アニメ

September 14, 2017

#打ち上げ花火 下から見るか? 横から見るか? ~選択からループへ、そしてエロが足りない。 #映画

◆お題:打ち上げ花火 下から見るか? 横から見るか?
◆監督:武内宣之
◆声の出演:広瀬すず、菅田将暉

残念な出来でした。昨年秋に製作発表されたときに私の直観では「ダメ」でした。
原作:岩井俊二×脚本:大根仁×総監督:新房昭之
でもこの組み合わせでどうゆう化学反応が起きるか見たいと誰もが持ったはず。
それは私も一緒で化けるのではという期待はやっぱりありました。
ポスト「君の名は。」を狙っていることは明らか。
でもね。やっぱりね。
元はフジテレビのドラマ「if もしも」の中の1話。
このドラマは「世にも奇妙な物語」の姉妹編といえるような1話完結もの。
もしあの時ああだったら、と時間をもどしてやり直すドラマで
特にこの「打ち上げ花火 下から見るか?横から見るか?」の出来がよく
その後短編映画として劇場公開され、岩井俊二の名前を世に広めた。
当時大阪での公開が不明だったので特集上映をしている新宿まで見にいったのを
覚えています。
ドラマ版は小学生の男児と女児のお話。女の子が家の事情で転校することになり
それに反抗して家出をしようとする。そこへ巻き込まれる男の子二人。
かわいい駆け落ち話でそれぞれの男の子で物語の展開が変わる。
小学生の男の子の考えるエロと女の子の成長はかなり差があって女の子のほうがエロい。
それがドラマでは全編に感じられ、if、もしも の選択のお話であま酸っぱいものを感じる。
「小さな恋のメロディ」を何回もやりなおすようなお話で好きでした。
でもその味わいがアニメでは皆無。
登場人物を中学生に変更したところで失敗、いやアニメ化したことが失敗。
あの甘酸っぱいエロさは生身の人間でないと出ない。
(ドラマではプールで寝ているなずな首筋に這うアリ、アニメではトンボに変更、
見た目には絵になるがエロ差は失われている。また駅でなずなが着替えるシーンも
そう。ドラマのなずな奥菜恵がいいです)
それ感じられなかったのがつらい。
また、アニメ化にあたって本来の選択の話からループ(繰り返し)の話に
変わってしまっているところもうまく機能していないように思えた。

さて夏の東宝アニメ、ポスト「君の名は。」第三弾は「君の膵臓を食べたい」みたいです。
来年公開とか。
やっぱり期待しちゃいますよね。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 07, 2017

#ここさけ 心が叫びたがってるんだ ~ 言葉って難しい。 #映画


◆お題:心が叫びたがってるんだ
◆監督:熊澤尚人
◆出演:中島健人、芳根京子

アニメ原作実写化という一見今の流行りもののように見えるが、
他と違うのはアニメオリジナル映画作品をそのアニメ作製会社が実写で製作したところ。通常はマンガの原作がアニメ映画化され実写化では別の製作会社やスタッフと
異なることが多い。
アニメならではのファンタジックな心理描写を実写では見せることができない分、役者の演技に頼るところがありそこで大きく差がついてしまった。
最初の声を失うシーンの卵妖精や父親を王子様に変身させるシーンはアニメならではで
これは実写化できない。
しかし役者それぞれは自身の役柄を解釈してキャラクターを作りあげており、それは
それで作品としては成功していると思う。
「言葉にしないと伝わらない」
「言葉によって人を傷つけることがある」
というその思いは伝わってきた。
実写化にあたってキャストがもとのアニメキャラとイメージが合わないとのうわさが流れ
ヒットに結びつかなったのが惜しい。
見せ場となるミュージカルシーンは生身の役者の声が素晴らしいのになあ。
最終「ここさけ」3億「キミスイ」30億らしいが納得いかない。

アニメ版の感想はこちら↓

http://eigazatsudan.cocolog-nifty.com/eigazatsudan/2015/12/post-83bd.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 11, 2017

