている組織があり、
サニムは婚約者を誘拐されたという過去があった。
その復讐をするためにデューを利用しようとしていたのだが・・・。

デューはブレイクダンス&ムエタイ&酔拳の使い手となる。
この過程も面白いがやはり後半、アジトでの戦い。つり橋に戦いは見事。

ラスボスとの戦いにはハードなファイトシーン以外の何物でもなく、
ブルース・リーを越えた彼女の姿があったといっても過言ではない。

海外での上映はコレが初めてと聞く。内容的にそれほど出来たものではないから
躊躇されたのかも知れないが、見ればその面白さは分かってもらえると思う。

ヒットしなかった要因はいろいろあるかと思うが、クズのようなCG映画が
たくさん公開されるのなら、こちらも公開せよ! 身体を張って満身創痍となって
エンタテイメントを追求し、我々を楽しまそうとしてくれるジージャーの
姿に感動し拍手を贈りたい。


| | Comments (1) | TrackBack (0)