#メアリと魔女の花 ~ジブリ映画の偽物 本当の米林映画がこれとは思いたくない。 #映画

◆お題:メアリと魔女の花
◆監督: 米林宏昌
◆声の出演:杉咲花、神木隆之介

一生懸命この作品を作ったスタッフ、キャストには申訳ないのだが
ジブリの中身のない、芯がない、偽物、を見せられたような気がする映画だった。
すべてが宮崎駿ならこうするよね、こういう絵にするよね、こんなのあったよね、
と製作委員会が口を出して監督は偽物を作らされた、作ってしまった。
それは次につながるから、次を作ることが大切だからと自分に言い聞かせて
作っていたのではないだろうか?
映画はヒットしているからまた2年後ぐらいに次が出てくるとは思うが
また同じようなものを作らされるのだろう。どこか似たものができるのは仕方がないが
自分の作りたいものをちゃんと発表してほしい。
基本は脱宮崎、打倒宮崎でなければ意味がない。
次が無くてもいいです、その意気込みで作ってほしい。

いちいち上げないけどそれぞれのシーンで
ラピュタに似たシーン
魔女の宅急便に似たシーン
千と千尋の神隠しに似たシーン
もののけ姫に似たシーン
などなどきりがないぐらいに出てきて
オリジナルを感じることない。
かなりの取材と画力があるのは認めるがしかし、何がしたかった
いいたかったが伝わらない。

アンチ「ポニョ」→「夜明け告げるルーのうた」を見よ!

アニメーションとはこうあるべきというとてもチャーミングな映画に仕上がっている。
この素晴らしさ。
見習ってほしい。

もうあの嘘つきジジィは終わったのだから。
次を企画しているそうだが・・・・それはそれで楽しみだがでも
いつか終わるのだから。

でも次がある人たちには自分の描きたいものを全力で描いて見せてほしい。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 23, 2017

#モアナと伝説の海 ~最近は強いお姫様ばっかり。 #映画

◆お題:モアナと伝説の海
◆監督:ジョン・マスカー、ロン・クレメンツ
◆声の出演:屋比久知奈、夏木マリ

3月の公開当時に見ていましたがどーなんこれって思っていました。
DVDの発売で今またちょっと話題になっています。
ディズニーのCGアニメは、というかお姫様が出てくるアニメは
とっても強くてかっこいい。ナウシカはまだ姫さまって感じがしたけど
もののけのサンがとっても強くって、そのジブリの影響がつよいのでは。
「美女と野獣」のベルのようなちょっと変わり種はまだよかったのだけれど
アナ雪になると王子様の存在が影薄く、モアナでは王子様が存在しない。
そして最近の強い行動的なお姫様って似たイメージのキャラばかり。
これがツマラン。
映像技術は向上しているのはわかるけど
「アビス」の水棲エイリアン、
「マッドマックス怒りのデスロード」風の海賊
最後は巨神兵とパクリの連続。
設定だけ変えて組み合わせてキャラパクッて物語にはめ込みましたという感じ。
ミュージカル仕立てなのが楽しかったのでまあそこが救いかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 28, 2017

#ルパン三世カリオストロの城MX4D版 ~旧作のMX4D化ありです。次回はキンゴジを希望! #映画

◆お題:ルパン三世カリオストロの城MX4D版
◆監督:宮崎駿
◆声の出演:山田康夫、
 
いまさらなぜという疑問が先にありましたが、旧作のMX4D化というのは興味があった
ので見に行ってきました。
まあ何回も見て、台詞も覚えているような映画で誰もが知っているような作品なので
内容についての感想は書きませんが、でも面白かった。高校生の時にクラリスが好き
だったし、宮崎駿という名前を脳に刻んだ作品なので本当に懐かしかった。
それでMX4Dですが、今回は3D化ではないので見た目はあまり変わりません。
まあ画面の動きに合わせて椅子の揺れが楽しめるのと、画面の中の主体に合わせて
動きが変わるのでちょいと忙しく、それが計算された映画ではないところが
違和感を感じました。つまり映画の中ではクラリスの反応とルパンの反応が
交互に動きとして表現されるのでウザイ。どちらかでいいのでは。
計算された映画ならその点をうまく整理できるのではないかと思った。
何でもかんでも動きに合わせる必要はない。
今回意外に多かったのは水、何回も濡れた。濡れた気分になってしまいました。
これはこれで効果ありで面白かった。

ところで今まで知らなかったことがひとつ。
オープニングのカジノから逃げるルパンと次元。乗り込んだフィアットに
五右衛門が乗っていたとのこと。確かに追ってくる車は斬鉄剣で切られていたから
五右衛門がいたことは容易に想像できるのだが、まさか車内にお金と一緒に
いたとは今まで気づかなかった。噂を聞いてDVDで見直し、五右衛門の頭を
発見して確認ができた。
40年たって初めて知りました。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 16, 2017

#君の名は。 ~今更ですが感想を。でもここまでヒットするなね? #映画

◆お題:君の名は。
◆監督:新海誠
◆声の出演:神木隆之介、上白石萌音

 公開当時に見ていながら感想が書けずにいました。
新海誠の存在を強く意識したのが前作「言の葉の庭」。
これまでこの監督のことをほとんど知らずにいてごめんなさいという気持ちになった。
素晴らしい絵の表現、物語の切なさが心にしみる作品だった。
「秒速5センチメートル」のDVDを買ってその前の作品についても確認をした。
雪の中を彼女に会いに行く主人公、その行動なんとも言えない不安と期待の入り混じった
心の内があの絵から感じ取れるようで好きになった。

なので「君の名は。」は期待した。期待したけど東宝の夏休みのアニメという期待に
どうこたえるのか、心配にもなった。
で、この出来、この結果。
世間はというか世界は新海誠を認識することになった。
でもこの出来は過去の作品からより力を引き出された感じはあるが、
あまりにきらびやかで、物語が派手で、確かに新海誠映画ではあるが・・・、
という印象が残った。
絵の美しさはいままで通りだが、隕石が落ちてくるような派手な展開はちょっとねえ。
体、心の入れ替わりも何度も起きていたらそれぞれで疑問に思うことや
それに対する対策が出てきてしかりだと思うが。
ファンタジックで切なさが漂うのはよくわかる。でもラストはもっとしっとりと見せてほし
かったなあ。
音楽がいいといわれるが、あまり気持ちよく聞こえなかったし、物語に合わせている
歌詞というのも心に響かなった。

だからなぜこんなにヒットしたのかわからない。
初日の映画館は中学高校生レベルが見に来ていたのでそこまでの作品と
思っていたのに。SNSの力とはいえ・・・、まあ認めないといけないのかなあ。

再見しようとは思っているが劇場に足を運んでいない。
いつでも見れる気がするし、あのお話にもう一度お金を払う価値あるかなと考えてしまう。

さて今年は同時期に「打ち上げ花火 下から見るか? 横から見るか?」が公開される。
スタッフは違うが東宝としては夏のアニメ、ジブリの後継者探し、そして2番煎じを狙った
のは明確でこれがどうなるかなあ。
総監督は新房昭之が東宝に毒されないようにと期待したい。





| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 07, 2017

#この世界の片隅に ~大ヒットおめでとう!どこまで続く快進撃?めざせアカデミー賞

◆お題:この世界の片隅に
◆監督:片渕須直
◆声の出演:のん

「おらを見つけてくれてありがとう」この一言につきる。
昨年の公開当時に見ているが、あれよあれよいう間に評価がたかまり
劇場数が拡大して大ヒットとなった。
前評判がいいのは知っていたがまさかここまでとは思っていなかった。
それで、キネマ旬報のベスト10で1位。
信じられない快挙です。

映画を見るとずずさんの声を担当したのんの功績が大きい。
なのにあまり取り上げられない。
これは元事務所の圧力でNHK以外は彼女露出ができなくなって
いるらしい。
しかしながらそんなことは関係なくヒットしているのはうれしい
限りです。

でもこの映画私はものすごく怖く、ひどく悲しい印象を持っており
2回目の鑑賞はしていない。
広島の話だから原爆を描くことは避けられないのだけれど、原爆の
怖さより、自分の身近にある爆弾のほうが怖い。あの時限式の爆弾
って初めて知ったけど、あれほど卑劣で恐ろしいものはない。
そして最後にやはり原爆のシーンが描かれるが、その中を生き残った
少女を引き取り一緒に住むことになり幸せな日々が戻ってきたかのように
見えるが、この後原爆症で苦しめられるであろうことは予想がつく。
そこまで描かれないがその怖さを感じた。

中盤の幼馴染が戦地へ向かう前にすずに会いにくる。すずの夫は
その幼馴染と一晩過ごすように仕向ける。このあたりの描写、
新藤兼人が映画にしたらもっと人間の描写がねっとり暑苦しい
ものになっただろうな。それをさらりとやってのけているアニメ演出が
うまい。ドキッとさせられるシーンもホンワカ優しい気持ちになれる。
こういったシーンも多く自分の中で反芻される映画となった。
だからもう一度見たい思いもあるが・・・。

とりあえずはどこまでヒットするか見届けたいし、
できれば海外での上映、賞狙いに、そうアカデミー賞なんかに出せないかな。




| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 05, 2016

#ガールズ&パンツァー 劇場版」<4DX効果マシマシ版> #ガルパンはすごい

◆お題:ガールズ&パンツァー 劇場版」<4DX効果マシマシ版>
◆監督:水島努 
◆声の出演:渕上舞、芽野愛衣

「劇場版ガールズ&パンツァ」を 劇場で見るのは3回目。
塚口サンサン劇場で重低音版を見て満足したので時間もないしと
この4DX版はあきらめていたのだが、
何やかんやで1年上映が続いたという中で桂川のイオンシネマで
まだやっていたので見に行ってきました。
ここまで4DXと親和性が高い作品はない、と思いました。
まあ、「シン・ゴジラ」「パシフィック・リム」と怪獣映画との親和性は高いと評価
していたのですがガルパンも凄かった。
常時戦車の中にいるかのような振動と砲撃の衝撃、
シーンによっては安全べルトが必要ではないかという大きな動き。
そしてひと風呂浴びる温泉シーンではこちらまで温泉に入っているかのように
湯気を感じ、シャボン玉が場内をとびかう。
水しぶき浴びてしまって素晴らしい体験をした。
今回初めて気づいたが4DXを見るときは通路に面している席がベスト。
目の前の手すりではないが、バーが邪魔しているように見えて実は
ここに仕掛けがある。
完結編が製作決定しまだまだ楽しめるガルパン。期待して待ちましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 10, 2016

この秋見ると決めたドラマとアニメ特撮 忠臣蔵の恋 3月のライオン

ドラマ、アニメの放送形態、時間帯の多様性が顕著になってきました。
つまり今どこで何を放送しているかよくわからん状況です。

地上波を中心に考えると・・・

「IQ246〜華麗なる事件簿〜」 挫折しそうでがみています。
織田裕二が作りすぎるキャラで新境地開けるかな。
ディーンの活躍はこれからか?

「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」
いいですね。海外ドラマの「ドクター・ハウス」みたいで
主人公になにやら秘密があるのもいいです。
吉田羊と伊藤蘭の対決はちょとユニーク。

「コールドケース真実の扉」
WOWOW製作でアメリカ版の版権を買ってこちらも吉田羊が主役。
でも本家の「コールドケース」とはちょっと違う。オリジナルでも
いいんじゃないという展開で戸惑ってます。

「Chef~三ツ星の給食」
面白い!って感じじゃないけど見てます。
結構逆境に生きる女は面白いもの。

「砂の塔〜知りすぎた隣人」
これオリジナルというところが凄いと思ったのだけど
どこまでこのレベル維持できるかな見ものです。
今のところは結構面白いよ。あの不気味な隣人なんなんでしょ。

「プリンセスメゾン」
なんかいい感じを受けとめながらみています。
これなんなんだろう表現難しいや。

「忠臣蔵の恋」
書き漏らしてました。
やっぱり年末に近づくと日本人には忠臣蔵が必要と感じませんか。
浪士のひとりと恋に落ちた女性の物語。いわば外伝ですがよくできています。


アニメ特撮
「舟を編む」どうしてアニメ化?
「響けユーフォニアム」高校生の吹奏楽が全国大会目指します。
「装神少女まとい」和風魔法少女で気軽に見れます。
「うどんの国の金色毛鞠」香川県を舞台にしたご当地告知アニメ。
「仮面ライダーエグゼイド」ゲームと医者がモチーフのアニメ。ブラックジャック、白い巨塔などが見え隠れしてます。
「動物戦隊ジューオージャー」地球上に生きるものとして心を一つにして戦わないといけないんです。
「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」ガンダムでなくてもいいお話でちょっと暗め。

「3月のライオン」書き漏らしてました。いいですね。いいです。アニメならではの心理描写がユニークで
面白いです。マンガにならずにアニメになっていると感じる面白さがあります。
将棋も久しぶりにやってみたくなりました。




| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 04, 2016

#みつばちマーヤの大冒険 ~子どもにみせたいアニメです。 #@maya_movie #映画

◆お題:みつばちマーヤの大冒険
◆監督:アレックス・ステイダーマン
◆声の出演:春名風花、野沢雅子

 私が小学生の頃にテレビで放送されていた「みつばちマーヤの冒険」が
ドイツに渡ってCGIアニメになって映画として帰ってきました。
あのアニメのデザインを基本にさらに可愛く、馴染み深いいい感じに仕上がって
います。残念ながら主題歌はチーター(水前寺清子)の歌ではなく、オリジナルの
ダンスのものに新しくなっていました。
 生まれたばかりのマーヤはいろんなことに興味をもち、巣の外の世界に抜け
出していきます。外の世界には驚くものがいっぱいあるのですが、それはみつばち
としての生き方にはあわずいろんな問題を起していきます。そしてスズメバチとの
戦いや女王の座を奪おうとする側近の陰謀など事件が絡んきて・・・。
 草むらの虫の仲間と仲良くするにはどうすればいいか?
 みんなと仲良くするにはどうすればいいか?
 子どもたちに見せたい内容なのに
9月第1週から2週間限定、かつ109シネマズだけで上映とは
どんだけ限定してるねん。私が行ったときは1日1回上映で大人3名だけ。
もともとDVD販売が目的なのかもしれないけどね。
 今回のマーヤの声ははるかぜちゃんが担当(祝!主役の声)彼女の声優作品は
Eテレの「おまかせ!ミラクルキャット団」のぽこ美の声で可愛く、はるかぜちゃんの
キャラを生かした声だなあと聞いていた。
今回は主役でまた大冒険する主人公なので声にならない声も多く、その技術力が
必要なところを見事に声を演じていたと思う。
相棒のウイリーがTV版と同じ野沢雅子で元気な馴染のある声が懐かしくもあった
のだけれども、はるかぜちゃんと比べると若さが出せていない(失礼!)と感じた。
ココは思い切って若い声優さんを当てるべきだったかな。

 制作のスタジオ100メディアはベルギーの会社らしいが、この映画はドイツで
製作されたらしい。オープニングのスタジオ100メディアの人気キャラがでてくる
中に「小さなバイキングビッケ」や「アルプスの少女ハイジ」がいた。どちらも
CGIでリメイクされているらしく、ホームページをみると紹介されている。マーヤは
元々海外制作会社と共同制作らしく、日本で制作されたものが各国で翻訳されて
放送されている。ロボットアニメ、宮崎、押井だけではないのがよくわかる。
そういう点でもこの映画を見て勉強になりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